カテゴリー「京都」の252件の記事

今熊野神社

   NHKの大河ドラマは「鎌倉殿の13人」を観ている。子供のころから歴史物が好きで、大河ドラマも観てきた。あまりテレビ番組には関心のない娘二人も、喜んで観ていることだ。アニメ『平家物語』の影響が大きいか。

 親鸞聖人や法然上人が活躍された時代。関連する人々がしばしば登場する。毎日、経典を開かれない日がなった法然上人が、唯一出来なかった1日が、木曽義仲が平家を京都から追放した混乱の時だというエピソードが残る。やっと登場した九条兼実公が、意外の人が演じ「エー」という違和感。以前、映画で、一遍上人をウド鈴木が演じたほどの衝撃はなかったが、真宗念仏の大恩人である兼実公には思い入れはある。これからは、承元の法難の時の帝だった後鳥羽上皇が、敵対する主役となっていくのであろう。

 さて、博物館へは自転車で出かけた。東大路通の高架を下ると、東福寺、泉涌寺、今熊野と続いていく。東福寺には、僕が生まれ、父が往生した京都日赤病院があり、その奥に、母校日吉ケ丘高校がある。次ぎは江戸期の天皇の御陵がある「御寺」泉涌寺で、長女の幼稚園である。すぐに、今熊野があり、今熊野神社がある。ここを東山の方にクネクネと登っていくと、親鸞聖人の荼毘地、延仁寺がある。そして、続いて智積院や妙法寺があり、法住寺という後白河天皇の御所があり、ゆかりの三十三間堂(法然上人が御白河天皇陵の戒師となったという名号碑)や御白河天皇陵、そして新日吉大社が列なっている。法然上人と後白河天皇との関係も深い。

 ということで、博物館の帰り、初めて今熊野神社に立ち寄ってみた。

Img_6874

 『御伝鈔』にある平太郎の熊野詣でにある熊野神社の本地は、阿弥陀如来である。紀伊国(和歌山県)熊野三社権現の本宮「証誠殿」と称し、本地は「阿弥陀如来」。現当二世の広大なご利益を賜るとして、平安時代より上皇、天皇、貴族、武家、庶民に至るまで競って参詣され、そのさまは「蟻の熊野詣」と称された。後鳥羽上皇は二十三年間の在位中に毎年御幸。白河、鳥羽、後白河、後鳥羽上皇の四帝だけで、百数回も行幸されている。ただ都から熊野参詣はなかなか容易なことではない。ということで、後白河帝の勅命で、京都に熊野権現を勧請し、平清盛によって創建されたのである。自らが住まう法住寺殿のすぐそばだ。今は、地名は今熊野(いまくまも)だが、もともとは新熊野と言われていたという。新熊野神社ホームページ (imakumanojinja.or.jp)

Img_6882

 京都の熊野信仰の中心地として大いに栄え、室町時代には、将軍足利義満の前で、観阿弥、世阿弥父子による猿楽、能(今熊野猿楽)を舞ったことから「能楽発祥の地」ともされている。

Img_6897

 今は小さな御社だが、それでも裏手にこんな熊野古道のルートができていて、いろいろとオブジェが展示されていた。

Img_6890
Img_6893

 <後白河帝のお手植えの楠木は天然記念物。影向の大樟とも↓>

Img_6879

<八咫烏は、日本サッカーチームのエンブレム↓>

Img_6885

 

|

「最澄と天台宗のすべて」~伝教大師1200年大遠忌記念~

 もう終了しているが、5月に京都国立博物館で開催されていた「最澄と天台宗のすべて」を観てきた。

Img_6856

伝教大師最澄の千二百年大遠忌を記念した特別展だ。昨年の聖徳太子の千四百年の大遠忌に続いて、日本仏教の偉大な高僧の大遠忌が続いている。伝教大師は、平安時代に比叡山延暦寺を開き、天台宗を広め、それ以降の日本の仏教の発展につながる最大の功労者であり、仏教界最大のスーバースターの一人であることは間違いない。ところが、同世代のライバルでもある弘法大師空海の人気に比べると、功績ほどの名声は、一般では低いかもしれない。このPCでも「弘法大師」は一発変換できるのに、「伝教大師」は「電業大師」となってしまう。しかし、空海の密教に対して、顕教の天台宗だが、同時に密教(台密)も盛んで、日本浄土教もここで花開く。鎌倉新仏教で開祖となる高僧方(法然、親鸞、一遍、日蓮、道元)もすべて比叡山で修行したことは有名である。比叡山が日本仏教の中心であり、その後の日本仏教の母胎となる。宗教面だけでなく、比叡山が政治に与えた影響も大きいことは、さまざまな歴史的事件が証明している。

Img_6863
Img_6865

 福岡、東京でも開催されてきたが、京都会場でのみ展示されるものも多く、国宝23件、重文71件という豪華な内容で、仏像や仏画、経典、絵巻物のみならず、国宝の袈裟や経店箱などの工芸・美術品に、国宝の文書や消息類など多彩な展覧会だった。

 僧兵による強訴で有名な山王神社(日吉大社)の御神輿の絢爛で迫力ある姿に驚いた。
 また、東京国立博物館で展示されていた六波羅密寺の空也上人像(口から六体の阿弥陀様が飛び出す)の別バージョンがあるのにも驚いた。六体の阿弥陀様がでる構図は同じだが、愛媛の空也上人は、一、二回りは大きく、お顔の造詣も違っていて(ちょっと間が抜けた感じがした)見慣れた六波羅密寺の空也上人像の方が緊張があるように思えた。空也上人も、今年がご往生一、〇五〇年の節目にあたり、東京開催されていたとようだ。
 他には浄土教に関心があるので、恵信(源信)僧都関連のものに、一段と親しみか沸くのは、当然といえどは当然。

Img_6811
 とにかく勉強にもなりました。
Img_6859
Img_6860
<不滅の法灯↑>

|

鴨川の桜

 今年もどこにも桜を見に行かなかった。
 せいぜい法座の途上か、散歩中に楽しむぐらいで終わった。
 今日は、散歩コースの一つ、鴨川沿いを歩く。

Img_6243

   桜がきれいだ。満開は少し過ぎているようだか、もう少し楽しめそうだ。

Img_6260
Img_6249

 それにしても今日は天気がいい。4月にはいると汗ばむ陽気が続く。今年の冬の寒さが厳しかったこともすっかり忘れてしまう。

Img_6237
Img_6263

 「散る桜、残る桜も 散る桜」

 今春の法座では、よく『親指のふし』の智子さんの遺書を取り上げている。来年が50回忌にあたる。

Img_6299_20220419181701
Img_6247
<シロタエという品種>

 

|

白梅・紅梅

 今年の冬は、いつまでも寒かった。日本海側の大雪も記録的。でも、3月を迎えると、寒暖の差は激しくても日中は温かくなって、ホッとする日が続いている。

 今日は3月の新月断食である。一昨年の4月から始まったのでちょどう丸2年、24回目の断食日にあたる。

 朝、散髪に出かける。例によって、新型コロナやワクチン摂取の話題に華を咲かせた。店主は、相変わらずマスクもしていない。

 帰りに散歩を兼ねて梅小路公園を歩く。

Img_5572
Img_5542

  今年も梅園の梅が咲いている。早咲き、遅咲きと種類が豊富だが、今は、早咲きが満開近くなっている。
 よくみる紅白の梅が交互に植えられるが、紅にもいろいろ、また白にもいろいろ、その中間のピンクにもあって、美しい。桜まで、当分は楽しめそうである。

Img_5543
<冬至↑>
Img_5596_20220311162101
<白加賀↑>
Img_5602
<月影↑ 薄緑がかかり美しい>
Img_5553
<新平家↑ 淡いピンク>
Img_5590_20220311172301
<枝垂れ梅↑>
Img_5563
<大盃↑>
Img_5565_20220311172301
<八重梅↑>
Img_5548
<緋の司↑>
 きれいでした。


|

墨絵のごとく

 今年の冬は寒い。豪雪地帯では大雪になっているが、京都の平野部でも、雪が降り、積もったとも何度かあった。今年は、週末前には雪が降るらしく、年末、先週に続いて、21日の金曜日も、京都市内で積雪がある。

Img_5327

 雪で午前中の自力整体が中止になったので、東寺で開かれている弘法さんを覗くことにした。連れ合いは、自力教室の始まる前にと思って早朝から出かけていた。初弘法だ。しかし、オミクロン株が猛威をふるい、蔓延防止措置の発令直前でのギリギリで開催。しかもこの雪。出店も人出も、まったく寂しいものだった。

Img_5379

 でも、ぼくのお目当ては縁日ではなく、東寺の雪景色を撮影にある。本尊の薬師如来様にお参りだけしてシャッターをきる。

Img_5320_20220127220501

 雪は、時折、強く降ったりして、寒かった。

 それでも朱(八幡宮や講堂)、金の施された建物(国宝御影堂)と雪とのコントラストは美しかった。

Img_5368
Img_5386_20220127220501
Img_5412

   さらに、五重の塔との黒白のコントラストは格別。まるで墨絵のごとく、とても美しかった。

Img_5391
Img_5418

|

終い弘法

 弘法さんとは、毎月21日は東寺での縁日で、親しみを込めて「弘法さん」と呼ばれている。日本で一番大きな寺社の境内の縁日だそうで、12月の「終い弘法」は20万人もの人が訪れる年中行事だ。ただ、緊急事態中は中止されていたので今年は数回しかなく、さすがに出店の数も人出も、かなり少なく感じた。海外からの観光客もなかったが、それでも少しは活気が戻っているように思えた。

Img_5053

 連れ合いと娘は朝から弘法さんに出かけていた。それぞれお目当てがあった。着物関係の掘り出し物を探していてようで、同じ出店で合流したようだ。今年から着付け教室に通いだし、連れ合いはいまだに続けて通っている。

Img_5050

 ということで、散歩方々、何を買うわけでもないが、少しぶらついてきた。この日は、有料拝観ゾーンにある国宝の金堂の薬師如来像が拝むことができる。司馬遼太郎原作の映画『燃えよ剣』では、この金堂の中でも撮影があり、薬師如来像の上から演説するシーンがあって驚いた。他にも、東西本願寺や今年訪れた長谷寺など見慣れた場所がロケ地だったのて、内容以上に興味があった。

Img_5055

|

蓮の蕾に

 映画館後に東寺まで歩く。

 途中の植え込みで蝶々が蜜を求めて飛んでる。彼岸も近いが、まだ日差しは夏だ。

Img_4052_2
Img_4077_2

 東寺の蓮の華はもう終わって蓮の実になっている。よくみると、蓮の大きな葉のかげに隠れるように、一輪だけ蕾の蓮を見つけた。蓮は、仏教、特に浄土往生を象徴する華だ。周回遅れのようでもあり、また人知れず隠れるように咲いている姿が、市井にひっそり佇む隠れた念仏者のようで、どこか尊かった。

Img_4069_20210925000501
Img_4065

「お池にはすちのお花が咲いた。
 はちすよい花、きれいなお花。
 どの子にあげよ、誰にやろう。
 はちすのお花をもらう子は もらう子は、
 み仏さまのかわいい子」
  南無阿弥陀仏

Img_4063

 

|

東寺に卵?

 散歩。今日は、東寺まで歩くコース。境内をぐるっと大回りしても、往復で35分のコースだ。

 南大門からはいる、見慣れない光景が広がっていた。

 「なんだ、これ?」

Img_3764

 卵型の風船が境内を埋めつくしている。

 なにかイベントがあるのだろうが、何かがあるのかは分からなかった。

Img_3767
Img_3779
Img_3774
 今夜は、いよいよ東京オリンピックの開会式。哀れなぐらい、批判とケチがつきまくったセレモーニもないだろう。それでもいろいろツッコミながらなんとなく見るのだろう。

 

|

祇園祭~後祭の山鉾

 京都シネマで『ライトハウス』を観終わて、四条烏丸の映画館をでると、祇園祭の「後祭」で一部の山鉾が建てられていた。戦後、17日の「先祭」と合同で行われていたのものを、本来の形(前祭・17日と、後祭・24日)に戻して、最近ではすっかり定着してきたが、やはりコロナの感染対策で、一部の山鉾だけが建てられて、巡行は中止となった。

 それにしても暑い。19日に梅雨明けしたかと思うと、いきなり37度越えが続いて、連続の猛暑日。慣れたとはいえ、マスクは堪えるな。

<曳山の南観音山↓>

Img_3729
Img_3732
Img_3731_20210731183901
<同じく曳山の北観音山↓>
Img_3742
Img_3746
Img_3749

<大船鉾・龍頭に金箔が張られ黄金の輝き↓>

Img_3755
Img_3756
Img_3759

 

|

祇園祭~前祭の山鉾~

 昨年に続き、今年も新型コロナの感染拡大で、祇園祭の山鉾巡行の中止が早々に決定していた。
 ただ昨年と少し違うのは、技術継承の意味もあって、一部の山鉾が建てられることになった。それでも、宵々山、宵山という形式は中止で、夜になっても駒形提灯も灯らず、屋台も出ずに、寂しい限りではある。当たり前と思っていことが、ここでも崩れきたことを感じさせられる。

 「静かに見守ってください」というお願いはあったが、一部でも山鉾が建てられたおかげで、少しは祇園祭の風情を楽しむことができたのは、よかった。
 さて、来年は、例年どおりの祇園祭になるだろうか。

Img_3655_20210728004101
Img_3654
長刀鉾↑
Img_3677
Img_3683_20210728004201
放下鉾↑
Img_3687
Img_3685
月鉾↑
Img_3698_20210728004301
Img_3703
鶏鉾↑
Img_3693
Img_3694
函谷鉾↑
Img_3665
霰天神山↑

|

より以前の記事一覧