カテゴリー「京都」の247件の記事

終い弘法

 弘法さんとは、毎月21日は東寺での縁日で、親しみを込めて「弘法さん」と呼ばれている。日本で一番大きな寺社の境内の縁日だそうで、12月の「終い弘法」は20万人もの人が訪れる年中行事だ。ただ、緊急事態中は中止されていたので今年は数回しかなく、さすがに出店の数も人出も、かなり少なく感じた。海外からの観光客もなかったが、それでも少しは活気が戻っているように思えた。

Img_5053

 連れ合いと娘は朝から弘法さんに出かけていた。それぞれお目当てがあった。着物関係の掘り出し物を探していてようで、同じ出店で合流したようだ。今年から着付け教室に通いだし、連れ合いはいまだに続けて通っている。

Img_5050

 ということで、散歩方々、何を買うわけでもないが、少しぶらついてきた。この日は、有料拝観ゾーンにある国宝の金堂の薬師如来像が拝むことができる。司馬遼太郎原作の映画『燃えよ剣』では、この金堂の中でも撮影があり、薬師如来像の上から演説するシーンがあって驚いた。他にも、東西本願寺や今年訪れた長谷寺など見慣れた場所がロケ地だったのて、内容以上に興味があった。

Img_5055

|

蓮の蕾に

 映画館後に東寺まで歩く。

 途中の植え込みで蝶々が蜜を求めて飛んでる。彼岸も近いが、まだ日差しは夏だ。

Img_4052_2
Img_4077_2

 東寺の蓮の華はもう終わって蓮の実になっている。よくみると、蓮の大きな葉のかげに隠れるように、一輪だけ蕾の蓮を見つけた。蓮は、仏教、特に浄土往生を象徴する華だ。周回遅れのようでもあり、また人知れず隠れるように咲いている姿が、市井にひっそり佇む隠れた念仏者のようで、どこか尊かった。

Img_4069_20210925000501
Img_4065

「お池にはすちのお花が咲いた。
 はちすよい花、きれいなお花。
 どの子にあげよ、誰にやろう。
 はちすのお花をもらう子は もらう子は、
 み仏さまのかわいい子」
  南無阿弥陀仏

Img_4063

 

|

東寺に卵?

 散歩。今日は、東寺まで歩くコース。境内をぐるっと大回りしても、往復で35分のコースだ。

 南大門からはいる、見慣れない光景が広がっていた。

 「なんだ、これ?」

Img_3764

 卵型の風船が境内を埋めつくしている。

 なにかイベントがあるのだろうが、何かがあるのかは分からなかった。

Img_3767
Img_3779
Img_3774
 今夜は、いよいよ東京オリンピックの開会式。哀れなぐらい、批判とケチがつきまくったセレモーニもないだろう。それでもいろいろツッコミながらなんとなく見るのだろう。

 

|

祇園祭~後祭の山鉾

 京都シネマで『ライトハウス』を観終わて、四条烏丸の映画館をでると、祇園祭の「後祭」で一部の山鉾が建てられていた。戦後、17日の「先祭」と合同で行われていたのものを、本来の形(前祭・17日と、後祭・24日)に戻して、最近ではすっかり定着してきたが、やはりコロナの感染対策で、一部の山鉾だけが建てられて、巡行は中止となった。

 それにしても暑い。19日に梅雨明けしたかと思うと、いきなり37度越えが続いて、連続の猛暑日。慣れたとはいえ、マスクは堪えるな。

<曳山の南観音山↓>

Img_3729
Img_3732
Img_3731_20210731183901
<同じく曳山の北観音山↓>
Img_3742
Img_3746
Img_3749

<大船鉾・龍頭に金箔が張られ黄金の輝き↓>

Img_3755
Img_3756
Img_3759

 

|

祇園祭~前祭の山鉾~

 昨年に続き、今年も新型コロナの感染拡大で、祇園祭の山鉾巡行の中止が早々に決定していた。
 ただ昨年と少し違うのは、技術継承の意味もあって、一部の山鉾が建てられることになった。それでも、宵々山、宵山という形式は中止で、夜になっても駒形提灯も灯らず、屋台も出ずに、寂しい限りではある。当たり前と思っていことが、ここでも崩れきたことを感じさせられる。

 「静かに見守ってください」というお願いはあったが、一部でも山鉾が建てられたおかげで、少しは祇園祭の風情を楽しむことができたのは、よかった。
 さて、来年は、例年どおりの祇園祭になるだろうか。

Img_3655_20210728004101
Img_3654
長刀鉾↑
Img_3677
Img_3683_20210728004201
放下鉾↑
Img_3687
Img_3685
月鉾↑
Img_3698_20210728004301
Img_3703
鶏鉾↑
Img_3693
Img_3694
函谷鉾↑
Img_3665
霰天神山↑

|

まるごと! 龍谷大学ミュージアム』展

『まるごと! 龍谷大学ミュージアム』

 龍谷大学ミュージアムが日本初の仏教総合博物館としてオーブンして10年。それを記念した企画展。緊急事態宣言の発令があって、一時、ミュージアムも閉鎖。そのまま終わってしまうかと思っていたから、会期延長の上で、また再開された。

 所蔵品の提示なので、ほとんどがこれまでの展示で観たことがあるもだが、一同に会するのはよかった。しかも今回は撮影OK。せいぜいSNSでCMしてください、ということなのであろう。

Img_3411

 浄土真宗は仏教美術の関して、特に仏像の分野では、新興勢力で、信仰歴史も浅く、弥陀一佛なので、バリエーションも乏しい。(といっても1点だけ展示↓)

Img_3446

 ただ西本願寺は、大谷探検隊の歴史があり、シルクロードやガンダーラの仏教美術とのつながりもあるので、収集品にも、古い(2~3世紀とか4~5世紀)ガンダーラ、マトゥラーの仏像や神像が、半数を占めていた。不思議と、東南アジアや中国、また今のインドのものよりも、このころの仏像は、写実的なリアリティーがあるだけでなく、日本人の琴線に触れるような哀愁あって、人気もある。

Img_3444
Img_3434_20210625002001
Img_3427

 また、仏像だけでなく、お釈迦様のご一生を表す仏伝浮彫の一部も多く展示されていた。これは、釈尊の前生譚で燃灯授記↓

Img_3455

 いろいろと撮影したので、合間、合間に紹介できればと思っている。
 

|

桜(二)

Img_2588

 日課の散歩コースである東寺。

Img_2565
Img_2632

 春の特別拝観や夜間のライトーアップも始まっているが、日頃歩くのは無料拝観の境内のみ。

Img_2612
Img_2609
Img_2605

 それでも結構、桜が楽しめる。

Img_2578
Img_2599
Img_2571



 

|

桜(一)

 母は、歩くのがかなり不自由になってきた。桜を観たくても、砂利道がダメ、石畳の道がダメ。ということは有名な社寺は難しく、車の車窓から眺めて、少し歩きやすいところを散策するということになる。

 昨日がほんの少しだが、夜桜がきれいだった。予定していなかったが、ほんとうに近所の、かつまったく有名ではない桜を、急きょ見に行くことになった。

Img_2768

 東九条の氏神である宇賀神社の桜。ぼくの散歩コースのひとつ。

Img_2756
Img_2757
Img_2762
 鴨川沿いの桜もきれいだった。これも散歩コース。
Img_2785
Img_2675

 伝道院の隣の公園。京都タワーとのショット。

Img_2745
Img_2747

|

早咲き

 映画館の途中、元小学校の庭の桜が、早くも満開になっていた。

Img_2342

 例年、ここの桜は早いのだが、今年は、2月にとても寒い日があり3月は温かいという条件が揃い、かなり早く満開になっている。道行く人々も、スマホで撮影している。今は、統合されて別の用途で使われている元小学校の桜。今年は、桜の鑑賞についての標示が添えてある。

Img_2344_20210310233301

「足柄桜」とある。金太郎の足柄山に関連するのだろうか。「春めき」という名称もあった。

Img_2353
Img_2381
Img_2373
 感謝の気持ちを込めて「有難う」と、写真に収めた。
Img_2385

|

紅梅、白梅

 散髪に出かけた。

 三寒四温ではないが、このところ20度近くになる春のような陽気があったかと思うと、最低気温が氷点下となって厳冬に戻るといった、寒暖の差が激しい気温が続いている。好天の日が続くが、北風や西風の強い日は寒く、南風の日は温かいようだ。

 帰路、梅小路公園を散策する。コロナ禍の自粛生活の中で生まれた習慣かいくつがある。その中の一つが散歩である。それまでの散歩と違う点は、3分交合に早歩きと普通歩きを繰り返す、インタバール走法を30分間以上している。これがなかなかいい感じである。

Img_2306

 梅園を横切ると、紅白のウメが咲いていた。見頃はもう少し先かもしれないが、早いものは紅白ともに咲いている。

Img_2294
Img_2290_20210226110101

 風はまだ冬の冷たさだったが、青空の中で、春は確実に近づいている。

Img_2322
<白梅は冬至>
Img_2305_20210226110201
<紅梅は大盃>
Img_2314
<新平家は、淡いピンク>
Img_2339
<春の訪れを感じる>

|

より以前の記事一覧