カテゴリー「法座と聞法」の1000件の記事

貴伝名博著『死の日記』を読む

 今日は、午前中(10時~12時)が『仏書に親しむ会』、昼食休みを挟んで、午後(13時30分~16時30分)が「華光誌輪読法座」である。ということで、平日ではなくて、日曜日の開催となった。

 11月もダブルヘッダーで行ったが、その時は、13時30分~19時という時間枠。
 12月は、通常どおり夜に開いたが、コロナの感染対策として、頻繁に換気をするので、とても寒くて風邪を引かれてもこまる。それで、冬季の間(3月まで)は、日曜日(もしくは土曜日)に、昼食を挟んでこの時間帯で行うことになったのだ。

 おかげで参加者も多く、またZOOMからの参加もそれなりにあった。

 今回は、華光の先輩同人である貴伝名博さんの『死の日記』を読む。前回で、『悟痰録』に収録された、彼の『春風吹かば』を読んだが、その後に書かれたもので、こちらは『死を凝視して』に収録されている。『春風吹かば』は、善知識である伊藤康善先生と貴伝名さんが、信疑廃立の関門で向き合う求道文であった。『死の日記』は、貴伝名さんが、若くして(22歳で発症、27歳でご往生)して喉頭結核におかされ、病と死の前に綴られた、2週間ばかりの「死の日記」であり、死の直前の遺言でもある。読む人によっては、自分や家族の病や死を重ね合せて、涙される方もあった。

 それでも、常に病床で苦しむ場面ばかりではない。街でビフカツを食べる場面もあり、体調も、精神面もすこぶる調子のよい時もある。が、その何気ない日常にも、常に死の影が迫っているのが分かる。体調と共に、心境もさまざまに揺れている。たった2週間の間でも、それが現実の姿である。しかし、凡夫の心境がどんなに揺れ、また何が出ようとも、その底の底には揺るがぬ真実が光輝いているのである。なんとも尊い一文。この仏法が、今、ここに流れているのである。南無阿弥陀仏

|

修正会~虎の如く吠え叫ぶ~

  大晦日は各地で大荒れで京都も雪が舞う寒い1日となった。雪もうっすらと積もり、元旦の交通を心配していた。幸い、このあたりは天気は回復。それでも、例年参加される滋賀や福井の参加者はお休みで、会館の参加者は少なめ。ZOOM参加者とほぼ同数くらい。

 テーマは「利他の行」。

 この2年間、コロナ禍の日常生活で、自分だけという利己的な思いを捨てて、「他者を思いやる」、「他者を気づかう」という言葉をよく耳した。自粛生活をすることも、積極的にワクチン接種することも、マスクをつけることも、自分を護るだけではなく、他者を思いやる行為(善意)だというのである。また、ぼくの回りでも、「私はコロナになってもいいけれど、もし罹って他の人にも迷惑をかけるので、まだ参加しません」というフレームも嫌になるほど聞かされた。今回のコロナは、ただ自分だけでなく、感染を広めるリスクと、またたとえ症状が出なくても濃厚接触者となれば2週間の自粛を強いられるからだ。

 なんと利他の精神に溢れた、立派な日本人の多いことか。恥ずかしながら、ぼくは自分のことしか考えていない愚か者だ。他の人を思いやるからではなく、他者からの非難が怖いだけだ。もろちん「私は罹ってもいいけれど」などと思ったことも一度もない。ただ自分が感染が怖いから、マスクをつけ、密を避けている。それどころか、「他者を気づかう行動を」とテレビで連呼されると、うさん臭さを感じて反発したくなる、天の邪鬼でもある。

 それで改めて、「利他とは何か」を考えてみた。人間の限界ある利己と裏腹の利他ではない。また、援助関係で陥りがちな上らか下へ、一方的に恵むという形式でもない。ほんとうに両者が生きる利他の行いはあるのか。

 それを大迦葉尊者が、重病で貧窮の老婆に示した布施の精神をもとに窺った。ここに施されるものが、施し拝まれるという関係性の転換が起こる。頭を垂れるのは、施し受けるものではないのである。そのお心を端的の顕すのが次ぎのご和讃だ。

 「無漸無愧のこの身にて  まことのこころはなけれども
  弥陀の廻向の御名なれば 功徳は十方にみちたまふ」
 
 弥陀廻向の御名、つまり南無阿弥陀仏こそ究極の利他の行、利他が窮まった姿である。大慈悲心が極まり一歩的に発動して、「南無」と頭を垂れて、廻向される南無阿弥陀仏なればこそ、無漸無愧のこ身に届くのである。

 今年は寅年だ。南無阿弥陀仏の名号の「号」とは、「號」と書く。この字の語源(白川説)が元旦の新聞に出ていた。「祈りの言葉を入れる器(口・セイ)を木の枝の「こう」で打ち、願いがかなうように大声で亡き叫び、神に訴えること。泣き叫ぶ大きな声が、虎の吠え叫ぶのにたとて「虎」が加えられたというのだ。

 願いがかなうように大声で亡き叫びのは、私ではない。阿弥陀様の方である。それがお名号、南無阿弥陀仏の姿である。南無阿弥陀仏

Img_5139

|

今年最後の法座で

 一年の締めくくりはM家の家庭法座であることが多いが、今年は、華光会館での最後のご法座でもあった。

 今年の後半戦(8月以降)のご法話では、「餓鬼道」(往生要集)、「修行者と羅刹」(雪山童子)、「まったくわたしくなし」(御伝鈔)、「救われるとは」、そして大会以降は、『末代無智章』を繰り返しいただいてきた。今は、ZOOM参加があって、だいたい同じような方が参加されているので、同じ題材の法話を複数回聞いてもらうことになった。それでも有り難いことに、毎回、顔ぶれによって違う反応があるおかげて、改めて気づかせていただくことがあるのだ。その意味では、ぼくも新鮮な気持ちで法話をさせていただけたし、前回にことが、次回の法話に反映されるので、いわば少しずつだがアップデートされていたのではないかと思う。

 今回は、初めてのテーマ「無漸無愧」について。和讃や安心決定鈔を中心に、何が大いに恥じるべきことなのかをお話申し上げた。冒頭で、「罪悪感」と「罪悪観」に違いを、具体的に座談会での発言に即しながら考えていただいた。座談会で語られるのは、自身の罪悪感が中心で、それを慰めてもらうようなことではないか? 法の上での罪悪観とは似て非なるものだが、この見極めが結構難しいようだ。これは大切な課題のように思うので、皆様に助けてもらいながら、今後も深めていこうと思っている。

 ところで、今日はこの冬一番の寒気に覆われて、寒い一日だったが、同時に忙しい1日だった。
 法座の前には、運営委員と京都支部などの有志の皆さんが、大掃除。窓やブライド、外回りなども丁寧に掃除してくださる。終了後、連れ合いが粕汁をふるまっていたが、皆でワイワイ会食したいところだか、壁に向って黙食をする。

 そして法座終了後は、報恩講(R4年1月15日(土)16日(日))リアルとZOOM併用会議。運営委員に加えて、お世話役の二人も参加くださった。どうぞよろしくお願いします。

 会議を終えた頃には外は雪が舞っていた。法座参加者の有志での懇親会にも顔を出す。京都支部法座の後にあるのは珍しいが、メンバーは京都支部というより、大阪や広島、東海各支部の有志連合軍だ。みなみ会館(映画館)の隣の居酒屋に、かなり遅れた参加したら、もうすでに皆さん出来あがり盛り上がっていた。法座や座談会では見せない姿で、はしゃいでいる方もある。ああそうそう。法座のよそいきの姿は捨てて、今のそのままで聞いていけばよいよと指摘すると、急に神妙になられたりする。今日のテーマなのだが、誰も法に帰られることはないので、思わず「なかなかのポンコツ揃いやな」と。ここが一番有り難かった。

|

華光誌輪読法座~弥陀直々の名乗り~

 12月の華光誌輪読法座は久しぶりに平日の昼間の開催で、参加者は少な目。皆で、孤杉師の『弥陀の一心』を声に出して読み進む。

 御文章『疫癘の章』は、別名『勅命の章』と呼ばれる。阿弥陀様が、蓮如様のお口を通して「我を一心にたのめ。必ず救うぞ」とのご勅命、ご命令が示されているのだ。

では、それをを教えてくださったのはどなたなのか。『蓮如上人御一代記聞書』に、次のような条がある。
 蓮如上人が弟子の法敬坊に、「この弥陀をたのめということを、お教え下さった人を知っているか」とお尋ねになられる。法敬坊は「存じません」と答えると、「弥陀をたのめということを教えられた人は、阿弥陀如来である。阿弥陀如来が、我をたのめ、とお教えになっているのである」と。
 
 もちろん、阿弥陀様のお心を取り次いで教えて下さったのは、お釈迦様。そして親鸞聖人や蓮如上人。しかし、それを何々聖人の話、何々先生の話と思って聞いてるうちはダメ。法座は「浄土の出店」。仏様や菩薩方が、浄土からやって来て、法を聞くための座を、こうして設けて下さっている。つまり、ここは極楽浄土と直接、パイプで繋がっている。華光の法座は、パイプを通して極楽浄土の今現在説法を今、聞かせてもらっている。私が、これまで聞かせてもらったお説教は、極楽浄土から届けられる阿弥陀如来のご説法を聞かせてもらっている。
 まして、南無阿弥陀仏は、阿弥陀様から私への直々の生の呼び声、血潮沸き立つような呼び声。この罪悪深重の私に向かって、「罪はいかほど深くとも、我を一心にたのまん衆生を必ず救う」と、名乗りをあげて下さっているのだと。
 
 南無阿弥陀仏

|

宍粟市での報恩講法座

  11月に引き続いて宍粟市山崎町での寺院布教だ。

Img_5044

 それでも、師走の楽しみの法座の一つである。僕もおつきいはずいぶん長いが、連れ合いの方が古くて、深いおつきあいを頂いていて、同士のようである。山崎町でのお寺の布教はいつも夫婦でお邪魔している。彼女の活躍の場も用意されていて、懇親会が深まればその力を発揮する。今年の懇親会では、朝4時過ぎまで住職と指しで飲んでいたようだが、これもまた恒例である。昨年は、コロナでいろいろたいへんな中だったが、今年は少し落ち着きあって、参詣も、また懇親会の出席者も、かなり例年並みに戻ってきていた。お斎も1年ぶりに復活した。

Img_5022

 3日間で、6座の法話を担当する。法要もとても丁寧であるが、法話の形式も本堂での講演台からだけなく、昔ながらの高座からお説教もあり、お内仏法座もあり、また広く座談会をもったりと、バラエティに富んでいる。教案の準備もしていくが、だいたいそのときの雰囲気を大事にしている。また最後は、事前の準備はせずに、3日間のまとめとるなような法話をしている。今年は、3年後に継職が決まった新発意(しんぼっち=新たに菩提心を起した菩薩、転じて次ぎの住職後継者)のリレー法話を、その場で決めて行った。結局、何かお経や教えのためになる解説をしても、ここでは喜ばれない。それよりも、自分を開いてお伝えすることが、お互いのご聴聞である。結局、ぼくは何を喜び、お伝えしたいのか、その原点に返ったお話となる。それがうまく伝るどうかは,かなり難しいことではある。座談や懇親会での反響を聴ければ、わかるのだ。それでも、ご縁のある方もおられるし、念仏者が生きておられるのか尊い。有縁のご住職、僧侶、坊守さんのお参りも多くて、座談会や懇親会はに盛り上がるので、遠慮なくお話をさせていただけるのである。

Img_5039

 それでも、長年、育まれてきている本的な信仰や因習を破ることは難しいとも痛感させれらた。まさに超世の法の絶望的な難しさと、広大な素晴らしさを味わわすにはおれなかった。尊いご縁でした。

Img_5041

|

東海支部法座~すばらしい勝縁~

  東海支部法座は、あるお寺が会場。具体的には触れられないが、そこで、いま、起ころう動きだしたことがとても尊い。新たに動きだした場面は、なかなか出会いない勝縁だと思ったので、ぼくも気持ちだけだが協力させていただくことにした。2年後が楽しみである。

 法話は、華光大会でも触れた『末代無智章』である。華光大会でも取り上げたが、そのときは、「末代」や「無智」、そして「在家止住」という冒頭の一文が中心になった。時機相応の教えとはどういうものかということである。時間の関係で、詳しくは話せなかった「たのむ機」、すなわち「ころをひとつにして阿弥陀仏をふかくたのみまゐらせて、さらに余のかたへこころをふらず、一心一向に仏たすけたまへと申さん衆生」をテーマ^にする。

 皆さん、難しかったようだ(もっとも、翌日の寺院布教でも同じテーマでご法話したら、おそろしいほど反響はなかった)。それで、「分かりやすい」ところ、また有り難いところで、「末代無智の在家止住の男女たらんともがらは、たとひ罪業は深重なりとも、かならず弥陀如来はすくひましますべし。これすなはち第十八の念仏往生の誓願のこころなり。」と、自分に都合よく読んでいる。これなら本当に都合がいいいし、おおかたの説教も、喜びはここで留まっているのではないか。
 
 結局、一番ア大切な「たのむ機」「たのむ一念」のところを飛ばしていることになる。それが、蓮如上人が批判される「無帰命安心」そのものなのだ。

 「たのむ機」と「すくう法」の南無阿弥陀仏のおいわれを聴くことが浄土真宗の安心だ。南無の機、たのむ一念、帰命の一念、ここが浄土真宗の肝要なのである。

「末代無智の在家止住の男女たらんともがらは、こころをひとつにして阿弥陀仏をふかくたのみまゐらせて、さらに余のかたへこころをふらず、一心一向に仏たすけたまへと申さん衆生をば、たとひ罪業は深重なりとも、かならず弥陀如来はすくひましますべし。これすなはち第十八の念仏往生の誓願のこころなり。かくのごとく決定してのうへには、ねてもさめても、いのちのあらんかぎりは、称名念仏すべきものなり。あなかしこ、あなかしこ。」「末代無智章」

Img_5012



 

 

|

名古屋での寺院布教

    広島法座の翌日は、名古屋での寺院布教は報恩講のご縁をいただく。

    報恩講なので、改めて「報恩講」の意味や意義から入る。親鸞聖人のご恩徳に報いるといっても、そのご恩徳が遠いお話に終わっているのが現実ではないか。親や先祖ならまだ分かるだろうし、他人でも目の前の先生のおかげも味わうことはできる。がしかし、今の私にどう親鸞様が関わってくるのかは、話として聞けても、どこかボンヤリしいる方が、大大半ではなかろうか。でもそれは当たり前の話で、いくらご苦労があると聞かされても、結局、私自身が仏法を喜ぶ身にならなければ、聖人のご恩徳に知ることはない。それで蓮如上人は、

「御正忌のうちに参詣をいたし、こころざしをはこび、報恩謝徳をなさんとおもひて、聖人の御まへにまゐらんひとのなかにおいて、信心を獲得せしめたるひともあるべし、また不信心のともがらもあるべし。もつてのほかの大事なり。そのゆゑは、信心を決定せずは今度の報土の往生は不定なり。されば不信のひともすみやかに決定のこころをとるべし」

「日ごろの信心のとほり決定せざらん未安心のひとも、すみやかに本願真実の他力信心をとりて、わが身の今度の報土往生を決定せしめんこそ、まことに聖人報恩謝徳の懇志にあひかなふべけれ。」

と、何度もおっしゃている。

   要は、そこを話で終わるのではなく、いかに我が身に引き寄せることができるのか。正解を覚えて言うのなら、いくらでもできる。しかし、ほんとうにその身になっているのか。「弥陀五劫思惟の願をよくよく案ずれば,親鸞一人(いちにん)がためなりけり」は、聖人のご持言、つまり常の仰せのひとつで、何度も何度も、回りの人達に語っておられる。「親鸞一人」は、「わたし一人」である。そこまでご本願を引き寄せ、お救いを引き寄せているのか。口先だけ、もしくは昔の体験だけを握って、「救われた」といっているだけなら、それはカビのはえた喜びだ。法は生きている。生きものを握りしめていると、必ず腐ってくる。腐ったものでも、捨てられないのが私だ。「必ず救う」というお言葉をどう聞くのか。あらためて、わたし一人のお救いを問うご法話となった。

|

寺院布教~永代経法要と報恩講~

 昨日の碧南市での東海支部法座の終了後、8名の男たちは、刈谷市まで移動して懇親会。予定していなかったが、緊急事態宣言か解除されたこともあって、法座が終了すると、皆さんソワソワしだして、ぼくも誘われたら断る理由はない。法座では、醜い餓鬼のスライドを観て、仏様のいのちを捨てた叫びを聞いた後なのに、もう飲酒罪を造る相談だ。この体たらくはなんだ。法座の時は少しは堪えたふりをしても、そこを離れた瞬間、まったく懲りない無仏・無仏法の凡夫の姿に戻る。なんとも哀れで、かつなんと有り難いことか。まさに教えに添うことがないはずなのに、見事に教えにかなっている。これぞ活きたご説法。

 翌日は、泉佐野への2日間の寺院布教。昨年は新型コロナの感染拡大で出講がなく1年ぶりだ。昨日の夏の陽気が一転、急に冷えた。しかも風が強い。泉佐野の海沿いは、冷たい北風が吹いて一段と寒さが厳しかった。温暖化は、天気を極端にしてしまうようで、夏から初秋を越して一気に晩秋になったようだ。

Img_4289

 コロナの影響では、春の永代経が延期なり、今回の報恩講は、初日に永代経法要、2日目を報恩講としてお勤めされた。法座の回数は同じだが、参詣者の顔ぶりはずいぶん違った。永代経につかれた方が礼服で座っておられる。日曜日ということもあるが、若い方も多かった。一方、報恩講は、平日ということもあって、年輩の方が中心。参加者の高齢化が進み、寺院での仏法相続もますます厳しい状況になるのだろう。

 このところ続けて、「餓鬼」の話とスライド、そして「雪山童子と羅刹」のご法話をさせていただいている。

 今回は、そこに自分自身の聞法の歩みが重ねさせてもらった。自分自身が、雪山童子になることはなかった。食法餓鬼のまま、むしゃむしゃと仏様の命を食べつづけてきただけであった。それは、今もそうである。それでも、そんなものに命をがけで向かい合い、真実ひとつをお伝えてくださった方に出会ったのだ。それは、活きて躍動するみ法だった。だからこそ、ぼくが喜ばせてもらっている仏法は、今も活きて働いてくださっている。そのことをひとつ、聞いてもらいたかった。

 法話が終わってから皆さんのお声を聞いたが、反応はいまひとつ。でもご住職とそこでの話が出る。無碍に仏法を喜んでおられたお母様に育てられ、青年期からご法を求めておられた方なので、通じるところがあったようだ。南無阿弥陀仏 

Img_4292

|

東海支部法座~阿弥陀様が決めてくださる~

 10月も半ばを過ぎたのに、半袖でもまだ汗ばむ陽気である。
 今年2回目の碧南市での東海支部法座。新幹線、JR、そして名鉄の碧南線と乗り継いで会場入りした。「華光」の大きな文字が目印だ。支部法座でも会場に大きな仏壇のあるところで法座が開かれるのは、それだけでも尊い。大声でお念仏しようが、泣き喚こうが、出入り禁止になる心配はない。

Img_4246

 法話の後の座談会はご示談となる。

 「如来様は見えません。どうしたら食べてもらえますか」という質問に、白熱したやりとりが続く。だか、求める側と勧める側のやりとりがかみ合わないまま進んでいく。それでも「なんとか」という思いが強く関わり続けた。

 「今、ここで葬式をせよ」と迫る。

 が「真宗は信心正因。往生のためにはまずそれが第一で、そこがはっきりしていないうちに、このいのちを捨てるわけにはいかない」という常識的な答えに、勧める方の声も一層熱くなる。自分中心にしか求められないのだ。そんな保険や保証など一切を捨てて、阿弥陀様はお命を差し出してくださっているのだ。
 
 かと言って、それを正しく指摘したところでも始まらない。相手が鎧兜なら、こちら先に裸にるなしかない。覚悟をもって最終宣告。が、それもすべて自分の頭で分別できる常識の範囲でしか捉えてもらえない。どこまでも自分の造った「こうならねばならない」という範囲で考え続けておられる。それは「教えに沿っていく」ことが仏法だという常識だ。それでいて、自分自身は教えに沿っていないのも分かっおられる。だからこそ、理想どうりになろう、なろう。そうならねば聞けない、という歪みから離れることがでなきない。残念ながら、その添うべき理想の教えこそが、自分自身が勝手に造りあげた妄念に過ぎないのだ。それに合せて「こうあるべきだ」「こうならればならない」という理想像ばかりを追う聞法は、何百年やっても他力廻向信になるはずがない。

 それでも、頑張ることに意味があるように思うのは、この世の常識の範囲での話。むしろ、不実な自分を(自分の理想とする)正統な教えの名のもとで正当化するだけで、法にかななっていないのだ。

 もしかすると見えないのは仏様だけではない。目の前に向き合っているぼくの姿も見えず、その声も届かないようだ。

 それでいて、その当事者よりも、その姿を通して回りの人達に法が響いていくのが不思議だ。結局、グズグズ畏れているのは私の方だ。宝の山を目の前にグルグル回るだけで、この命を終えるようならあまりにも勿体ないではないか。

 今、ここで、聞いてくれ!

 グズグズして決めらな私のために、阿弥陀様がそう決めてくださった。教えに添わねばと言われるのなら、この仰せの一言に沿うだけでいい。浄土真宗の信の一念、廻向信の凄まじさがここにある。

Img_4253_20211030001601
Img_4251_20211030001701

<この「華光会」が目印↑>

|

1日だけの仏青大会でも、、

  停滞していた仏教青年会だが、ここにきて少しずつだが明るい兆しが見えてきている。1日だけの仏青大会ではあったが、学生を中心にして10~20代の青年が集った。子供大会からのご縁の人が多く、小学生の時以来、大学生となっての再会は、懐かしかった。なぜか、昔から仏青は男性よりも女性が多いが、それは同じ。こちらは、若者の姿がまぶしい歳になっている。ご聴聞の上ではこれからなのだか、仏法に明日という日はなく、また老若男女が問題としない教えだ。若い日にこそ仏法を嗜んでほしい。とはいっても、妙なところで分かったり、知ったりする必要はない。ぜひ仏道の真ん中を歩んでもらいたい。そして、仏法を喜ぶ人に出会ってもらいたい。結局、ぼく自身の幸せは、若き日に善き師に出会い、善き友に出会ったことだ。先達の喜ぶ仏法に出会えたことが、今日のぼくのすべてなのであるからだ。

 前夜には、K先生の音頭で食事会もあって、楽しそうだった。特に多感の時代は、法座の前後の飲み会や懇親会の時間も大切で、お念仏を喜んでいる人達と生に接する貴重な機会だ。仏法を喜ぶ先達に触れることがなければ、文字や言葉だけの頭でっかちな聞法に終わってしまう。余談だが、娘も参加したが、彼女の20年間の人生で初めての「焼き肉」の経験となった。子供の時から、にくにくしい肉や生魚(刺身)を食べるのが苦手だったので、新鮮だったようだが、やはり同じ世代の仏法を求める人達と触れ合えたのも、楽しかったようだ。

 

|

より以前の記事一覧