カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の550件の記事

お誘い

 今回のカウンセリグの集いも、企画だけでなく、チラシを造り、またお声かけも頑張って行った。

  お誘いは、真カ研の会員だけでなく、華光会の皆さん、さらに仏教大学ビハーラ研究会などにも出席して、チラシを配った。ご縁が浅く難しいと思っていたビハーラ研究会を縁に、3名も参加くださったので、驚いた。一方で、真カ研のベテラン常連組が距離を置かれたのは、残念だ。もっと、華光の方に参加してもらいたかったが、家庭などに問題を抱えておられる方にお声をかけるも、不発に終わった。それでも、ご縁の新しい方が、積極的に参加くださったのがうれしかった。このあたりも、自分のはからいを超えていた。

 他に、今年は、カウンセリングや仏教関係の方だけでなく、自力整体の知人、小・中学校の同級生にも声をかけてみた。それも、数日前で、かなり難しいとは思っていたが、ダメもとである。5月の連れ合いの演劇をお誘いしたことが、縁にもなっていた。

 なかなか返事がこない。これまで、仏教に関するお誘いを控えていた関係なので、先方も戸惑われていたようだ。ところが、ここから3名も参加くださったのは、とてもうれしかった。なんのことはない。自分で、勝手に垣根を作っていただけのことである。「仏教のことは何も知らなけど、難しくないかなー」といった不安は持たれながらも、それぞれが興味や関心をもっておられることが、よく分かった。選ばれるのは先方なのだから、情報として提供するだけでも、意味があるのだ。

 その中で、とても不思議で、有り難いこともあった。まさにご縁の不思議である。

 10年来の自力整体での知り合いの方。今は、整体はお休み中だが、お声をかけてみた。

 地元、九州で働いておられたが、縁あって京都に出るか迷っていたときに、相談した病院の先生から背中を押されたという。そして、「もし京都で困ったことがあったら、奈倉先生を訪ねなさい」と、紹介状を書いてくださったのである。その後、彼女は奈倉先生を訪ねるような困難なことはなく、一度、先生の講演会を聞いた程度で、20年が過ぎ去ったというのである。そこへ、今回のお誘いである。ご講師の紹介で、先生のお人柄などにも触れて、ぜひ、お会いになってみて下さい、と案内あ届いたのだ。

 今回、長い歳月を経て、先生との出会いとなったわけである。ご紹介くださった先生は、奈倉先生の学生時代の同級生で、長年の親友だということで、先生もとても懐かしく、驚いておられた。

 ぼくも、その紹介の名刺を見せてもらったが、小さな名刺に20年間の重みが感じられた。ほんとうに縁とは、不思議なつながりである。
 もし、5月の連れ合いの公演がお誘いしなければ、彼女に声をかけることもなかった。お互い知らないだけで、つながっていないものはないということである。
 

|

亭主は「ガッパ」


連れ合いが、次の公演のために6月下旬より東京で、稽古に励んでいる。

5月の公演が終わって、しばらくは公演がお休みだと思っていたら、まったく違う顔ぶれで、同じ芝居の計画が進んでいた。彼女だけが、同じ母親役で、主演も、すべて変わって、小さな舞台(トランク劇場)で公演がされるようだ。

また彼女の亭主が変わった。
昨年は、加藤剛さんのご長男で、加藤頼氏。今年同じ俳優座の宮川崇氏。二人とも、連れ合いよりもずっと若い。しかもなかなかのいい男、いわゆる二枚目である。当然、彼女のテンションも高かった。

ところがである。今度は、彼女よりも年輩の方。年輩といえば、彼女は、名優,米倉斉加年氏(80歳)と夫婦役の稽古をやっていたが、米倉氏の急死で、舞台にはならなかった。
今度の方は、町田政則氏。 ベテラン男優で、すごくたくさんの映画やテレビ、舞台、声優としても活躍されている。刑事ものにでると、強姦魔、殺人犯、受刑者、暴力団など役どころで、まあ二枚目とは言い難いようだ。しかし、子役からと芸歴が長く、「ゴジラ」「ガメラ」に続いけと、日活が総力をあげて作り上げた怪獣映画、大巨獣「ガッパ」で、唯一、ガッパと心を通わせることができる、南洋の子役で出演した人だ。そんなベテランなのに、若手からダメだしをされても、素直に対応されていて、腰の低さに、彼女は感心していた。ちなみに

大巨獣ガッパ

ぼくは、ガッパはすぐに分かったが、彼女は知らなかった。ネットで調べて、その映像と、ユニークな主題歌にはまって、それ以来「ガッパ」が我が家のトレンドになった。亭主はガッバというのだが、彼は決してガッパ役ではない。ガッパと会話できる少年なのだが、、、。もちろん、亭主がガッパなら、奥様もガッパなのである。

公演は、以下の日程です。東京の方、ご縁があったら見に行ってやってください。

◎かやの木会館公演

日時 7月6日(土) 1、昼公演(開演15:00)
           2、夜公演(開演19:00)
   7月7日(日) 3、昼公演(開演15:00) 開場は,30分前
会場 かやの木会館3Fホール
東京都台東区蔵前 3-22-9
主催 希望舞台「トランク劇場」を応援する会
共催 榧寺(かやでら)
問合 希望舞台 tel.fax 0493-59-9043 玉井090-2779-5917
   かやの木会館   03-3851-4729 03-3851-9770
      玉宗寺 03-3844-4444

◎長岡寺本堂公演

日時 7月 13日(土)開場14:30 開演15:00
会場 長岡寺本堂(群馬県太田市西長岡町728)
主催 天王山 長岡寺(てんのうざん ちょうこうじ)
問合 長岡寺 0276-37-1683 希望舞台・玉井090-2779-5917
入場整理券をお求めください。(先着100名様まで)

 

 

|

浅野屋洋食店

名古屋市内のお寺を会場にした法座。

新名神の延伸で渋滞が解消され、予想より早く到着した。会所の近所に浅野屋洋食店がある。今日は、仏青の若手(20代前半)も一緒だったので、ダメもとで電話した。土曜日のランチタイムで、もう予約で一杯だったが、なんとか4名分を確保してもらえた。急だったのに、ありがとう。

定番のミンチボールやエビフライなどを堪能した。

Img_2517
Img_2516

お店は移転後、小ぶりになって席が、すぐ埋まる。名古屋にお出かけの時には、ご予約の上、ぜひお寄りください。
http://asanoya.cocolog-nifty.com/

夜は、東海・仏青合同での懇親会。こちらは、食べ飲み放題の中華料理。しかもこれが、3,000円という豪華な内容。20代の若い人達も、これには大満足。今日は、食べる方ではみちみちておられた。では肝心の法では、さて腹一杯堪能されたのでしょうか.

Img_2514

 

|

今年の同窓会

 ぼくは、龍谷大学の二つの同窓会に出席している。
 一つは、年代を横断した信楽ゼミの関係者の集い。信楽先生がお元気をうちは講義もあった。今は門下生が成果発表があり、その後に宴である。
 もう一つが、真宗学専攻の卒業生の同窓会だ。どちらも2年おきに開催されるが、うまい具合にズレていて、年に1度、どちらかの同窓会がある。

 有り難いことに、共に京都で開かれる。京都在住は数名しかいないが、大学が京都にあり、そして本山があるのも大きい。それでも、九州や北海道など遠方の方が中心である。
 ほぼほぼ本派で、住職と坊守方なので、皆さん、ご挨拶が上手い。業界の人の集まりにちょっと腰が引いて、居心地が悪くもないが、京都在住で欠席は申し訳ないと、これまで皆勤している。

 今年は、同じテーブルに北海道の同窓生とご一緒。遠方から「ようこそ」である。学生時代に、間違いなく顔を合せているのだが、「初めまして」というご挨拶。ほぼ誰ともそんな感じで始まり、だんだん顔見知りになっていく。不思議なものである。しかも、連れ合いと同郷、出身の高校までも同じだという。当然、共通のお知り合いも多く、お互いにびっくりした。深川駅に近いので、今年の1月もお寺の前を通っていた。連れ合いは、かってお参りしたこともあるという。
 次回の深川行きで、楽しみがひとつ増えた。

 

|

ブラジル移民111周年記念

朝、ブラジルの子供たちとスカイプ。ちょうど12時間の時差がある。ブラジルは日本に前日の夜だ。

お寺あるカラオケ大会の練習中。立派な講堂(舞台付)で、順番にリハーサルがある。二人も参加するので、練習の様子をライブで伝えてくれた。日本の裏側で、日本語の歌が披露されている。なんとも不思議である。

同時に、ブラジル移民111周年記念事業の一環のポスターを送られた。ころがサンパウロの街角に貼られているという。小さな時から、日本の古風な文化が好きな彼女は、ブラジルで日本舞踊を習っている。かなりの高年齢の方ばかりの中で、ひとり平均年齢を下げている。古風のことが好きなだけに、お年寄りも好きである。

Img_5419

センターの白拍子が、長女。ブラジルの街角に貼られてると思うと、また不思議な気分。

Img_5421

 

|

さよなら、やさしい愛妻号

 数年前から兆しはあった。

 やさしいといっているのに、地震かと思うほどの振動。もしかして、爆発するのかと思うほどの爆音。

 それが、この1年、洗濯時間が表示より、2倍、その後3倍(45分とあるのに2時間でもまだ無理)とかかるようになった。水がチョロチョロしか出なくなったのだ。会館修繕時に、電機屋さんに見てもらったら、もう修理が難しいとのこと。まあ、時間はかかっても壊れるまではということになったが、もうアッという間に壊れた。

 公演があったので、その間は、母のところの洗濯機にご厄介になって、この度、購入を決めた。

 製品は連れ合いが選んだ。そのあと、ネットで調べ、量販店で調べて、損をしないように考える。これがなかなか曲者だ。値段が安く、配送料無料とあっても、設置料がべらぼうに高かったり、リサイクルの引取運賃が高かったり、逆に高いようでポインで割安だったりと、例によって心を悩ませた。結局、総合的に、家電量販店の大手のサイトが、一番お得ということがわかった。そのままネットで買ってもよかったが、そこなら京都駅前にあるお店なので、もう一度、現物を見てから購入することにした。

 で、お店に行ってまた驚いた。同じお店のサイトなのに、ネット販売よりもさらに9000円も安かったのだ! 即、決定かと思ったら、ここで連れ合いが悩みだした。10キロは大きすぎるので8キロと決めていたのに、その中間の9キロがあったからだ。どうも1階の現状よりも3階の8キロの洗濯機が小さく感じるというのだ。でも、感じるだけで、実際の数字ではないので、なかなか決まらないので、話を進めることにした。

 で、結論はよかった。もともとのものは6キロしかなく、やっぱり感じの問題だけ。その日のうちに、無事に納入されました。

 掃除機、電子レンジ、炊飯器、ドライヤー、デロンギ、そして洗濯機と、妻と共に新しくなって、「いよいよ冷蔵庫だね」と、次に最大の大物が狙われている。

 やさしい愛妻様、長年にわたりありがとうございました。さようなら。

Img_2387

|

かもさん、おとおり

Img_2288  散髪の帰り、梅小路公園を散歩する。

  池には、小鴨の赤ちゃんたちが、親の後をついて泳いでいた。ぼくが、小さい時に大好きだった、絵本「かもさん Img_2304 おとおり」の世界である。
   
   常連さんが話しているのを聞いてると、昨日は、まだいなかったらしい。ということは、昨晩か、早朝に生まれたばかりだというのである。それなのに、もう母親について泳いでいる。最初に目にしたものを親と思ってついていくらしい。父親の方 Img_2280 は、われ関せずに、ひとり優雅に泳いでいた。

   その人の話では、こんな公園でも外敵はいるらしく、毎年、大半は赤ちゃんのうちにや られていくらしい。自然の厳しさである。

 

 

Img_2290
Img_2295

 

|

希望舞台公演にむけて

ちょうど1年前、東京の築地本願寺のホールで芝居を見た。水上勉作の『釈迦内柩唄』の公演だ。
今回は、連れ合いが京都での公演に向けて、毎日、走り回っている。会合や集会の場でPRしたり、紹介された方にあってチケットの販売や宣伝をお願いして回ってる。出演者でもあるが、本公演の責任者であり、制作のために頑張っているのだ。

どれだけ賛同者を集められるのか。また熱をもって公演に協力してもらえるの方があるのか。客層ひとつでも、大きく舞台の善し悪しに影響が生まれていくるという。それには、熱心な支援者ひとりでも多くいることが大切だ。そのご縁づくり、ネットワークづくりのためである。興味だけでは、有料(3000円)のチケットは購入してもらえないのだ。

七条堀川にある興正会館にもポスターが貼られていた。今回は、東本願寺にある「しんらん交流館」公開事業ということで、真宗大谷派が共催になっている。また、真宗教団連合や全日本仏教会が、協賛や支援をしてもらっているので、宗派を超えて寺院や宗門関係にお願いしやすい。ある意味、内容以上に肩書が大切ということである。

Img_2003

 日時=2019年5月10日(金) 開演18時30分~20時10分
           11日(土) 開演14時-15時40分
 会場=しんらん交流館(2階大谷ホール)烏丸通花屋町通西入
 前売=一般3,000円・大学生2,000円・高校生以下1,500円(当日券は、いずれも500円増)
 問合=しんらん交流館内 075-371-9208
 又は、希望舞台(荻原)090-4064-6981(前売あります)
     kibou_butai#mac.com(#を@に置き換えてください)
   HP=https://www.kibou-butai.com/schedule

Img_2002

 

 

|

大仏の日に南都仏教の話

Img_7491  「昨日、4月8日は花祭りでしたが、今日(9日)は、何の日がご存じですか?」と、ご講師。

「ここに来る時に、車のカーナビが、「今日、大仏の日です」と教えてくれました。それで調べたら、752(天平勝宝4)年のこの日に、奈良・東大寺の大仏開眼供養が行われんですね」と。
 
 知りませんでした。 決して、余談ではない。東大寺に関連する話題だった。

 2年間をかけて、東大寺の碩学 凝然大徳の『浄土法門源流章』を読み終えて、今年から永観(ようかん)律師の『往生十因』を原文(漢文)で講読するという。それに先駆けて、南都浄土教の概観の講義があった。

 日本の浄土教には、叡山浄土教、南都浄土教、そして密教浄土教の流れがあるが、互いに関連しあいながら流れている。ただ、南都といえば「南都六宗」、三論宗、法相宗、倶舎宗、華厳宗、成実宗、律宗であるが、三論の寓宗である成実、法相の寓宗である倶舎を除くと、実質的には四宗で、その中でも、当時は三論宗と法相宗が力をもっていた。龍樹菩薩や、天親菩薩の御宗派ではあるが、それ以外は浄土教とは無関係の気がしていた。しかし、よく考えると、法然聖人の批判の急先鋒である、明恵上人も、解脱上人(貞慶)も、共に南都の僧であり、浄土教にも明るくて、専修念仏の立場を真っ向から批判している。

 その背景には、日本独自の山岳仏教(修験道)や、源信和尚の影響などもあるやうだ。また、本宗だけでなく、より広くまざまな教えを修める兼学が、当たり前であった。

 彼らのように、南都六宗を本宗としながら念仏による極楽往生を目指した僧侶が、一定数あったという。その場合、自己の依って立つ本宗と教義的に矛盾する浄土の教えを如何に会通するのかが、大きな課題になっていた。またその時々に問題になった課題もあった。にもかかわらず、法然上人の「選択本願念仏」の立場から、それをすべて収めてしまった。「本願」であるかかどうの一点で、選捨されていったのである。当然、その捌き方に納得いかなかったことも、弾圧の背景になっていたのだというのだ。

 詳しくない世界なので、これからが楽しみ。

 

|

選挙と夜桜と

Img_2035     O家の帰路、東寺を経由して、ブラブラ帰る。東寺が夕陽に映えてきれいだった。

帰宅し、母を乗せて期日前投票に向かう。また東寺の前を通ったら、夜桜見物の長蛇の列にびっくりした。サクラのライトアップ中だが、今日Img_2033が満開、しかも土曜日、陽気もいいと、好条件が重なった。入場口の東門から始まり南門まで列が続いている。東寺の有料区間の境内は、それほど広くはないが、こんなに大勢の人が押しかけているのに、驚いた。もちろん、夜桜は見ていない。

 さて、統一地方選挙である。京都市南区は、京都府議は無投票なので、自民、共産、公明で決まっていた。

Img_2024  京都市会議員のみを投票する。3人で出向いたが、アッという間に終わった。

翌日の結果では、こちらも前回と同じで、自民2名、共産2名、公明1名という現職の当選。府会も市会も、政党の構成は同じた。

Img_2028  それよりも、驚いたのは、投票率の低下だ。市会はとうとう40%を切り30%台に入った。市会のみの南区は、その 中でもさらに低い。つまり有権者のうち、2/3近くは投票していないということだ。昔は、その反対(1/3程度が投票しない)だったのに…。

Img_2039   夜桜の長蛇の列に比べて、政治への無関心ぶりが心配になる結果。

 

|

より以前の記事一覧