カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の543件の記事

希望舞台公演にむけて

ちょうど1年前、東京の築地本願寺のホールで芝居を見た。水上勉作の『釈迦内柩唄』の公演だ。
今回は、連れ合いが京都での公演に向けて、毎日、走り回っている。会合や集会の場でPRしたり、紹介された方にあってチケットの販売や宣伝をお願いして回ってる。出演者でもあるが、本公演の責任者であり、制作のために頑張っているのだ。

どれだけ賛同者を集められるのか。また熱をもって公演に協力してもらえるの方があるのか。客層ひとつでも、大きく舞台の善し悪しに影響が生まれていくるという。それには、熱心な支援者ひとりでも多くいることが大切だ。そのご縁づくり、ネットワークづくりのためである。興味だけでは、有料(3000円)のチケットは購入してもらえないのだ。

七条堀川にある興正会館にもポスターが貼られていた。今回は、東本願寺にある「しんらん交流館」公開事業ということで、真宗大谷派が共催になっている。また、真宗教団連合や全日本仏教会が、協賛や支援をしてもらっているので、宗派を超えて寺院や宗門関係にお願いしやすい。ある意味、内容以上に肩書が大切ということである。

Img_2003

 日時=2019年5月10日(金) 開演18時30分~20時10分
           11日(土) 開演14時-15時40分
 会場=しんらん交流館(2階大谷ホール)烏丸通花屋町通西入
 前売=一般3,000円・大学生2,000円・高校生以下1,500円(当日券は、いずれも500円増)
 問合=しんらん交流館内 075-371-9208
 又は、希望舞台(荻原)090-4064-6981(前売あります)
     kibou_butai#mac.com(#を@に置き換えてください)
   HP=https://www.kibou-butai.com/schedule

Img_2002

 

 

|

大仏の日に南都仏教の話

Img_7491  「昨日、4月8日は花祭りでしたが、今日(9日)は、何の日がご存じですか?」と、ご講師。

「ここに来る時に、車のカーナビが、「今日、大仏の日です」と教えてくれました。それで調べたら、752(天平勝宝4)年のこの日に、奈良・東大寺の大仏開眼供養が行われんですね」と。
 
 知りませんでした。 決して、余談ではない。東大寺に関連する話題だった。

 2年間をかけて、東大寺の碩学 凝然大徳の『浄土法門源流章』を読み終えて、今年から永観(ようかん)律師の『往生十因』を原文(漢文)で講読するという。それに先駆けて、南都浄土教の概観の講義があった。

 日本の浄土教には、叡山浄土教、南都浄土教、そして密教浄土教の流れがあるが、互いに関連しあいながら流れている。ただ、南都といえば「南都六宗」、三論宗、法相宗、倶舎宗、華厳宗、成実宗、律宗であるが、三論の寓宗である成実、法相の寓宗である倶舎を除くと、実質的には四宗で、その中でも、当時は三論宗と法相宗が力をもっていた。龍樹菩薩や、天親菩薩の御宗派ではあるが、それ以外は浄土教とは無関係の気がしていた。しかし、よく考えると、法然聖人の批判の急先鋒である、明恵上人も、解脱上人(貞慶)も、共に南都の僧であり、浄土教にも明るくて、専修念仏の立場を真っ向から批判している。

 その背景には、日本独自の山岳仏教(修験道)や、源信和尚の影響などもあるやうだ。また、本宗だけでなく、より広くまざまな教えを修める兼学が、当たり前であった。

 彼らのように、南都六宗を本宗としながら念仏による極楽往生を目指した僧侶が、一定数あったという。その場合、自己の依って立つ本宗と教義的に矛盾する浄土の教えを如何に会通するのかが、大きな課題になっていた。またその時々に問題になった課題もあった。にもかかわらず、法然上人の「選択本願念仏」の立場から、それをすべて収めてしまった。「本願」であるかかどうの一点で、選捨されていったのである。当然、その捌き方に納得いかなかったことも、弾圧の背景になっていたのだというのだ。

 詳しくない世界なので、これからが楽しみ。

 

|

選挙と夜桜と

Img_2035     O家の帰路、東寺を経由して、ブラブラ帰る。東寺が夕陽に映えてきれいだった。

帰宅し、母を乗せて期日前投票に向かう。また東寺の前を通ったら、夜桜見物の長蛇の列にびっくりした。サクラのライトアップ中だが、今日Img_2033が満開、しかも土曜日、陽気もいいと、好条件が重なった。入場口の東門から始まり南門まで列が続いている。東寺の有料区間の境内は、それほど広くはないが、こんなに大勢の人が押しかけているのに、驚いた。もちろん、夜桜は見ていない。

 さて、統一地方選挙である。京都市南区は、京都府議は無投票なので、自民、共産、公明で決まっていた。

Img_2024  京都市会議員のみを投票する。3人で出向いたが、アッという間に終わった。

翌日の結果では、こちらも前回と同じで、自民2名、共産2名、公明1名という現職の当選。府会も市会も、政党の構成は同じた。

Img_2028  それよりも、驚いたのは、投票率の低下だ。市会はとうとう40%を切り30%台に入った。市会のみの南区は、その 中でもさらに低い。つまり有権者のうち、2/3近くは投票していないということだ。昔は、その反対(1/3程度が投票しない)だったのに…。

Img_2039   夜桜の長蛇の列に比べて、政治への無関心ぶりが心配になる結果。

 

|

ココログの不具合続く

 3月にリニューアルされたココログ(ブログ)の不具合は、4月に入っても続いています。このペースの解消なら、令和になっても続くのかも。恐ろしい~

 何事も新しくなると、慣れた手順を変える必要があり、慣れるまでは不自由なもの。しかし、いま不具合は、シススムそのものの破綻か。利用者の声を聞かずに、@niftyの都合だけで行ったとしか思えない、改悪です。無料提供の利用者は「無料なのでしかたない」という声もあるけれど、有料利用者からは、強い不満が続出中。「恥を知れ」とか「損害賠償します」といった書き込みまで。その気持ち分かります。

 公式には「不具合が解消されています」ということですが、実際は、1日に1つの解消程度で、亀の歩み。昨日までよかったのに、翌日には違う箇所で不都合がでるということが、日常茶飯事で、いい加減にしてもらいたいですね。

 昨日からは、最新記事やカレンダーに反映されず、また新しい写真がアップできない状態が続いています。せっかく満開のサクラや、新しいリニューアルなって会館の写真を載せたいのに、残念。

 

|

例話? 零羽? いえいえ「令和」でした

 4月1日、5月からの新しい元号が発表された。エープリルフールではありません。その時間帯の特別ニュース程度かと思っていたら、各局とも特別番組で放映され、号外まで配られる狂騒ぶり。ちょうど外出中で、少し経ってから、カーラジオで知った。画像がないので、まずは言葉だけが入ってきた。「レイワ」? 一番に最初に頭に浮かんだのは、「例話」、次に「零羽」である。でも実際は、「令和」だった。

 新しい呼び名には無関心ではなかったが、しかし、お祝いムードとか、浮かれた気分にはまったくならず、歴史的な転換期とも思わない。むしろ、世間の商魂たくましさや、無自覚な熱狂ぶりに、冷めた目を向けている自分がいる。やはり、根っからの変わり者か、ひねくれものなのであろう。

 お釈迦様のお誕生は、紀元前のはるか昔。その仏法が日本に入って来た時も、日本の最初の元号である「大化」より古い昔のことだ。そんな壮大な流れを汲み、仏法者としての矜持もあるからだろうか。
 

 

|

ココログにストレス

頼みもしていませんが、3月19日、ココログのブログシステムが、リニューアルしています。ところが、いまでに閲覧しにくい状態が続いています。スマホや携帯から、見入られないという連絡も、複数の方から受けています。 申し訳ありませんが、もし、表示されない場合、一度戻るボタンで戻って再読み込み(再度記事リンクをクリック)をお試し下さい。
書き込みも、写真のアップも今のところ、不自由極まりありません。すごく時間がかかって、ストレスです。このままの状態なら、乗換も考えています。しばらくご容赦ください。

|

インドの夕べ

 Img_1417夜、お世話になっている旅行社と、インド観光局、航空会社のエアインディーが共催された、「インドの夕べ」という集いに招待を受ける。連れ合いが同席するのは、彼女の公演のCMしようという魂胆があった。

Img_1418 三条木屋町を上がった奥にある「ムガール」というインド料理店が、会場。アショカやケララのインド料理店は知っているが、ここは初めてだ。観光案内の後、インド音楽の生演奏、そしてインド料理を堪能して交流しようという集いだ。

 旅行社関係なので、聖護院門跡や中仏の院長がおられる。仏画工房の方が同席。隣席は僧侶の方。時宗、天台宗真盛派、そしてImg_1420西山派と、日頃お会いしない他宗派の方と交流。不思議なことにお念仏をルーツにしている小さな宗派の形ばかり。

 連れ合いの公演を行信教校で観劇したという行信職員がおれた。ご挨拶をすると、その地域で聞いたことあるお名前。「もしかして○○さんとご縁ありますか?」と尋ねると、「父です」と。あー、それでは「初めまして」とご挨拶したが、この方も知っている。「仏の子供大会に参加しましたよね。養老の瀧が会場の時に、ケガをしだ…」「あああ、あの時の頭のキズまでありますよ」って。彼は、フィールドアスレチックの乗り物で、ふざせていてケガをしたのだ。子供大会始まって以来、傷害保険が役立ったレアケース。ご縁とはいえびっくり。盛り上がってもう一軒ご一緒した。インドに20回以上も通っているインド中毒。お連れ合いの方も、ぼくたちとは深いご縁とつながっていて、またひっくり。

 来年1月末に、第4回・インド仏跡巡拝を企画中だ。仏跡巡拝は10年ぶり。たぶん、ぼくの代では最後の計画になるだろう。ぜひ、ご一緒しましょう。

|

57歳

Img_1309福岡法座は夜座はなくて、しゃぶしゃぶ「あり田」での懇親会になる。

お参りは多かったが、懇親会への参加者は少なく、また酒を飲みのも4名だけだったが、おいしい料理を頂き、またずいぶん飲酒(おんじゅ)の罪を犯し、盛り上がった。

宴たけなわで、突然、電気が消された。「あれ?」と思ったら瞬間、Img_1300ハッピーバースデー トゥー ユー~~」の歌声。いや、こんなの久しぶりです。誕生日前後に、仏青研修会があった頃は、こんなこともありましたがね。はまったく予想していなかったサプライズでのバースディー・ケーキ。3時間ほど早かったですが、Img_1357びっくりしました。それにしても、ちょっとロソークは多すぎかなと、、。

翌々日帰宅したら、今度は連れ合いからのお祝い。こちらは、ちゃんと57本。

誕生日の前と後でしたが、お祝いうれしかったです。ありがとうございます。

|

お別れ

 子供たちがブラジルに帰国する日が来た。

 ブラジルまでの直行便はない。フランクフルト経由で、飛行機を乗り換えて24時間もかかる。今回は、乗り換えまでの待ち時間が8時間。京都を朝5時30分に出発したから、それも含めるとは40時間以上の長旅である。

 ブラジルとの時差は12時(昼夜が反対)だけでなく、季節も丸まる反対で、今、真夏で、今年の南半球は猛暑らしい。

 二人の成長する姿に触れられたり、また資質の変わらない良さに触れられた2ケ月。いろいろと感じることも多かった。ご法の歩みはゆっくりではあるが、今、見守っていくしかない。南無阿弥陀仏

|

浅野屋洋食店

Img_1147 連れ合いの運転で、子供たちと母と一緒に、名古屋の浅野屋洋食店に向かう。

Img_1149 前のお店には何度も行っているが、昨年の移転以来、ぼく以外はみんな初めてなので、みんな楽しみにしていた。

 久しぶりの名古屋までの遠出を少し不安に思っていた母に配慮して、他にはどこにも寄らなかった。それでも、お店だけでなくお店の回りも見たいとのことで、少し早めに到着し付近をImg_1160散策した。みな、初めてのお店に興味津々だった。

Img_1162 今夜はお店を貸し切りにしてもらい、シェフのおいしい料理を堪能した。姪っ子が着物でお迎えくれたり、普Img_1163段は観られない調理場を見せてもらったり、七はシェフの被る帽子に興味を持ったりと、その後もずいぶん話が弾んだ。4時Img_1164半にはお店に着いていたが、帰宅は0時を回った。車中も終始や賑やかで、最初は消極的だった母も、久しぶりの遠出のドライブを、一番喜んでいた。
 
 この調子ならば、また名古屋へのドライブ程度なら、まだまだ大丈夫なようで、ひと安心。

 御馳走さまでした。(ご馳走の写真はメーンの前で終わってます)

|

より以前の記事一覧