カテゴリー「聖典講座」の100件の記事

『観経』~正宗分~定善の概観(3)

  定善十三観のうち、正報観(阿弥陀仏、菩薩)である。

8第八観・像観…第八観から十三観までは、正報観である。宝座を観じたなら、その主である仏を観想するのである。それは仏が法界身であるからだ。しかし、いきなり阿弥陀仏を観想は難しいので、まずは端正な仏像を 観念する仮観が説かれていく。ここで『仏敵』で伊藤先生が拝まれる「水流光明」が説かれる。

9第九観・真身観…いよいよ阿弥陀仏の真身を観想するもので、定善の中心。
 念仏の衆生を摂取不捨(摂取して捨てたまわない)に仏意に達するのである。
 「光明遍照・十方世界、念仏衆生・摂取不捨」

10第十観・観音観…阿弥陀仏の両脇士のうち、まず左方の観世音菩薩観想する。
 阿弥陀仏の慈悲を顕している。

11第十一観・勢至観…次に右方の勢至菩薩を観じる。阿弥陀仏の智慧を顕わす。
 阿弥陀仏の化益の全きことを体認せしめるのである。

12第十二観・普観…以上、浄土と仏・菩薩を次第順序して観想してきたので、ここでは普(あまね)く合せて観ずると共に、自分が救われてその浄土に往生する想いをなす「自往生観」となる。その想いの行者のところに、常に観音・勢至等の諸菩薩が来たり摂護する。

13第十三観・雑想観…以上の諸観を最後に総合して観ずる。そして、仏身の大小真化を観ることも、行者の意楽(いぎょう)に従って自在である。
 このような観は、凡夫心力に及びところではなく、阿弥陀仏の宿願力のよることが説かれていく。
 宿願力=阿弥陀仏が法蔵菩薩としておこされた願を宿願(昔の願)といい、その願が完成し,願い通り衆生済度する働きを宿願力という。

 10月からは、詳しく中身を窺っていきます。

http://keko-kai.la.coocan.jp/event/2018/detail/10/seiten2018-10.htm

 

|
|

『観経』~正宗分~定善の概観(2)

 まず、定善十三観のうち、依報(国土)観である。

1第一観・日想観…仮観。思いを西方浄土にかけるために、日の沈む方向を正視させる。浄土の真境を直ちに観る前段階で、この世界の日没所を借りて西方浄土の方向を教えるので、方便の観。

2第二観・水想観…仮観。娑婆の水平線を観て、水が氷となって透きとおり、瑠璃 の光りとなることを観想する。そこから浄土の大地が平坦であることを教える。 日想観と同じく方便の観。浄土が、平等普遍の徳があることを示している。

3第三観・地想観…この第三観から第七観までが、直ちに浄土の依報(国土)の荘厳相を観想させる真観となる。先の水想観を手がかりに、浄土の七宝の宝池は、清らかな瑠璃のように美しく、一点の曇りなく大地の底まで光り輝いていることを観想させる。

4第四観・宝樹観…浄土の宝樹を観ぜしめ、浄土の地上荘厳のすべてを観想させる。

5第五観・宝池観…浄土の宝池を観ぜしめる。宝池に流れる水の声は、悟りの法を 説き、水の光から生ずる百宝の色鳥は、常に念仏・念法・念僧の讃嘆する説法。

6第六観・宝楼観…浄土の宝楼を観ぜしめる。宝楼の中の無量の天人が、自然の音 楽を奏で、その音は虚空に満ちて、念仏・念法・念僧の讃嘆する説法となる。

7第七観・華座観…宝樹・宝池・宝楼とひろく浄土の荘厳を観したから、浄土の主たる阿弥陀仏を観想するために、仏の宝座(華座)を観想させる。ここまでが、依報(国土)観であると、善導様ご覧になられた。
 ここで、釋尊が「苦悩を除く法を説こう」と述べられると、突然、阿弥陀仏が韋提希の前に姿を顕される(住立空中尊)。

|
|

『観経』~正宗分~定善の概観(1)

 スクリーングを午前で終えて、午後からは通常の聖典講座である。 ここから参加者が増えて、いつもよりお参りが多かった。 かなり堅い話が続くので、興味のない方は、読み流してくださって、結構です。

 『観経』も序文、発起序七縁が終わり、正宗分(本論)に入った。韋提希夫人の要請に応じて、浄土往生の方法が段階的に説かれていくのである。

 ここを善導様は、大きく(1)定善十三観と(2)散善三観(九品)とに二分科されている。
(1)まず、定善十三観とは、息慮凝心-精神統一をして、淨土や阿弥陀仏などを観想 する十三の観法で、中心は、第九観の真身観(阿弥陀仏の相好を感ずる)である。
(2)続いて散善三観(九品)、精神統一が出来ない者の行で、廃悪修善(悪を廃し、善を修める)が説かれている。『大経』の三輩(上・中・下)段に対応し、さらにそれぞれを、上生・中生・下生の九品に分類する。発起序七縁の「散善顕行縁」では、三福(世・戒・行)として散善の行が明らかにされている。それで、三福九品ともいう。最後の下品では、悪人のために念仏が説かれていくのである。

 そのうち、今日から(1)定善十三観になるので、その概観を窺うことにした。

 この定善十三観であるが、聖道諸師方と善導大師の分類の相違がある。
 善導様は、正宗分を定善十三観と散善三観(九品)に分類されている。しかしそれまでの聖道の諸師は、十六種類の観法として捉えていた。散善それぞれに「これを上輩生想と名づけて、第十四の観と名づく」「これを中輩生想と名づけて、第十五の観と名づく」「これを下輩生想と名づけて、第十六の観と名づく」と説かれているからである。それを第十二観(普観)が、自身の往生を思い浮かべる「自往生観」であるのに対して、この九品段を、他の衆生が往生する姿を浮かべる「他往生観」だと見られたのである。
 それに対して、善導様は、定善十三観までは韋提希夫人の要請に応えた説法で、その行に耐えられない凡夫のために、釋尊自らが散善を説き開き、序分の「散善顕行縁」で三福(世・戒・行)を述べ、そのありさまを詳細に知らせるために九品に分類されたとご覧になった。それで、定善十三観と散善三観を二分科されているのである。

 さて、観察(かんざつ)行は、
天親菩薩は、五念門に第四番目に観察門を、
善導大師は、五正行の第二番目に観察正行を、それぞれ説いておられるように、浄土の行法としてたいへん重要なものである。

「止観」とは、心を静め、疑惑に心を見出されることなく集中して、仏や浄土を観察することで、仏道修行の中心だ。天台宗では「摩訶止観」と呼ばれ、根本教義でもある。つまり、。
 止-梵語シャマタ(sanatha) 奢摩他=作願・定
 もろもろの心の邪念や雑念、思いを止め、心を静かにひとつの対象に集中し、
 観-梵語ヴィパシュヤナー(vipasyana) 毘婆舎那=観察・慧
 正しい智慧を起して、対象(浄土や仏)を観るのである。

そんなことを踏まえた上で、定善十三観の概観した。これは、依報観(浄土)と、正報観(仏・菩薩)に二分科されるが、それぞれに、仮観(方便の観)と真観がある。それを分類すると以下のようになる。

           ー仮観ー第一観・第二観(方便の観)
      依報観
           ー真観ー第三観~第七観
定善十三観
           ー仮観ー第八観    (方便の観)                 
      正報観
           ー真観ー第九観~第十三観
 

|
|

浄土三部経の役割

  聖典講座スクリーング法座は、浄土三部経の役割に触れた終わった。

 浄土真宗の根本聖典、正依とする経典は「浄土三部経」-『仏説無量寿経』(大経)『仏説観無量寿経』(観経)『仏説阿弥陀経』(小経)である。
 親鸞様は、この三経に顕説(表に見える立場)と、隠彰隠された真意)の意があるとご教示くださった。
  まず顕説、表に見える立場では、
『大経』は18願の他力念仏往生
『観経』は19願の自力諸行往生
『小経』は20願の自力念仏往生
と、三経に真仮の差別があると見られたのである(三経差別門)。

 しかし、隠彰(隠された真意)の立場からは、
『大経』が18願を勧めるように、
『観経』も自力諸行を捨てて他力念仏に誘引し、
『小経』も自力念仏から他力念仏を勧めるので、
三経が一致して、第18願の立場で一つの意だと見られている(三経一致門・一意門)。

 しかも真実の立場で一致した三部経には、それぞれの役目があること詳しくお説きくださったのは、覚如上人のご指南である。すなわち、
『大経』は法の真実を顕し、
『観経』は機の真実(法の目当ては誰なのか)を顕し、
『小経』は機法合説証誠(機と法を合せて、真実であることを証明する)の立場である
これが三経一致門・相成門である。
 結局、ただ法の真実があるだけなく、その法に照らされ、そのお目当てが誰なのかを知らされねば空しいということになる。そしてそれは諸仏方が讃嘆し、法も機も真実であることが証明されてこそ届くもでのである。

 そのことは、法座の構造、三量にも当てはまるのではないだろうか。
 聖教量(説教・法話)はいわば教えで、法の真実を示すものだ。
 しかし、それだけではダメで、その教えが確かに衆生(私)上に届いてこなければ意味はない。それが現量(領解出言・信仰体験発表)であって、いわば本願のお目当てを体解したところが語られるところである。
 そしてさらに比量(談合・信仰座談)として、同行の仏徳讃嘆の声となり響き合い、法の真実、機の真実が証明されていくというのである。

 そうなると、現状の真宗界はどうであろうか。そんなこともいろいろと考察させていただいた。

|
|

四十八願のこころ(17)~第三十三・三十四願

「たとひわれ仏を得たらんに、十方無量不可思議の諸仏世界の衆生の類、わが光明を蒙(こうぶ)りてその身に触(ふ)れんもの、身心柔軟(にゅうなん)にして人・天に超過せん。もししからずは、正覚を取らじ。」(第三十三願・触光(そくこう)柔軟の願)

「たとひわれ仏を得たらんに、十方無量不可思議の諸仏世界の衆生の類、わが名字を聞きて、菩薩の無生法忍、もろもろの深総持(じんそうじ)を得ずは、正覚を取らじ。」(第三十四願・聞名得忍(もんみょうとくにん)の願)

 第二十一願以降は、第二十二願(還相廻向の願)から展開して「浄土に生まれて仏となった人々」への願いが中心です。その中でも、この三十三願からは、少し展開があって、あらゆる諸仏の世界の生きとし生きるものに誓われた願いです。

 第三十三願は、触光柔軟の願といわれています。阿弥陀さまの光明に触れた者、つまり摂取の光明におさめられた者は、身も心も柔軟になり、世に超えたすぐれた者にしてやりたいという願いです。身心柔軟とは、おだやかで、温かく、和らいだ如来さまのように、あらゆるものを温かく受容することのできる身心になることです。すべて阿弥陀さまの光明の慈悲面のお働きによるのです。

 そして、次の第三十四願は、聞名得忍の願です。今度は、聞名、つまり南無阿弥陀仏の御名を聞くことによって、必ず最高のさとりを得ることに間違いない身となって、六字の功徳を受け取れないようなら私は仏にはなりません、という願いです。

 「無生法忍」とは、菩薩が無分別智を起し、真如法性を悟ることです。親鸞さまは、この世で受ける他力信心と頂いておられます。いまは、阿弥陀さま六字のお働きによって、浄土往生に決定するご信心ですね。

 また「総持」とは、真言などでいう陀羅尼(だらに)のことで、み教えの精要を一言の言葉に収めた章句のことです。しかも深い総持とありますから、あらゆる功徳を欠け目なく収めた六字の名号にほかなりません。つまり六字の功徳を頂き、そして深く妙なる智慧を得るということになるのです。

 親鸞聖人は、この二つの願を大切にされ、『信巻』に連続して引かれています。そして、ほんとうにお念仏を喜ぶ「真の仏弟子」が、この世の中で受けるお徳として仰いでおられます。

|
|

『観経』「定善示観縁」(2)権化の仁

 『観経』の発起序も、今回は「定善示観縁」といわれるところで、これから説かれる十三種の定善が浄土往生のための観法であることを示される段である。
 ところで、ここは「韋提凡聖論」、つまり韋提希夫人は、凡夫か、聖者か、その権実が問題となってくる。これは、結局、『観経』が誰のために説かれた教えなのか、お救いのお目当ては誰かのかという問題である。

 まず、これまでの中国の聖道の諸師方は、韋提聖者説を取っておられる。
  阿闍世や提婆達多も含めて、初地以上の大菩薩で、聖者。自利利他の悟りを完成させるために、仮に女人や悪人の姿を示された。この世で阿弥陀仏を目の当たりにし、無生法忍(七地~九地)を得られたのは、既に順忍(四地~六地)の境地の菩薩であったからだと。つまり、これらの方々は、従因向果(因より果に向かう)の菩薩の変化で、仏果に至るために邁進する自力修行中の聖者の仮の姿といただかれたのである。

 それに対して、善導大師は、韋提実凡夫説である。実業(もともとからの、根っからの)凡夫である。それを示すために、わざわざお釈迦さまは韋提希夫人を指さし、「汝是凡夫・心想羸劣」=「なんじはこれ凡夫なり。心想羸劣にして‥」と示されているのだと。つまり、我々と同じ実凡夫であると観られている。
「羸」(るい)とは見慣れない漢字だが、(1)やせる(2)つかれる(3)よわい(4)わるい、粗末の意味がる。劣は、もちろん劣っているという意味なので、心も、そこに想うことも、粗末で劣っており、天眼通などもなく、遠い世界を観ることもきないといわれた。

  では、そんな凡夫が、どうして浄土や阿弥陀仏を観察したり、「無生法忍」のさとりが得られるのか。そのこともここに示されている。つまりは、仏願力によってのみ、未来の凡夫も浄土を観察して、そして「無生法忍」を得しめられるというのである。善導様は、『観経』は決して聖者のためだけの教えではなく、われわれ凡夫のための教えである(為凡の教)であることを示されたかったのである。

 ところが、親鸞聖人は、善導様のお示しがあるにもかかわらず、韋提希夫人たちを、菩薩が仮に現われた姿と御覧になった。しかし、それは聖道のお祖師と同じ心ではなく、そのお心は善導様と同じである。なぜなら、彼らは、「権化の仁」として、従果向(降)因(果より因に降りた)の還相廻向の菩薩であって、大悲教化の利他の活動相を示されているとみられている。つまり、われわれ泥凡夫を哀れんだ仏が還相廻向し、悪人や凡夫の姿を仮で大芝居をして、私達に弥陀の本願、他力念仏のお目当てが、このような悪人、凡夫であるというお示しだとみられている。そのことを、親鸞さまは、ご和讃や『総序』でご教示下さる。

「しかればすなはち浄邦縁熟して、調達、闍世をして逆害を興ぜしむ。浄業機彰れて、釈迦、韋提をして安養を選ばしめたまへり。これすなはち権化の仁、斉しく苦悩の群萌 を救済し、世雄の悲、まさしく逆謗闡提を恵まんと欲す」と。

『総序』のこのご教示は、殊の外、有り難い。

|
|

『観経』「定善示観縁」(1)概要

  今月2回目の聖典講座は、 『観経』の発起序で、「定善示観縁」である。前回の「散善顕行縁」で、釋尊のご説法が始まって、三福、つまり散善の行が明らかにされた。今回の「定善示観縁」は、これから説かれる十三種の定善が浄土往生のための観法であることを示される段である。

 (7)定善示観縁【八】発起序七縁の七(じょうぜんじかんえん)
 まず、釋尊が阿難と韋提希に対して、「これから、煩悩に苦しむ未来のすべての凡夫のために、浄土往生のための清らかな行を説こう」と述べられる。
 そして、「極楽世界を想い描くことは凡夫の力だけではできない。曇りない鏡がないと自分の顔が分からないように、仏さまの力によって清らかな浄土を観ることができ、そして無生法忍というすぐれたさとりを得ることが出来る」と述べられる。
 さらに、釋尊は韋提希を指さして、「あなたは愚かな凡夫で、心の働きが弱く、天眼通もない。しかし、仏には特別な手立てがあり、極楽世界を目の当たりに見せることが出来た」と。
 すると韋提希は、「私は、いま仏さまのお力で極楽を拝見できました。しかし釋尊の入滅後、悪業煩悩に汚れ、様々な苦悩に責めれている未来の人々は、どのようにして阿弥陀仏や極楽を観ることが出来るのですか」と問い、定善十三観が説かれる縁が整うのである。

 定善とは、息慮凝心-慮りを息(や)め、散り乱れる心を凝らして禅定に入り、淨土や阿弥陀仏などを観想する観法。これ以降、正宗分(本文)に入り、十三通りの観法が順次説かれるのに先立ち、定善が浄土往生のための観法であることを示す序縁の意。またそれが、仏力によって成就される観であること示されている。
 親鸞様はここを
  「定善は観を示す縁なり」(『化巻』388頁)      
  「観は願力をこころにうかべみると申す、またしるといふこころなり」(『一多』691頁)
と、「(自力の)定善は、他力の信心を示す縁」と、他力のこころに転意されている。

|
|

『観経』「散善顕行縁」(3)~散善、三福の行とは?~

 今月は、「聖典講座」が2回あった。日高から戻って、レジュメの作業に入り、臨む。
 今回は、『観経』の発起序の最後、「定善示観縁」である。ただ、このブログでは、前回の「散善顕行縁」の後半、つまり三福、散善とは何かに触れていないので、定善に入る前に、簡単に述べておこう。

 散善とは、日常の取り乱した心のままで、悪を廃して善を修めていく行だ。定善十三観のあとに説かれる「九品段」に詳しいが、それに先立ち、散善を三福の行として、それが往生の行であることを予め顕す縁という意で、善導さまが「散善顕行縁」と名付けられた。そして、釋尊自らが散善を開かれたと、善導さまはみておられる。

 福をもたらす三種の善行、つまり三福を説いておられる。要約すると、次の三つで11種類の善行がある。

(一)世福=世間倫理的な善
 (1)孝養父母(親孝行に励む)
 (2)奉事師長(師や年長者に支える)
 (3)慈心不殺(慈しみの心で、殺生をしない)
  (4)修十善行(一不殺生、二不偸盗、三不邪淫、四不妄語、五不両舌、六不悪口、七不綺語、八不貪欲、九不愼恚、十不邪見)

(二)戒福=戒律を護ること。小乗の善
 (5)受持三帰(仏・法・僧の三宝に帰依する)
  (6)具足衆戒(衆戒-もろもろの戒を守る。五戒、八戒、十戒、具足戒 二五〇戒など)
  (7)不犯威儀(威儀=規律にかなった立ち居振る舞いをする)

(三)行福=自利利他行の大乗の善
 (8)発菩提心(さとり求めるこころをおこし)
  (9)深心因果(深く因果の道理を信じ)
(10)読誦大乗(大乗経典を口にとなえ)
(11)勧進行者(他の人々にもそれを教え勧める)
 特に、11番目の他の人々への働きこそが、利他行である。

 これが九品に配当されていく。詳しくは、また九品段で紹介するが、簡単に述べると、
(三)行福は、上品上生~上品下生
(二)戒福は、中品上生~中品中生
(一)世福は、中品下生となる。
 では、善をなせない、悪人の下品の者たちのはどうなるのか。念仏の行が示されるのだが、その時に詳しく。

|
|

『観経』「散善顕行縁」(2)~去此不遠~

 ところで、ずっと沈黙して、愚痴を受け止めて、光明で済度されていた釋尊が、開かれた第一声が、「阿弥陀仏、此を去ること遠からず。」というのは有り難い。

 古来より、「去此不遠」は、『大経』や『小経』との違いが問題にされている。すなわち、『観経』が「此を去ること遠からず」に対して、

 「法蔵菩薩、いますでに成仏して、現に西方にまします。ここを去ること十万億刹なり。」(『無量寿経』)
 「これより西方に、十万億の仏土を過ぎて世界あり、名付けて極楽といふ。その土に仏まします。阿弥陀と号す。」(『阿弥陀経』)

と『大経』や『小経』では、「十万億刹」も離れている表現されているのをどう会通するのか。この点に関しても、善導様は『序分義』で、三義を建ててご説明下さっている。すなわち

一、分斉不遠の義-分斉を「程度」とすれば、二十万億刹や三十万億刹等の諸仏の国に比べれば、遠くないといわれる。また分斉は「境界」ともとれる。

二、往生不遠の義-浄土への道のりは遠く説かれていても、往生する時は一瞬なので(一念即到)、遠くはない。

三、観見不遠の義-観念の行が成就すれば,浄土も如来も心眼に映り、常に眼前だ。

ということになる。

聞法の上でも、最初は、浄土も阿弥陀さまを遥かに遠い。ともすれば、私の方で遠い存在にしてしまっている。しかし、阿弥陀様の側から見ればどうだろうか。西方極楽浄土を離れたまわぬ阿弥陀仏ではあるが、同時に、大悲の働きからみれば、形に影が離れないように、常にこの我が身に寄り添い、護ってくださっているということになる。
ならば、遠いところに追いやって、人事として聞法していては、余りにも勿体ないではないだろうか。(続く)
Img_6887
  ↑若き日の悟朗先生の書(二階の階段に掲示)

|
|

『観経』「散善顕行縁」(1)~概観~

『観経』の発起序に入って、今回は「散善顕行縁」(発起序七縁の六番目)の後半。

 ここまで、一言も発せず、韋提希の愚痴を受け止め、光(智慧)によって恵みを与えておられた釋尊が、その機縁が熟したことを見抜き、言葉を発して、韋提希のためのご説法を始められ、散善の概説が説かれる段である。

(1)まず、「阿弥陀仏、此を去ること遠からず」であることを示され、韋提希の要請を受けて、観仏の行を説くと述べる。それは、西方極楽浄土にうまれる行をおさめようとする未来世のすべての者のためでもあると述べられる(為凡の教)。

(2)そのために三福の善行が説かれる。

(3)続けて韋提希に、この三福の行は、過去・現在・未来のすべての諸仏方がなされた清らかな行であり、諸仏の浄土を建立された正因であることが述べられる。

 この段を、善導様は「散善顕行縁」と名付けられた。散善とは、日常の取り乱した心のままで、悪を廃して善を修めていく行である。詳細は、後の九品段で述べられるのだが、それに先立って、散善が往生の行であることを予め顕す縁という意である。また、善導様は、釋尊が自ら散善を開かれたと見られている。
 ちなみに親鸞様は、「散善顕行縁」を「自力の散善は、他力念仏を顕す縁」と転意をされて味わっておられる(『化土巻』388頁)。(続く)

|
|

より以前の記事一覧