« 報恩講~初心忘るべからず | トップページ | ARU「聞こえない波」 »

報恩講~法然上人のご恩徳~

 夜座は『御伝鈔』の拝読。今年は下巻第一段から第四段まで。拝読も、三年目になるとかなり慣れてきて、余裕もでてきて、それらしく聞こえて来るようだ。

 親鸞聖人のご恩徳を明らかにし、そのお徳に報うていくのが、報恩講である。報恩講は、覚如上人が、親鸞聖人三三回忌に始められて以降、今日まで一度も欠かされることなく700年以上続いているという。その時、拝読する『御伝鈔』は(正確には、伝絵で、そこから言葉の部分が『御伝鈔』、絵画の部分が親鸞聖人『御絵伝』である)、その三十三回忌の翌年、覚如上人が26歳の時に作製されたもので、その後、報恩講では欠かさず拝読されるようになった。

 今回は下巻なので、冒頭の第一段が、流罪の顛末を聖人の『化身土巻』の後跋(ばつ)から引用しておられる。師資遷謫-「ししせんちゃく」で師匠と弟子が共に、流罪に遭うという意味-の段に始まり、第二段は稲田興法で、流罪によって関東に真実仏法が流布したのも、六角堂での聖徳太子(観音菩薩)の夢告の通りだったことを示し、第三段では、山伏弁円(後の明法房)の帰依、救済が示される。そして関東での布教を終えて帰京される聖人は、ただ人ではなく、まさに弥陀の化身であることを「箱根霊告」をとして示唆されていく。若いころは、馴染めなっ方この第四段も、今では、そのまま有り難くいただけるようになった。それは親鸞聖人だけではない。親鸞聖人からすれば、御師匠様の法然上人こそが、勢至菩薩の化身であり、究極は、弥陀の化身であることを喜ばれていくのである。  

 浄土真宗なので、聖人のご恩徳、ご苦労は常にお聞かせに預かっている。では、同じように流罪になれらた法然上人はどうか。とうしても、浄土宗の開祖ということで、親鸞様に比べると、今日の真宗ではその比重がけっして重くはない。が、しかし、法然様がおられなければ、親鸞様の活躍もなかったわけだし、「師資遷謫」の段名が示すように、法然上人こそ、専修念仏の門徒たちの先頭にたち、法難、弾圧の矢面に立たれ、命をかけて真実を貫かれたことは、決して忘れてはならないことである。それで、親鸞聖人ではなく、法然上人が度重なる法難の対処された姿勢や、承元の法難で流罪となられた顛末を頂くことにした。 

 主に、長く講読中の「法然上人行状絵図」(「四十八巻伝」とも言われる)によって窺うことにした。

 まず元久の法難の顛末、そして(親鸞聖人が釋綽空時代の署名が残る)「七ケ条起請文」や前関白九条兼実公の天台座主へのお手紙、さらには法然上人の「登山状」などの一部を頂きながら、承元の法難(流罪)の経緯をしめして、法然上人が流罪道中、遊女(2月の仏青大会ではこの地を窺います)や漁師など、涙と共に業に生きざるおえない悲しみを抱えた凡夫への、温かくも、深いお言葉をいただいた。それは、親鸞聖人の流罪やその後のご布教の態度と、まったく符合するものであった。当たり前といえば、当たり前のことではあるが、お二人とも、ただ人ではなく、弥陀の化身といわざるをおえない姿が、この非常事態に明らかになってくるのである。後の私ども、そのご恩徳をただただ仰がざるをおえなかったのである。親鸞聖人の報恩講に、その善知識であられる法然聖人のご恩徳を明らかにさせていただけるご縁を頂き、ほんとうに有り難かった。南無阿弥陀仏

|

« 報恩講~初心忘るべからず | トップページ | ARU「聞こえない波」 »

法座と聞法」カテゴリの記事