« 比叡山へ(1)~修復工事中の根本中堂~ | トップページ | 比叡山へ(4)~黒谷青龍寺~ »

比叡山へ(2)~椿堂~

 車なら比叡山ドライブウェーを使えば(別料金になるが)、すぐに西塔につく。

 駐車場からは、すぐのところに目的地の椿堂があった。 

Img_6513

   思っていたよりも、ずいぶん近く、また小さなお堂であった。もうすっかり忘れていた。

Img_6518

 聖徳太子1400年御遠忌を記念して、この椿堂がご開扉されている。その伝承されるおいわれはこうだ。「その昔、比叡山に登られた聖徳太子が、山の一角に光を放つ霊地を見つけられ、そこにお堂を建立され、守り本尊である観世音菩薩を安置された。そしてそこ持っていた椿の枝を突き刺されたら、その枝がみるみると成長して大きな椿となり、いつしか椿堂と呼ばれるようになった」というのである。もちろん、その後、焼き討ちにあって再建されたものである。

Img_6533_20221111003101

 本尊の千手觀音像が光り輝いていた。この中に、胎内仏として弥勒菩薩像も収められているのだが、現在、国宝殿で見ることができるが、もちろん初公開である。

Img_6528

 せっかくの勝縁です。機会があればぜひお参りください。12月4日まで、開扉中。

Img_6519

|

« 比叡山へ(1)~修復工事中の根本中堂~ | トップページ | 比叡山へ(4)~黒谷青龍寺~ »

京都」カテゴリの記事