« 手作り | トップページ | ご縁がない »

親ごころ

 北海道に帰省していた連れ合いが、大きな荷物を引きづるように帰ってきた。

 当初は、都会からの帰省は止めるつもりだった。姉が東京で働いていることもあって、義母が迷っていたからだ。それでも、横浜にいる義姉の呼びかけでお盆をずらし、姉妹で戻ることになった。実家は、自然豊かな果樹園で、庭先にキツネやオコジョ、こんな立派な角をもったシカまで現われるようなところ。他の人への影響はないのだが、やはり高齢の両親が心配だったのだ。

Img_1296
<ここが庭というのもすごいけど↑>

  連日38度越えの猛暑の京都から夜は肌寒い北海道。そして、留萌での超豪華ウニ丼(バフンウニ・5000円也!)と、短い間の北海道を満喫していた。

Img_1284
<馬糞のネーミングはどうなの?↑>

 そして、抱えきれないほどの大量の北海道の幸を、カバンを引きずるようにもって帰って来た。スモモやブルベリーは本職だが、立派なきゅうりやなすびなどの野菜は、出発直前に線に庭からもいできたものだという。いや~有り難い。他にも、地元深川の名産品に、北海道の定番の土産が並ぶ。写真にはないか、山のようにお手製のパンや肉類もあった。いつも「車でなくて、飛行機なのよ」と困りながら、時間ギリギリまで荷物に詰め込まれて、時には追加料金が必要なほどものお土産。

Img_0605
Img_0611
Img_0613

 親おもう こころにまさる 親ごころ

|

« 手作り | トップページ | ご縁がない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事