« インド仏跡(16)霊鷲山 | トップページ | 講習会にたどり着くまで »

インド仏跡(17)ガヤの街とバザール

 ブッダガヤと霊鷲山というハイライト二ケ所に加えて、世界遺産のナーランドという濃厚な一日を終えた。翌朝、やはり5時起きをして、「ブッダ最後の旅」の行程を行く。王舍城からナーランダ、パトナを通って、バイシャリーに向う。そこからケサリナ仏塔にお参りして、涅槃の地のクシナガラへと入るのだ。今日も、長時間のバスの旅となるのは覚悟の上だ。 
 車窓からの長めも飽きることはない。道路の眺めだけでもワクワクする。しかし、悪路と渋滞には、閉口するしかない。
 ブッタガヤからすぐ、ガヤの街にはいった。ガヤーシーサー(象頭山)見える。この地でのカッサバ三兄弟の帰依によって、仏教教団は、一気に1000名を超す大所帯となり、また燃焼の法話で有名の地だ。

Img_5737
 ガヤやその郊外のバザールは賑やかで、カラフルな色調が賑やか。その一部をご紹介。
Img_5750
Img_5749
Img_5771
チャイ用の素焼き。使い捨て↓
Img_5773
魚屋↓ 日本の衛生概念などぶっ飛ぶ
Img_5756
ニワトリは生きたままで↓

Img_5775
昔から変わらないサトウキビジュース↓
Img_5765
Img_5754
Img_5743
 

|

« インド仏跡(16)霊鷲山 | トップページ | 講習会にたどり着くまで »

旅行・地域」カテゴリの記事