« 最上山もみじ祭 | トップページ | 華光誌と年賀交換 »

東海支部法座~一歩の踏み出し~

 今回の東海支部法座は、岐阜県の初めての会場だった。

 詳細には触れることができないが、どうかこの地もお念仏の声が響く法地となることを願っている。

たとえそこに長き歴史があり、すばらしい宝物や寺宝があったとしても、今、そこに仏法がなければ意味はない。仏法は、ここに集う人達の念仏の声として立ち上がる。そしてそれが一時の狂騒ではなく、その地に根付いて相続されるには、この地に響いた念仏の声が、その畳に、柱に、そして仏壇にしみこむまでの時も必要である。それは途方もい遠いみちのりであるかもしれないが、どんなことで、小さな第一歩から始まるのである。逆にいうなら、どんなに素晴らしい理想も、現実にその一歩が踏み出されることがなければ、机上の空論に終わる。

Img_4570

 その一歩が踏み出されたことが尊かった。南無阿弥陀仏

Img_4575



|

« 最上山もみじ祭 | トップページ | 華光誌と年賀交換 »

法座と聞法」カテゴリの記事