« 現代に『往生伝』は有効化か(2) | トップページ | 高山法座は篤かったか? »

さよなら、やさしい愛妻号

 数年前から兆しはあった。

 やさしいといっているのに、地震かと思うほどの振動。もしかして、爆発するのかと思うほどの爆音。

 それが、この1年、洗濯時間が表示より、2倍、その後3倍(45分とあるのに2時間でもまだ無理)とかかるようになった。水がチョロチョロしか出なくなったのだ。会館修繕時に、電機屋さんに見てもらったら、もう修理が難しいとのこと。まあ、時間はかかっても壊れるまではということになったが、もうアッという間に壊れた。

 公演があったので、その間は、母のところの洗濯機にご厄介になって、この度、購入を決めた。

 製品は連れ合いが選んだ。そのあと、ネットで調べ、量販店で調べて、損をしないように考える。これがなかなか曲者だ。値段が安く、配送料無料とあっても、設置料がべらぼうに高かったり、リサイクルの引取運賃が高かったり、逆に高いようでポインで割安だったりと、例によって心を悩ませた。結局、総合的に、家電量販店の大手のサイトが、一番お得ということがわかった。そのままネットで買ってもよかったが、そこなら京都駅前にあるお店なので、もう一度、現物を見てから購入することにした。

 で、お店に行ってまた驚いた。同じお店のサイトなのに、ネット販売よりもさらに9000円も安かったのだ! 即、決定かと思ったら、ここで連れ合いが悩みだした。10キロは大きすぎるので8キロと決めていたのに、その中間の9キロがあったからだ。どうも1階の現状よりも3階の8キロの洗濯機が小さく感じるというのだ。でも、感じるだけで、実際の数字ではないので、なかなか決まらないので、話を進めることにした。

 で、結論はよかった。もともとのものは6キロしかなく、やっぱり感じの問題だけ。その日のうちに、無事に納入されました。

 掃除機、電子レンジ、炊飯器、ドライヤー、デロンギ、そして洗濯機と、妻と共に新しくなって、「いよいよ冷蔵庫だね」と、次に最大の大物が狙われている。

 やさしい愛妻様、長年にわたりありがとうございました。さようなら。

Img_2387

|

« 現代に『往生伝』は有効化か(2) | トップページ | 高山法座は篤かったか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事