« 「聞法旅行」再募集 | トップページ | 加藤剛氏の訃報 »

残念!~広島真宗カウンセリングWScも中止

 聞法旅行の中止後も、水害のニュースが気になる。真宗カウンセリングWSが、11日~13日の日程で、広島県廿日市市の山沿いの温泉施設であるからだ。

 タッグを組む世話人は被災地の呉の方。電車も車も通行が不通で、海上からの移動手段しかないという。刻々と広島の被害が深刻で、広範囲になっている。会場は、方角が異なるが、山の中で、臨時休業中で連絡がつかない。

 大阪、京都、三重、福岡の参加者はあるが、半数は広島の方だ。呉の皆さんは不参加である。広島は各地で、交通が遮断、断水、物資不足や、中心部でも車の大渋滞と、。中止やむなしの状況だ。最終判断は地元の方におまかせした。

 結果、中止となった。

 この3年間の流れから、何か新しいものが生まれそうな予感があったので、残念でならない。個人的にも、先日の「仏教カウンセリングを求めて」での気付きの成果をを活かす絶好のチャンスだったが…。しかし、中止も何か意味があるのだろう。

 月曜日にカウンセリングの方と打ち合わせた時、「今は休めというサインなのでしょうね」といわれた。確かに、この二週間、ハードな日程を覚悟していた。
 6日(金)に華光誌発送し、7日(土)~8日(日)が聞法旅行。8日夜には、町内会の会議。
 それから、11日(水)~13日(金)がが2泊3日間の真宗カウンセリングWSで、14日(土)仏青例会、15日(日)安芸高田市での広島支部法座、16日(月)大阪支部法座(セイセイビル)と、6日間連続で宿泊や法座の予定だったからだ。

 5日間も連続で出張法座がなくなったのは、初めて。ただ、中止や延期に伴う事務作業は予想外。多少は溜まっていた事務作業はおこうなうことができた。

|
|

« 「聞法旅行」再募集 | トップページ | 加藤剛氏の訃報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事