« 母の日 | トップページ | 「真宗カウンセリングの成立」~難しい~ »

外護の善知識

今年もピアノの調律に、日高からのWさんがおいでくださった。

お母様が強信な念仏者であった。ご本人も、華光会館に下宿し、子供大会や仏青で聴聞されていた。聞法聴聞としては、疎遠になっておられるが、ご喜捨くださったピアノの調律に、毎年、毎年、欠かさずに、この5月になるとおいでくださる。

あわせて会館修繕のご喜捨もしてくださった。今回の修繕募金には、いま、疎遠となっていたり、高齢や病気などでお参りが適わなくなった旧同人からも、篤い思いを届けてくださっている。

いま熱心に華光でご聴聞されている方にお伝えしたい。無数の外護の善知識のおかげて、私が、ここで仏法聴聞ができるのことを。

ところが、私はただ自分の信心が欲しい、ハッキリしたい、喜びたいと、必死に自分で求めている思っている。しかしなかなか聞けないと、辛くなって、八つ当たりしてふくれている。要は、信心も自分の思い通りにしたいだけで、この世のことであっても、どれだけのご苦労があるかなどには眼中にないのである。ましてや、如来さまのご苦労があったことなどまったく知ることもできない。狂った、無明の身そのものである。

|
|

« 母の日 | トップページ | 「真宗カウンセリングの成立」~難しい~ »

今日の華光会館」カテゴリの記事