« 華光誌編集作業 | トップページ | 広島支部法座にて »

ご示談

 今年に入って、「ご示談をお願いしたいのですが…」というお申し出が増えている。
 
 すべては受けれらないので、「座談会で発言してみませんか」とか、「スカイプで聞きましょうか」と対応したり、「原則、会員の方が中心です」と言ったりもしている。

 どうも、一対一ではないと、なかなか座談会では話しづらいという方が多くなっているようだ。ただ、ご示談といっても、最後の詰めというより、まだ聞法の緒という方もおおくて、大半は、いまのところの心境をお聞きすることが多い。持ち時間のすべてを発言されつづける方だっておられる。

   実は、僕自身もご示談というより、カウンセリグ的な姿勢で臨んでいる。

 カウセリングの実践勉強を始めて35年以上が経過したが。このところ、少しは聞けるようになったなーと思えるようになった。聴きながらもいろいろ試している。聞くポイントを別に置いてみたり、言葉の奥の気持ちにフォーカスしたり、少しレスに工夫したりと、試行錯誤をしているのだ。僕自身も、大勢の法座の場よりも一対一の方がじっくりと聞かせて頂けるのだろう。

 たぶん、今後も機会は増えてくるだろうな。

|
|

« 華光誌編集作業 | トップページ | 広島支部法座にて »

今日の華光会館」カテゴリの記事