« お盆の思い出 | トップページ | 『ハクソーリッジ』 »

M家のお盆法座~陰徳のおかげ~

 M家のお盆法座。8月のお盆と、12月23日(今年は24日)の誕生日法座の2回、家庭法座を開いてくださる。

 昭和18年8月に、50代半ばで往生されたお祖母さんことが話題になった。たびたび聞かせて頂いている話だが、過去帳を前にすると、また違った意味で新鮮に聞こえてきた。

 大正年間、北陸の村がダムに沈み、朝鮮半島か、北海道開拓の選択があったが、朝鮮半島で小作農として夫婦で頑張り続ける道を選ばれた。20年以上も働き続けて、小さいながらも自分の田んぼをもてるようになったが、無理がたたって病気となった。出産後も養生もせず、翌日には田んぼで重労働をされた。いのちが長くないと知ると、自分のやらねばならないことは仏法聴聞だと、一大事を心にかけ、夫も土地も残し、まったく縁もゆかりもない京都七条の地へ。ご本山が近くにあるからだ。貧しい長屋住まいをしながら、総会所(聴聞場)での聴聞生活を送られたという。その聴聞が縁で、法の篤い家からお嫁さんをもらわれた。Mさんのお母さんだ。まだ戦前のことで、結婚式の後、地髪で結った文金高島田を降ろすやいなや、「うちの嫁の一番の仕事は、仏法聴聞です」と、そのまま総会所参りが始まったというのだ。そして、昭和18年、50代半ばで亡くなっていかれたのだ。その2年後、終戦。その夫(祖父)も、せっかく朝鮮半島で手に入れたと土地もすべてを失い、命からがら、息子を頼って京都に来たという。高齢だったが、お東の総会所の下男をしながら貧しい生活を送られたという。しかし、土地を失ったことも一切愚痴ることなく、ご聴聞され続けたというのだ。そのご法は、息子夫婦に受け継がれて、孫のMさんへと連なっていくのである。

 子供のころのMさんは、貧しい暮らしでずいぶん苦労をされている。そのことを恨みに思った話をよくされている。仏法も嫌っておられて、真反対の活動もされていたという。しかし、子孫に美田は残されなかったが、ご法という宝を残してくださっていたことが、華開くことになる。孫さんであるMさんは祖父母の顔は知らない。しかし先祖がいのちをがけで聴聞し、そのご法を相続され、また陰徳を積んでくださったおかげで、この地で毎年のように家庭法座が開かれるようになったのである。新築される時、家庭法座が開けるようにと仏間の部屋が二部屋続くように工夫されたという。

 仏縁のあるところは、釈尊のいのちが捨ててあるのだ。

|

« お盆の思い出 | トップページ | 『ハクソーリッジ』 »

法座と聞法」カテゴリの記事