« 第10回 広島・真宗カウンセリングワークショップ | トップページ | 台風の三十三間堂 »

2泊3日の仏の子供大会

   今年も、参加者不足で、2泊3日で短縮開催された仏の子供大会。団体生活や班活動をするためには、ある程度の人数が必要だが、子供の参加者は最低限度。会場も、華光会館で、これで3年連続だ。3泊4日のプログラムを3日間に短縮するので、無理もある。追ハイは中止、水泳後すぐ、昼間の地獄のスライド、夜には、室内ファイヤーでスタンツの準備もある。ご法の上でも、分級座談会が2時間あるのが最終日だけと、消化不良という感じがしてならない。

  ご法の上では、課題も多かった。厳しさという意味では、ずいぶん甘い面もある。また、「生きる喜び」というテーマは、難しいということもあるかもしれない。

 それでも、子供たちはほんとうに楽しそうだった。 先生方も中心になる方は少ないながら、法話に、ゲームに、運営にと3日間、頑張ってくれた。加えて、分級座談会も、高校生グループ、大学生グループも出来たことも、うれしかった。大学生は、1、2回生だけの若いグループで、ほんとにう久しぶり。そこにアメリカから参加の方もあって、これからの子供大会にも、仏青にも一筋の光明が射す思いがした。子供の参加が減っただけでなく、高校や大学勢が不作だったのが、将来の心配事だったからだ。

 これからの若手のさらなる発展、深まりに期待したい。 

|
|

« 第10回 広島・真宗カウンセリングワークショップ | トップページ | 台風の三十三間堂 »

法座と聞法」カテゴリの記事