« お彼岸の大阪支部法座 | トップページ | 福岡法座での分かち合う »

古風な宿

Img_9116  博多は、「しゃぶしゃぶ・あり田」でのご法座。夜座は、法座はなくて、懇親会になる。例によって、御馳走という名の殺生に舌鼓を打つ。

Img_9118 大分、熊本組、京都や広島の参詣者と、宿に移動。ビジネスホテルではなく、博多祇園の繁華街のビルの合間にある古風なImg_9125宿だ。「子供大会の会場だった、義乃家みたいでしょう」と言われたが、確かに客室にはImg_9129コタツがあり、雰囲気が似ている。中は、迷路のようImg_9126で、あっここちにトイレや洗面所が、ボチボチと点在していた。

 でも、ここは福岡市で唯一の国の有形文化財だそうだ。その点では、近江八幡の会場と同じImg_9124である。

 確かに、トイレも、洗面所も古く、不便だ。でも、それを「レトロで懐かしい」と置きかれると良さになる、というのが不思議。

|

« お彼岸の大阪支部法座 | トップページ | 福岡法座での分かち合う »

旅行・地域」カテゴリの記事