« ブラジル来訪者と本山の報恩講 | トップページ | 真実のお働き »

大雪の報恩講

Img_8430 大雪の中での報恩講さまとなった。

 京都にも大雪警報が発令されて交通機関が乱れ、当日のキャンセルが続出した。初日、まだ京都は大丈夫だったが、雪国の方が先Img_8433を用事される方もあった。お同行さんだけでなく、講師の先生もインルエンザや、お悔やみがあて、欠席や遅れる方も出で、法中の出勤者が半数にImg_8447なってしまった。

  Img_8448  それでも、華光の集いでは、皆さんも大声でお勤めくださる。浄土真宗は、御同行・御同朋が共に聞法する聞法教団だ。僧侶だけ、ともすれば一人だけのお勤めなら、どんなに上手くても空しい。その点、皆が声を揃え、共にお正信偈をお勤めさせていただき、道場にお念仏の声を響いた。それもまた報恩講さまである。

|

« ブラジル来訪者と本山の報恩講 | トップページ | 真実のお働き »

法座と聞法」カテゴリの記事