« 錆にむしばまれた鉄 | トップページ | 京都の親鸞聖人聖跡巡拝の旅(1)~お誕生の地、日野の里~ »

「善根功徳を積む」ホンマ?

 支部法座を前に、南区一切清掃に参加する。
 雨なら中止。昨日は、他の役員さんが、「雨降りますよ」と言っていて、ちょっと期待してしまったが、曇天である。

 南区といっても、町内のゴミ拾いだ。ぼくの担当は、リカマンからお隣の会社ぐらいまで。右隣の会社は、仕事柄いつもきれいに清掃されている。しかしである。駅を利用する人なのか、とにかくタバコの吸殻が多い。ペットの糞もある。ペットボトルも落ちている。

 そして、それより左隣の工場の前は、草ぼうぼうで、晩秋には敷地の枯れ葉が落ちてきて、いつも掃除がたいへんだ。工場の方は、掃除をする気配がない。それで、隣の草抜きをすることにした。枯れ葉やゴミが溜まっている。暑くて半スボンだったが、ひたすら蚊にさされまくった。
 
 汗もかいたが、おかけできれいになった。爽やかな気持ち。しかも、お隣の方はご存じない。陰徳を積ませていただき、少しは善根功徳が積めたのではないか(こんなの功徳じゃないよ)。

 ところが大阪支部法座から帰ってくると、もう家の前には吸殻が落ちている。やれやれ。吸殻は小さいが、雨に濡れると厄介。間違いなく、喫煙者の方の所業だ。彼らのマナーの問題だけど、嫌いなのもは嫌いである。でも、清掃のおかげで、前道の吸殻はすぐ拾うようにはなりましたが…。

|

« 錆にむしばまれた鉄 | トップページ | 京都の親鸞聖人聖跡巡拝の旅(1)~お誕生の地、日野の里~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事