« 『天皇と軍隊』 | トップページ | 7月の伝道研究会~勝易二徳 »

佐藤錦

Img_4658  今年も連れ合いの実家から、摘みたての「さくらんぼ」が届けられた。

  摘み初めの佐藤錦である。

 5月末にはまだ青い実だったが、それから1ヶ月で、立派Img_6785に成長するのだなー。

 今年もたくさん実をつけたという。それが農家にはって善いのかというと、多すぎると、一つ一つが小粒で、甘味も薄くなる。しかし、さくらんぼは間引きはできない。たくさんできるからだ。だから、多すぎてもダメだし、少なすぎてもダメというのだから、難しい。

 連れ合いが、来年が最後か、再来年が最後、不安なことをいう。高齢化や後継者など悩みは尽きない。

 なおさら、丹精込めて収穫されたサクランボを味わっていただいた。事務所や伝道研究会の皆さんにもおすそ分けして喜んでもらった。

 おいしかったです。

|

« 『天皇と軍隊』 | トップページ | 7月の伝道研究会~勝易二徳 »

今日の華光会館」カテゴリの記事