« 『エレファント・ソング』 | トップページ | とにかく楽しかった寒中仏の子供大会 »

カンボジア紀行(4)バンテアイ・スレイからクバール・スピアン

Img_1950 3日目は、実にハードというか、盛り沢山の1日となった。
 5時起きをして、アンコールワットを背景にした日の出を観た。
 その後、少し足を延ばして、クメール美術の至宝といわれるバンテアイ・スレイへ。けっして大きな遺跡ではないが、もっともきれいな状Img_1902態で保存さていた。しかも、赤い砂岩で作られているので、その他の遺跡よりも華やいでみえる。しかも、この遺跡は、アンコーImg_1918ルの至宝ともいうべき女神像。東洋のモナリザと称されるらしい。遠目からかもしれないImg_1923が、正直、うーん、こんな感じかという印象。それImg_1963より建物全体を飾る細やかな細工や、ヒンズー教を題材とした浮彫り彫刻は、ほんとうにすばらしかった。
 ただ、ここは日差しを遮るものなく、午前Img_1966中とはいえ暑くて、少々疲れた。

 が、ここまではいわImg_1972ば基本的な定番コース。もう少し深く触れるために、さらに郊外遺跡に足を延ばした。

 郊外のクバール・スピアンの遺跡へ。山登りがあるとは聞いていた。出発点Img_1983に、1500m先の矢印看板がある。距離はもっともっとある。しっかも岩だらけだったり、木の根がはっていたり、急坂だったりで、足元か悪い。途中、階段が整備されていることもあったが、それは一部。もっもImg_2003と、ぼくとしては、ある程度想定内であったが、年輩の方もおられるので、その方々の足どりがかなり心配だった。遅れる人が出てくる。フラツイてこける人もでる。第一、猛暑日の日中に、こんな山登りすることは、普段はない。なんとか、ゴールまでたどりついた。川中の岩肌に、ヒンズーの神様が彫刻されてImg_2022いる。大きなものを想像してたいが、案外こじImg_2037んまりしていた。かなりハードに歩いたが、眺望が開けるわけでもなく、巨大な彫刻におどろくわけでもなく、また川沿いの山を歩きながら、それぞれの石像の彫刻や、リンガなど見て回ったので、歩いたわりに、ゴールした達成感に乏しかった。でも、ここまでくると観光客の喧噪からは逃れた。ときどき出会う人は、ほとんどが白人だった。まだここでは、中Img_2039国人も日本の団体客も少ない。

 そして、このあとはくだりである。実は、こちらの方が心配になる。滑りやすい場所も多く、急坂のくだりは危ない。転んだり、滑ったりして、みんなに迷惑をかけないかと、結局、健脚組と、後組の二班に分けて、連れ合いは義父を心配していた。おりることにしたが、これが正解。後で、ガイドブックを確かめると、健脚の向きとあった。でも、間違いなく、今回の旅の忘れられない思い出になった。みんなで助け合ったのもよかった。

 早朝からかなり長い日程に感じられたが、まだ遅い昼食の後、夕方の予定が待っていた。
Img_1947
Img_2012

|

« 『エレファント・ソング』 | トップページ | とにかく楽しかった寒中仏の子供大会 »

旅行・地域」カテゴリの記事