« 「京へのいざない」展~法然聖人の念持仏 | トップページ | 9月の真宗カウンセリング月例会 »

余韻~輪読法座にて~

 華光誌輪読法座。

 全員ではないが、八割以上が、先日の「念仏と黙想、語らいの集い」に参加されてメンバーだ。終わった直後ということもあるが、印象が強かったのだろう。最初の、チェックインを兼ねた分かち合いの時には、参加者の皆さん全員が、その時の感想や味わいを語ってくださった。しかも、それがひとつではなくて、それぞれのところで、率直に語られたところが、うれしかった。おかげさまで、皆さんに強い印象を残した集いとなった。

 ふっと、才市同行の歌が目にとまった。

 「目にみえぬ 慈悲が 言葉にあらわれて  
    なむあみだぶつと 声で知らせる」

 

 「称えても 称えても また称えても
     弥陀の呼び声 なむあみだぶつ 」

 

 「名号は わしが称えるじゃない
    わしにひびいて なむあみだぶつ」

   南無阿弥陀仏

|

« 「京へのいざない」展~法然聖人の念持仏 | トップページ | 9月の真宗カウンセリング月例会 »

法座と聞法」カテゴリの記事