« 九州支部法座~In熊本 | トップページ | 熊本の桜とジェーンズ邸 »

熊本ラーメン

Img_8938 1月の博多での家庭法座は、博多しゃぶしゃぶや長浜ラーメンなどのグルメも充実していたので、熊本も負けてられないと、いろいろと企画を考えられた。

 まずは、お寺では、おいしいおぜんざいをいただいた。昔は、華光会館でも、報恩講Img_8941の夜はぜんざいだったが、親鸞聖人が小豆がお好きなということで、お寺で、ぜんざいや赤飯をいただくことが多い。

 夜は、昼座、夕方と法座あって、早めに切り上げて、夕食を兼ねて、近所のお洒落な居酒屋での懇親会。会食。初めての方もあっImg_8951たが、けっこう盛り上がった。熊本の馬刺しなどもいただいた。スーパーでも感じたが、京都に比べると、食料品や食べるものは、安いなと思った。

 そして、お昼は、熊本ラーメンである。しかも、この選擇が面白かった。S子ちゃんの解説で、好きなラーメン屋に、グループ組んで出かけるという企画。皆さん、仏法のことは大様だが、昼食の説明は法話よりもしっかり聞き、質問までいろいろと出で、法話のあとの質疑よりも活発だっImg_8957たのは、皆さんも認めておられた。ラーメン一杯でも、自分で選擇せねばならないとなると、けっこうたいへんである。

  ぼくも、思惟の結果、「「支那そば 北熊 浜線店」を選んだ。これで、「ほくゆう」と読むめそうで、全国展開のチェーン店だそうだ。とりがらベースのこんとりしたスープだが、京都のラーメンに比べると、あっさりしていると思った。ラーメンではなく、中華ソバをうたっているが、昔ながらの、支那そばをいまだに使っている。昨年、熊本空港で食べた熊本ラーメンとはまた違っていたが、一緒に食べた皆さんの反応は、まずまずおいしかったというようだ。

 わざわさ熊本まて来てもらうのだからと、限られた時間の中で、ホスト側もあの手この手の企画をしてもらう気持ちが、うれしかった。ご馳走さまでした。

|

« 九州支部法座~In熊本 | トップページ | 熊本の桜とジェーンズ邸 »

旅行・地域」カテゴリの記事