« 親鸞聖人の三つのご持言とご遺言(2) | トップページ | 東京法座~「恵信尼消息」雑感 »

東京支部法座~会場につくまでに~

Img_8307 2月の東京支部法座。

 気温が上がって、かなり温かい。例年この時期は、新幹線も雪の影響を受けることがあるが、今回は心配はない。月曜日までは春のような温かい日が続いて、その後、一転寒波になるとの予想だ。

 車窓に伊吹山が見える。昭和の初めImg_8312に、「1182」cmで、山岳地での世界最高積雪を記録した豪雪の山である。日本には、北海道や新潟、長野などなど、もっともっと豪雪の山がたくさんあるのに、滋賀県の、しかも標高が1300メートル級の山というのは、かなり意外だ。もっとも、このところの暖冬で、雪はかなり少ない。

Img_8321 青空の好天。しかし、かすみがかかって、世界遺産の富士山の風景もいまひとつ、ぼんやりしている。

 東京の会場までは、丸の内線で12~Img_83203分というところか。茗荷谷の駅からは、歩いて8分ぐらいかかるが、大半が広い公園を横切っていく道なので、歩くのには気持ちがよい

Img_8322 ふと見あげると、梅がチラホラ咲いている。まだチラホラだけれども、このところの温かさで、かなり開花が進むだろう。

 3日が節分、4日が立春。暦では春が近い。もらろん、今日のような温かい日ばかりではないだろうが、確実に春に訪れを感じることができる景色に、思わず立ち止まって1枚。Img_8323

 昼座がおわり、部屋の窓から夕日を眺める。

東京の空は、今日もただ青かったー
  東京の空の下は、男と女ー、、
 前野健太の歌の一節が口から出る。何でもない風景だが、でも、ちょっと切なくなるのはなぜ? 

 

|

« 親鸞聖人の三つのご持言とご遺言(2) | トップページ | 東京法座~「恵信尼消息」雑感 »

旅行・地域」カテゴリの記事