« 太陽ヶ丘公園 | トップページ | ブッダにて~出会い篇~ »

広島支部法座in廿日市市~修行者と羅刹~

 広島の廿日市市の会場での広島支部法座。

  廿日市は「はつかいち」と読む。広島駅から20分ほどで、厳島神社で有名な宮島があるところだ。

  通常は広島駅の近くが会場だが、昨秋の合同法座終了後の懇親会を廿日市の「ながと」で開いてもらったご縁から、今回の法座が実現した。

 瀬戸内海の地域にも雪が舞う中で、皆さんが、地元の知人を連れお参りくださり、ここを会場にした意味もあった。それも20歳台の女性から大学の元先生、何十年ぶりの仏縁の方や、同級生の方と、それぞれが不思議なご因縁でお参りくださり、いいご法座になったと思う。生きづらさを感じ、自死を選ぶところまで追い詰められながら、いまは頑張っておらる方のお話もあったが、皆さんがとても温かく迎えてくださっていた。

 事前に初参加者が多いとの情報があって、ご法話もなるべくわかりやすい話に努めた。そこから、ちょっと発展させていま少し取りあげるが、まずはこの話題から。

 歎異抄の第2章「身命をかえりみず」と、いろは歌で有名な「修行者と羅刹」にからめて、「命より大切なものは?」が最初のテーマ。

 真実(仏)の言葉を、前半だけ語った相手が、おそろしい羅刹(鬼)。しかも、後半の一言をを聴くには、いのち(血肉)を要求される。しかし、行者はなんの躊躇もなく決意する。真実の教え(しかもたった一言の真理)を聴くために、このおそろしい羅刹を師と仰ぎ、上座に据え、頭を垂れて、命懸けで教えを乞うていかれる。そして、たった一言を体得して、長の迷いから目が覚められるのだ。そして、約束どおり、
 「一言半句の教えのために、この身を捨てる我を身よ!」と、
命を捧げていかれる。文字通り、真実を求められたお姿である。

 間違っても、「命懸けで聞け」とか、「もっと真剣に聞かねば」という自分を奮い立たせるような今生のレベルで捉えていては、この話のお心はわからない。

 なぜなら、どんなにいい格好をし、どんなに強がってみても、私は常に身を惜しみ、命を惜しみ、損得で生きている自分中心の塊であって、修行者とはまったくの正反対だからだ。

 しかしである。そんな私に如来様の命で荘厳(しょうごん)された「南無阿弥陀仏」の願いがかかっているのである。そのために、羅刹の私にも頭さげて下さり、私にいのちを投げ出してくださっている。その命懸けの真理の、たった一言の雄叫びをお聞かせに預かるのである。

 しかもそれが、命懸けにもなれなければ(死ぬ気になったから、死ぬのが怖くないからという話ではない)、後生すら何もわからない、無明の闇に沈む私をめがけての、如来の金言-仰せが響き届いてくるのである。

 その先手があるからこそ、下らないこの頭(こうべ)を垂れさせ、おのれを空しうして、たった一度(ほんとうは難しいことでないのに、これほど難しいこともない)、その一言をお聞かせに預かるのである。それが、「善知識の言葉の下に、帰命の一念を発得せば、その時もって、娑婆の終わり、臨終と思うべし」の世界。しかも、それは、何時の日でも、明日でも、また宿善が整ってからでもない。そんな先に延ばしている悠長な時間はない。まさに仰せを聞いた、「今日」、たった「いま」、たった一言の「南無阿弥陀仏」を聴く。そして、迷いの奥山を、今、超えさせていただくのだ。

 身を惜しみ、命を惜しむ我が身が、如来さまの命懸けの、たった一言の叫びをお聞かせに頂いて、迷いの命を打ち止めにしていただくのである。

 勿体ないことやね。(ブッタ篇に続く)

|

« 太陽ヶ丘公園 | トップページ | ブッダにて~出会い篇~ »

法座と聞法」カテゴリの記事

コメント

先生、今日は私の誕生日です。いつもと変わらぬ朝を迎え、バタバタと家事をこなしてそして出勤、おめでたくもなんともない、ただ年をとっだけ…
そんな思いでいたのに、ブログを読んで心が動きました。
なんの間違いがあってか、人間に生まれさせてもらったんやな−有り難いな−と

両親にはただ感謝です、病床の老いた父とは今まで有り得なかった関係です。

遠い遠い将来でも、広島法座やブッダ行きたいです。

投稿: relax | 2011年2月 1日 (火) 13:50

雪の中、
広島支部法座ありがとうございました。
自分に執着しきって、命を懸けたこともない私に、
たった一言のために命を投げ出して、
「南無阿弥陀仏」を叫んでくださっていることを
聞かせていただきました。
どこまでも、どこまでも自分に執着しきっている私めがけてのご本願、狂ってる私めがけてのご本願、
南無阿弥陀仏!
relaxさん、
広島で、お待ちしてます。いつでもお参りください。

投稿: Tねこ | 2011年2月 1日 (火) 15:29

relax さん、皆で待っとるよ。o(^▽^)o

ちなみに、私は明日が誕生日よ。

私も あぁ~ただ年をとっただけじゃねー

これも気楽でいいもんよ。(´・ω・`)ショボーン

投稿: | 2011年2月 1日 (火) 19:10

今のメール、名前を書くのを忘れました。ばばです。

投稿: ばば | 2011年2月 1日 (火) 19:14

私が、修行者のように
命がけになるのではなく、
あみださまが、命をかけて
くださっている。
逆だと思ってました。

投稿: imo兄 | 2011年2月 1日 (火) 23:58

relaxさん>お誕生日おめでとう!
めでたくもなく、めでたくもなくなんでしょうがね。でも、今日まで両親始め、無数の命を犠牲にして生かせていただき、そして仏法を聴く命をいただいたわけですからね。その意味では、おめでとう。ありがとうございますだけですね。
広島にもご一緒できればいいですね。

Tねこさん>お世話になりました。またこの続きも書きます。 どうなることかと心配していた「ブッダ」も、まずはお会いできた、それだけでよかったです。

ばはさん>お世話になりました。最後の飲み会は、道を挟んだ分級座談会になって、失礼しました。皆さんの配慮に感謝しています。ただでさえ、初めて会う、訳のわらかんやつ(ぼくのこと)がおるわけですかね。それだけでも気をつかうので大勢おられなくてよかったです。今度は、ぜひ、ばばさんのご子息とも飲んでみたいです。
そういえば、遥かインドで、深夜に着いたホテルで、一緒にお祝いしてもらいましたね。あのことは忘れられません。

imo兄さん>はい、たぶん、普通はそうとらえていくでしょうね。あとは、自分を発奮させて、「なぜ、こんな尊い教えなのにもっと真剣になれないのか」と、虚仮の心と格闘していくことが、ご聴聞(求道)だと勘違いしてしまいますね。石は石。沈むものは沈むんです。黒は黒じゃないですか。ただ、そう聞かせていただくだけですが、そこが難しいですね。

投稿: かりもん | 2011年2月 2日 (水) 00:20

初めてコメントします。私も長い間、「たとえ大千世界に、みてらん火をもすぎゆきて」命懸けで求めていかねぱならないものだと思っていました。そうではないんですね。でも、阿弥陀様が命懸けで救うといわれても、まったく他所事でしか聞こえてこず何ともないです。そして、「では、それを聞くにはどうすればいいのか」という方法論が浮かんできます。いつもそこは違うと指摘されるし、それでは聞けないと自分でも思いますが、しかしそこから離れることができません。それが正直な思いです。

投稿: お初 | 2011年2月 2日 (水) 00:35

お初さん、初めまして。
なぜ、仏法を求めなければならないのか。正解で答えるのではなくて、わが胸に問うとみるところから始まる気がします。信心獲得とか、後生の一大事とか、ただスローガンを並べて求めるのではなく、いやそれはちょっと横においていて、ほんとうの私はどんなものなのかをお聞かせに預かっていくしかないてすね。どんなものに、阿弥陀さまの願いがかかっているのか聞いていきたいですね。

投稿: かりもん | 2011年2月 2日 (水) 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島支部法座in廿日市市~修行者と羅刹~:

« 太陽ヶ丘公園 | トップページ | ブッダにて~出会い篇~ »