« 紅葉の永観堂 | トップページ | ぽちっとのこった黒いしみ »

トラットリア・ニーノ

Img_70882 永観堂から、河原町三条を二筋(姉小路)はいったイタリアンのお店、トラットリア・ニーノへ。

 母のお誕生をお祝いする。いつも華光大会前か、最中なので、終わってからになる。昔は、ほとんど忘れていた。いまも、おめでとうImg_3152より、ほんとうにありがとうございます、というだけだ。

 京都は、町家のカフェやレストランが食傷気味で増えている。ただ古い雰囲気だけのお店は長続きしない。結局、どImg_3193こで何をやろうとも、お皿の中味や、心のこもったお持てなし、オーナの人柄が大切になってくる。そんな中で、ここはなかなかの人気店のひとつ。それでも、前日に予約したのに、掘ごたつの座敷が取れた。2階のテーブル席も案外すいていた。内装は、Img_3168わざと古い感じを出している。小学校以下の子供はお断りのようだか、こちらも一年生で助かった。

 で、料理もなかなか手が込んでいてImg_3173、おいしかった。前菜が、小さなものもあわて3種類。タイのカルパッチョと、名前を聞いたがすぐに忘れた-トウモロコシをつぼしあげたものに肉のソースをかけたもの。パスタも2種類。すべて自家製麺で、バジルをまぜた日本なら素麺のようなカッベリーニと、魚介類と合わせた、こちらImg_3175_2はきしめんのような、タリアテッレか、フェットゥチーネか。

 メーンというか、セコンドは、小イノシシの肉だったが、これはやわらかくおいしかった。まあ、ブタですから。Img_3176子供たちは、ドルチェが好評で、ふんわりと口にひろがるパンナコッタだった。

 残念ながら、蓮華さんのように料理には詳しくないので、あとは写真で補っておきましょう。

Img_3178 こうして並べてみると、お皿も盛りつけは至ってシンプル。でも、印象に残っているのは、味はよかったということだ。Img_3188
 おいしくて、リーズナブルだったと思った。
 とにかく、ごちそうさまでした。
Img_31952

    それにしても、母には、なにからなにまで、いまも世話になり放しである。

|

« 紅葉の永観堂 | トップページ | ぽちっとのこった黒いしみ »

京都」カテゴリの記事

コメント

毎日楽しみに読ませてもらってます。
恥ずかしくてあんまりコメントしませんが、今日は名指し
だったので、登場しました。
お料理はどれもとても美味しそうですね
でも一皿一皿写真を撮られたかりもんさんを想像すると
カワイイ~と思い、クスッと笑ってしまいました。

投稿: 蓮華 | 2010年11月29日 (月) 07:36

蓮華さん、ありがとう。勝手に、名前出させてもちいました。いつも、おいしそうな写真だものなー。
ぼくも、蓮華さんほど徹底していないけど、けっこう外食の時は、写真を撮ってます。ここはシンプルでも、手抜きのない、ちょっと珍しい料理だったので、けっこう写真は写したわー。
恥ずかしがらずに、またどうぞ。

投稿: かりもん | 2010年11月30日 (火) 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラットリア・ニーノ:

« 紅葉の永観堂 | トップページ | ぽちっとのこった黒いしみ »