« 東京公開講演会 | トップページ | 東京講演会法座 »

1週間

 土曜日輪読法座。M先生の「かわる心、かわらぬ心」、これがすごい内容。先日も、Yさんが、「すごい文章でしたね」と言われてた。ぼくも同感だ。でも、そのわりには反響が少ないのは、たぶん、みんな読みきれていないのだろう。今回の法座では、たまたま、内容に入る前に、「ご示談のスタイルは、感情的な機決定(きけつじょう)を進めるのではないか」という質問がでていた。そうでないことは、これを読めば、それ以上の答えがはっきり示されている。むしろ、感情だけでなく、法や念仏を握って、「有り難い、有り難い」と、自分勝手に喜んでいることだって、ある種の自分で決めた機決定だなー。数日前の新聞のコラムの養老孟司氏の言葉に、説明責任ばかり取り上げられるが、理解責任は問われないのかとあった。ここは確かに難しい。言葉のやりとりでは、絶対に分からないところだ。

Img_2739 日曜日、子供たちの運動会。昨年までは、保育園と、小学校に分かれていたが、今年からは、1度で済む。二人は紅白に分かれていた。二人いると、うまい具合に間がもてていい。
 午前の部の二人が出るところまではすべて見て、大急ぎで、泉佐野へ向かう。かなり飛ばすしたが、高速が繋がったので助かった。宿泊での報恩講の寺院布教。同人のImg_2750方もチラホラ。堺の古い同人のKさんと、立ち話。ご法を噛み締め、飲み込むように聞くという味わいをお聞きする。話し方といい、姿勢といい、こんな味わいのあるお同行さんが、めっきり少なくなったのは、寂しい。ぼくが思い出せるのは、福岡のMさんや日高支部の古老たちなど、もう数名になっている気がする。厳しい廃立を外さず、それでも、ユーモアというか、どこかに余裕を感じる態度がなんともいえない。

 月曜日も、引き続き報恩講法座でのご法話。平日ということもあっImg_2760て、女性が中心。男性は、世話役か、高齢者が多い。ぜんざいを食べる合間に、ご法話の感想を尋ねる。「私達はレベルが低いので、わかり易い話をお願いします」とのこと。そうはいわれても、けっこう、真剣に聞いてくださている。なによりも、ご法話の途中でもお念仏の声がする。どんなに満堂だろうが、笑い声や拍手の反応があろうが、もしお念仏の声が聞こえなかったら、せっかくのお寺の意味はない。誰にも遠慮、気兼ねせずに、高声念仏できる場が本堂なのだ。
 夜に、帰宅すると、同人のご尊父の訃報が入っていた。父と同じ歳。

 火曜日。午前中は、自力整体に行く。珍しく会場は一杯。相変わらず、黒一点。カフェでランチしてから、父を連れて歯医者へ。車中で、昨日の報告と、今夜のお通夜の話題。「あんたが、しっかりご法を相続してくれているので、うれしいわ」と、ポツリと一言。

 事務仕事をすませて、T嬢と、新幹線で名古屋へ向かう。姉夫婦と、新幹線口側の地下街のエスカ前での待ち合わせ。あのー、指定のエスカ前の入り口って、たくさんあるんですが…。まあ、駐車場前となると、ここだろうという場所に、早めに到着。ところが、約束を15分過ぎても、迎えの車が現れない。不安になる。場所が違うのかなー。でも、このご時世に、Tさんも、ぼくもケイタイをもっていない。やっと公衆電話を見つけて連絡したら、ちょうど遅れて到着。やれやれだ。ケイタイがないと、確かに不便ではあるが、なぜか不自由とは思わず、どこか自由な気もするのは、なぜ?

 通夜には、20分ほど遅刻。若いO先生がお導師されていた。法話も、後生の一大事について、25分程度。立派な内容。満堂、誰ひとりとして帰らずに拝聴。すべてが終わってから、「み仏に抱かれて」をBGMに、お焼香。みな、故人を偲んで集ってこられた人ばかりで、単なる義理や形式ではない通夜式だった。こんなスタイルにされた喪主の姿勢が伝わってきた。ぼくも、しっかりご縁に合わせてもらう。そう思えるような通夜や葬儀は、そうはない。通夜振る舞いでの談笑のあと、京都へ戻る車中は、明日の発表の準備。

 水曜日。20日は、movix系が1000円なので、新京極の映画館へ『桜田門外ノ変』を観る。史実に基づいた内容で、事件と、その背景、その後の影響にも及んでいる。水戸浪士たちによる伊井大老の暗殺は、目まぐるしい激動の始まり。時代は、攘夷ではなく、倒幕開国へと進む。明治維新のわずか8年前のこと。

 すぐに戻って、「はちす」、法座案内と、総会委任状の発送。数日前から準備されているが、ぼくは。聞法旅行などの写真を同封のするたその種分け。これが一苦労。なんとか、時間に間に合った。

 夜は、真宗カウンセリング研究会の月例会。「セラビーにおける必要にして十分条件」の共感と、伝達の項目。担当者の変更で、急遽、発表者に決まっていた。ひとりで読む、ベテランのカウンセラーなどと交えて輪読する、担当者としてレジュメを作る。学びの姿勢が、明らかに違う。診断的理解、同情的理解の違いなど。盛り上がって時間オーバー。
 子供を寝かせ、入浴してから、遅い夕食。録画していたDVDで、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を観る。スピルバーグのそつのない娯楽作品。ディカプリオ~トム・ハンクスとの共演作。肩肘貼らずに、気軽に楽しめて、深夜まで一気に見てしまった。

 木曜日。朝から、京都シネマへで映画を2本『メッセージ そして愛が残ると、日本映画『乱暴と待機』。『メッセージ』は特におすすめ。幼き日の交通事故から奇跡の生還を果たしながらも、結婚後に、突然、幼少の息子を亡くして、家族にも心を閉ざした弁護士が、他人の死を予言できる医者との出会いで、(失う悲しみによって)大切なものを取り戻すというもの。生と死が常に、コインの裏表で、定命とならば、老少を選ばず、不定で、けっして逆らうことのできない。そんな「死」を常に射程にしながら、いかに一瞬の生を生きるのか、その時、家族としていちばん大切なものはなにか。ミステリアスなタッチながら、死の一面をまっとうな視点で描いた佳作。定番の難病や別れのお涙頂戴ものとは、一線を画している。
 『乱暴と待機』は、原作はコミックもの。かなり普通じゃない二組のカップルの四角(?)関係。全体的にへんなのに、部分部分は、どこかでありそうなリアリナィのある、ある種、愛のコメディー。最初、なじめなかったけれど、だんだん面白くなってきた。

Img_2771 お昼は、初めての町家カフェの『火裏蓮花』へ。御池柳馬場を少し下った京都独特の路地の奥にある。ところが、路地の入り口には標示がなくて、隠れ家的なカフェ。落ちつているのに、ちょっとユニークだったので、ここには触れよう。

 事務方、全員が揃っての1週間のミーティング。ちょっと濃い話題もでる。
 夜は、書道教室。今夜の生徒は、4名だけ。でも、みな、お坊さん。よくみると、宗派が違う。禅宗2名、真宗が2名。禅宗も、臨済宗(東福寺の塔頭の方)と、曹洞宗。

Img_2772 金曜日、朝いちの予約で、アンシャンテに散髪へ。ここも、連れ合いの絵が飾られている。「マノア・マノ」でランチして、すこし映画とカフェの話。やっと河合隼雄著のユング心理学と仏教』を読み終える。みなみ会館によって、70年代のアメリカ映画を1本。アメリカン・ニューシネマ特集で、ハロルドとモード~少年は虹を渡る』自殺願望の19歳の男の子と、79歳の老婆の恋。戦争や既製モラルを皮肉ってもいるし、居場所や生きづらさを感じるものへの讃歌でもある。歌も70年代。日本は、万博の歳だな。でも、ちょっと寝てしまった。
 あとは、明日の準備や、書類整理や事務作業。1週間で、いちばんノンビリした1日。

|

« 東京公開講演会 | トップページ | 東京講演会法座 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

では、「浄土はどこにあるのですか?」という質問にはどう、答えますか?

僕はこの現代において、宗教が説く世界観をそのまま、信じる(当てはめる)のは無理があると思っているのです。

妙好人や伊藤先生が浄土へ行かれたことをどうやって証明するのでしょうか? そんなこと、証明しようがないと思うのです。

ただ、信前、信後の心というものが説かれていて、そのことだけが教えられている。肝心の浄土へ行ってからの還相回向というものは何も説かれていないのではないでしょうか。(親鸞聖人や妙好人が今、どこに帰ってきていて、どういう働きをしているか?ということです。)

これでは浄土真宗とは「信心を頂いて、臨終まで生きる」という現世の人生ぶり(生活ぶり)
しか見えませんよ…。

投稿: 阿波の庄松 | 2010年10月23日 (土) 23:39

横ヤリで失礼します。

南無阿弥陀仏が証拠です。南無阿弥陀仏では不足でしょうか?

今の時代でも、親鸞聖人の時代でも、今生事しかわからない私共は、私共の尺度でしかわかりません。阿弥陀仏の獅子吼の今現在説法も、凡夫には聴こえません。浄土へ本当に行かれたかどうか、私にはわかりませんが、戻ってこられて今私に教化頂いていると味合わせてもらいます。

浄土真宗は、法の鏡に映る自分の姿を見せてもらうしかない。戴き物に文句が出るのは自分がみえてないからです。


「念仏は、まことに浄土にうまるるたねにてやはんべるらん、また、地獄におつべき業にてやはんべるらん。総じてもって存知せざるなり。たとい、法然聖人にすかせまいらせて、念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからずそうろう。                                   
そのゆえは、自余の行もはげみて、仏になるべかりける身が、念仏をもうして、地獄にもおちてそうらわばこそ、すかされたてまつりて、という後悔もそうらわめ。いずれの行もおよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし。」   

投稿: 樹氷 | 2010年10月24日 (日) 06:56

樹氷さん>いろいろとありがとう。和讃も、下巻からが取り組み易いでしょうね。だって、お浄土の称讃など、凡夫にはポカーンと聞くしかないですわ。まだこの機、この時代に濁りは、我が持ち物であり、住み処ですからね。
 代わりに応えてくださって、ありがとう。ぼくもこの歎異抄の第2章が思い浮かびました。蛇足で一言。

阿波の庄松さん>いろいろと疑問が起ってくるんやね。そんな奴はまわりにいないぞと。ましてや、死後の浄土といっても、ますます信じ難いんでしょうね。

残念ながら、ぼくには、いまのあなたを満足させるような答えを持ち合わせていませんし、これからも、ぼくには出でこないでしょう。なぜなら、さまざまなお育てのおかげで、不思議なことに、善き人からの「弥陀の本願まことだ」との仰せ(ご意見)をお聞かせに預かってしまった以上、ぼくは、ぼくの生地ところで聞かせてもらうだけになってしまったからです。もう何もかも取り上げられてしまった。ただ、この地獄一定の身のまま、この愚かな身で、その仰せをお聞かせに預かったところを喜ぶだけです。

投稿: かりもん | 2010年10月28日 (木) 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1週間:

« 東京公開講演会 | トップページ | 東京講演会法座 »