« ローフード | トップページ | 耳が残る »

金魚の死

Img_0230

 華光会館の3階にいた金魚が、今夜、死んだ。

 町内会の地蔵盆で、金魚すくいがあった。

 カンロが2歳ぐらいの時のこと。金魚は不要なので、金魚すくいにわざと参加しなかったら、ご親切にも、ビニール袋にわざわさ届けてくださったのだ。いや、有難迷惑。でも、ご縁があってここにきたので、飼うことになった。最初は、小さくて、5~6匹いたし、出目金もいた。すぐに2、3匹死んだが、そのあと、水槽をくださる方もあって、三匹ほどが長生きした。一匹が水槽から飛び出して死亡し、あとの2匹はどんどん大きくなって、水槽が手狭になったが、それでも、成長しつづけた。一匹が死んだあと、身体のわりに、狭い、狭い水槽の中で、1匹だけが、運動不足ぎみなのに餌は豊富で、どんどん大きくなって、ちょうど8年たったことになる。

 金魚の世話は、3階に住む、両親の世話で、ぼくはなにもしなかった。でも、水槽に身体を擦りつけたのか、老化か、赤がとれて、白くなった身を、ジッと横たえて、動かない姿を、静かに眺めていると、畜生とはいえ、やはり哀れになってくる。

 どんなご因縁があったのだろう。もしかすると、前生で、ぼくの父だったのか、母だったのか、はたまた子供だったのか、それとも友や仇だったのか…。

 神通力のない身にはさっぱり分からないが、いずれによせ、ご縁があって、8年間も華光会館に住み、法座の度に館内放送でご法話を聞き、お念仏の縁に合っている。

 でも、ほんとうにお念仏か聞こえたのか?

 それは、私たちも同じことだ。

 華光会館に縁があっても、もしお念仏が聞こえないとしたら…。

 こんな空しい、寂しいことはないなー。

|

« ローフード | トップページ | 耳が残る »

今日の華光会館」カテゴリの記事

コメント

そうですか。お亡くなりになりましたか。僕が華光に来た時からいましたから
彼?の方が先輩ですね。いつもいるところにいなくなると喪失感がありますかね。常と思ってるのが大間違いなんだなー お念仏は・・・

投稿: ねこ丸 | 2010年4月14日 (水) 20:51

 ねこ丸さん、そうか、金魚が先輩なんやなー。
3階のあそこが指定席だったので、横のソファーに座る人は、みんなよく見てるでしょうね。
 父と子供たちが、「南無阿弥陀仏」と添えて、合掌念仏で埋めたようです。
 ここ数日、亡くなる方や老・病の苦に苛まれる方の話題を耳にすることが多かった。私が、人間に生まれることも、仏法も聞くことも、ほんとうは稀の中の稀なのにね。恥ずかしいことに、まったく喜びませんわー。

投稿: かりもん | 2010年4月15日 (木) 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金魚の死:

« ローフード | トップページ | 耳が残る »