« 痛ましい事件 | トップページ | 父の日 »

輝く財宝

  広島の仏青研修会終わりました。
 全体会、少ない時間ですが、一言ずつの最後の分かち合いを聞かせていただいていて、その成長ぶりに、胸が熱くなってきました。
 みんな、結構なところ、有り難いところだけでなく、かなりしんどいところを持ちながらも、聴聞してくれる姿が尊いです。そして、なかには、またしんどいもの、モヤモヤしたものを抱えながら、帰っていく。法座が終わってホッとしたことを、誤魔化すことなく表明してくれる。その姿勢が、無償に尊かった。どうか、わからないなりに、安易に仕上がってしまったり、分かったふりをしたり、有り難いところだけをつかまないで、そこを引き破り、引き破りして聞かせてもらおうね。
 いつも言うことですが、吹けば飛ぶような華光の集いですが、こんな宝を育てているんですね。ひとりひとりは、いし・かわら・つぶてでも、お育てのおかげ、ご法のおかげで、黄金に光り輝くんですね。

 ぼくのグループでも、少し厳しく関わった人がいましたね。せっかく、喜びかけてたのにね。でも、やっとこれで、友同行になれた気がしますね。ここが分かち合えないと、やっぱり、ウソの付き合いです。だって、いくら人に理解してもらっても、また、みんなにほめてもらっても(ぼくはそんなことだけがうれしいんですがね)、もし自分のほんとうの如来様に出会えていないのなら、こんな虚しいことはないですからね。そこを誤魔化しそうになったり、挫折したり、すねたり、スカたんに力が入ったりするところを、励まし、励まし、あいそをつかすことなくかかわり、おだてられ、厳しくご指摘いただき、やっとやっと聞く身になり、そしてこの度、ご因縁が整って広島くんだりまで押し出されてきたわけです。もう、この念仏の場に座らせてもらっているだけでも、文句なく尊いお互いじゃないですか。
 文句ばっり言ってますが…。自分のことしか考えてませんが…。見事に、自分勝手なんですが…。そこに大きな願いがかかっている。もう如来様の広大なお心に脱帽するばかりです。

 よくここまでみんな育ててもらったなーと、長いおつきあいの皆さんも、そのときばかりは、ほんと輝いて見えておりました。

 また、午後からだけでしたが、広島DPAのお世話人のお坊さんが、顔を出してくださいました。若い20代、30代の皆さんが、しかもほとんどが在家の方が、自分たちだけで、信心のいちばん大切な核心をどう受け取っているのかを、真剣に、マジで話し合っている姿に、深く感銘を受けてもらったようです。こんな集まりは稀だってね。これからが楽しみですね。ぼくも、自慢の華光の財産を姿を見てもらえて、ちょっと鼻タカダカだなー。

 いまの広島には、仏青世代(20代、30代)の方はお一人だけだし、もう少し広島DPAの若手僧侶の方との交流がうまくいければ…なんって贅沢は思いました。それでも、精一杯「広島では若手」の皆さんが出席くださり、彼女たも、華光仏青の若いエキスに触れて、大きな刺激をもらわれたことでしょう。仏青の人達も、広島の方のおもてなしを喜んでおられました。 
Img_2798
こんなおかしで歓迎しImg_2799 てもらいました。この健康志向のおやつをご覧あれ

|

« 痛ましい事件 | トップページ | 父の日 »

法座と聞法」カテゴリの記事

コメント

先生!ありがとうございました。
私は、最後の、k山君のr子ちゃんに対しての言葉「聞き直すというのは凡夫にとって本当に辛いことだけど、」と言ったのが、仏さんの言葉にしか思えなかった。
私も、剥がされ剥がされしては聞かせてもらいました。仏さんが泣いて「聞き直させてすまん、辛い思いをさせてすまん」と言ってくださっていたのですね。申し訳ないです。やるせないお心が伝わってきます。
これからも剥がされ 剥がされして 聞いていきます。
二日間ありがとうございました!

投稿: かーぷ | 2008年6月16日 (月) 00:21

かーぷさん、ありがとう!
 体調が悪いなかで、お世話になりました。

 学生生活から、社会人として、みんな歩みを始めていますが、それぞれが、ほんとうのひとりとして立つようになって、みな悪戦苦闘。でも、その中でも、ご聴聞されている姿が、尊いなー。
 次号(7月1日予定)の華光誌のかーぷさんの体験記も、感慨深く読ませてもらってます。まあ、最初から、(ぼくは)ずいぶん、かーぷさんに厳しく、無茶なこと、理解されずらいことを言っているなーと、自分でも呆れますわ。でも、かーぷさんも、よく愛想つかさず、しかも、中途半端なところで満足せずに、最後まで聞き抜いてくれているなーと感心しています。
 改めて、ずいぶん、深いおつきあいになりましたね。これからも、ご縁が続くかぎり、どうぞよろしく。
 
 それにしても、あんなにしんどそう(体調面で)だったのに、最後には不思議なお力によって、イキイキされてきて、やっぱり、ご法の力ってすごいよーね、と感服させられました。
 
 あとは、かーぷ若手選手の勧誘作戦やね。

投稿: かりもん | 2008年6月16日 (月) 15:08

皆さんの率直なお言葉が新鮮で、ありがたかったです。引き破られるのって、ほんとうに怖いです。どこかで、安易なとこで安心していたい、誤魔化していたい私です。だから、Rさんの涙や言葉、それに寄り添いながらも導いてくださる、S先生やKさんのお言葉やお心が、私にはありがたかったです。
20歳ぐらい若返ったつもりで参加させていただきました。
「ようこそおやつセット」の写真、大笑い~喜んでいただけてでした!

投稿: Tねこ | 2008年6月16日 (月) 16:48

Tねこさん、ありがとう。お世話になりました。
なかなか、自分では破れんからね。引きやぶってくれる友同行は有り難いです。ほんとうの友だけですね。

そうだね。若いものには、まだまだ負けちゃいらんないよ。まあ、年寄りにもかな? 中間世代は、突き上げられ、押さえつけられ、なかなか大変だけどね。

投稿: かりもん | 2008年6月17日 (火) 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輝く財宝:

« 痛ましい事件 | トップページ | 父の日 »