« 『つぐない』 | トップページ | 寺院布教 »

インドへ行こう!(2)

  今日は、トラベルサライさんとの相談。案内状の校正を見た。皆様のお手許には、7月1日の華光誌に同封する予定。早く休暇をとる都合もあって、日程を知りたい方もあるので、一足早く概要をお伝えします。

★第3回 華光会創立50周年記念
 
「インド・ネパール仏跡巡拝(六大聖地)と、 ヒマラヤ眺望の旅」

★日程:21年2月1日(日)~11日(水・祝)の11日間

★1日目=関西空港(11時10分初)-バンコク(泊)
  2日目=バンコク-ガヤ-ラージギル(旧王舎城)泊
  3日目=霊鷲山(ご来光)-ナーランダ大学跡、ラージギル参拝-ガヤ泊
  4日目=ブダガヤ(成道の地)参拝-ベナレス泊
  5日目=ベナレス(ガンジス川)見学-サルナート(初転法輪の地)-クシナガラ泊
  6日目=クシナガラ(涅槃の地)参拝-スラパスティ泊
  7日目=祇園精舎、舎衛城跡参拝-インド領のカピラ城跡-ルンビニ泊
  8日目=ルンビニ(誕生の地)参拝-空路(カトマンズへ)-カトマンズ泊
  9日目=カトマンズ(OPヒマラヤ遊覧)、カトマンズ見学  -カトマンズ泊
10日目=カトマンズからパンコク(機内泊)
11日目=関西空港着 (朝7時すぎ着)
   (太文字が、六大聖地です)

★費用:345,000円(別途、手数料、燃料費、空港使用税など、4万円ほど必要です)。また、ヒマラヤ遊覧は、OPで、$200。追加料金で一人部屋も可能。

Bud_image2_3  関空の集合時間は早いですが、インドの前にバンコクで1泊しますので、ここはゆったりしています。もしも、アメリカからの参加の方があれば、「現地、集合も可能です。航空料金は引きます」とのことでした。関西空港合流もできると思いますよ。

  旅程をよくみると、ムンバイ(旧ボンベイ)、ニューデリー、コルカタ(旧カルカッタ)のインド3大都市は避けていますね。パトナやラクノーなどの都市も外れています。大都市周辺はホテルも国内航空運賃も、日本以上に高騰しているのだと思います。

Bud_image6_2★定員:最低15名(以下の場合は中止)~25名まで。(華光同人とその家族の方を優先したいと思いますが、誌友の方も受け付けます)。ただし、これ以上になると、バスが2台になります。一体感も薄れるし、移動にも若干影響がでるので、定員は厳守します。
 いまのところ、予想以上の反響で、「行きたい」と表明された方だけでも、22、3名もおられます。でも、これはあくまで希望ですね。現実となると、休暇、お金、体調等で、またメンバーが変わると思います。だから、まだ焦る必要はありませんよ。7月に案内状が届いて時点でしか、受け付けませんので、ご安心ください。よくご案内をお読みいただいて上で、お申し込みくださってけっこうです。おBud_image4_2申し込み後に、次ぎの段取りのご案内があり ます。なお、11月の華光大会の休憩時間に、「參加者説明会」を開く予定です。このあたりが、最終の〆切日ですが、もう少し早めに定員に達すると思っています。
 
 ご案内をご覧いただいた上で、お問合せやご質問をどうぞ

(上から、ブッダガヤ、サルーナト、クシナガラ)

 トラベルサライさんのHPで、仏跡やインド事情の情報がでています。ご参考までに。

  旅行社のHP(大阪)  http://www.saray.co.jp/

 インド政府観光局HP http://www.indiatourism.jp/

  ネパール大使館HP http://www.nepal.co.jp/embassy/

|

« 『つぐない』 | トップページ | 寺院布教 »

今日の華光会館」カテゴリの記事

コメント

かりもん先生、

情報をありがとうございます。
実は焦っていました。早く申し込まないと間に合わないのではないかと。KekoのHPの中を探したのですが見つからなくて。しかも連れ合いは日程を知りたがっていますし。連れ合いは参加させて頂きます。私は体力と相談しています。と言いながらちらちらと仕事の段取りを考えたりしています(笑)。
では焦らずに、7月の案内をお待ちしています。

投稿: チャン | 2008年5月16日 (金) 06:09

 そうですか! M先生も、T山さんも、参加の予定ですよ。 
 来年の2月ですからね。まだまだ先のことなで、どうなるかも分からないけれど、日程表を打ち込んだら、具体的に動きだして、ワクワクしてきました。
 ぜひ、ご一緒したいですね

投稿: かりもん | 2008年5月16日 (金) 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドへ行こう!(2):

« 『つぐない』 | トップページ | 寺院布教 »