« 智慧、慈悲が円満 | トップページ | 『陸に上った軍艦』 »

『ひめゆり』

 先の大戦で、いまだに美談的に語られるものに、「大和」、「特攻」、そして「ひめゆり」がある。それらは、フィクション、ノンフィクションに関わらず、今日までも繰り返し、繰り返し、小説や映像の対象となっている。

 たとえば、「ひめゆり」なら、ひめゆりの塔などに代表されるように、時の清純派スター女優をメーンにした、常に、ある種のイメージで語られている。悲劇であり、たとえ殉国の美談であろうが、または反戦のシンボルにしてもであるが、共に美化されたイメージに縛られている。ぼくも、「ひめゆり」と聞いただけで、反射的に固着したイメージが浮かびあがり、実は、「もういいかなー」と見るのさえためらってしまった。

Himeyuri_01_2  でも、そのことに、もっとも落胆され、悲しんでおられたのは、実は、ひめゆり部隊で生死を境を越えて生き残った皆さんだ。

 『ひめゆり』本作は、彼女たちが、自らの手で、後世の人のために、その体験した真実を語ることだけに焦点をあてた画期的なものだ。しかも、13年もの歳月をかけて証言が集められている。もちろん、膨大な記録のその一部だけが描かれているのだが、丁寧に造られていることは、観ればわかる。

 「戦場動員と看護活動」「南部撤回から解散命令」「死の彷徨」と、時間軸に添った三部構成になっている。いずれも、高齢となった22名の生き残った人々の現地での証言がメーンである。特に、感傷的な音楽やナレーションは入られない。ときおり、沖縄戦の記録映像が挿入されるが、あいかわらず、紺碧の空と、美しい海と、自然豊かな風の音を背景にした、生々しい証言で綴られいる。それでも、もし、あまりにも証言者の気持ちが過剰すぎたら、きっと聞き手は逃げてしまうであろう。しかし、130分間、引き込まれるように観た。

 その意味でも、真実を「語る」ということの重さ、深さと、言葉のもつ力と、恐ろしさを感じた。

 『「忘れたいこと」を話してくれてありがとう』という文字が、映画のチラシにある。実は、60年たったいまも、いまだ癒えることのない大きな傷を背負い、証言が出来ない方も多くおられるのだそうだ。そして、生き残ってしまったという罪悪感にも苛まれいく。それは、いまだ過去の出来事ではなく、現在進行している出来事なのであろう。

 沈黙もまた雄弁であり、重く、深いのだ。

 そして、さらにその苦悩を越えて、語り継がずにはおれないという、禀とした志の高さともいうべきものが、ヒシヒシと伝わってくる。それに呼応するように、ぼくの胸から、涙と共に、さまざまな思いや感情が、フツフツと去来していった。

|

« 智慧、慈悲が円満 | トップページ | 『陸に上った軍艦』 »

映画(アジア・日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ひめゆり』:

« 智慧、慈悲が円満 | トップページ | 『陸に上った軍艦』 »