« 『ナヴァラサ』 | トップページ | 始まります »

いよいよ「東京公開講演会法座」

  華光誌も渡しました。早くも、出発している人もある「東京公開講演法座」。たくさんの荷物を積んで、MANUさんが先発してくださっています。

 華光の法座でこれだけの準備をしたのは、ほんとうに久しぶりですね。もしかすると、これまででいちばん頑張ったかもしれません。子供大会と、聞法旅行が合体したぐらいの感じがするなー。

 今回は、初日も、3日目も、華光大会のように、法話や分級座談がありますが、なんといっても、メーンは、2日目の講演会。 

 講演会の個別のテーマや内容もよく相談しました。中身は、いつも話ていることと同じですが、なるべく広く聞いていただきたいと、ポイントを絞ろうと思います。内容も大切だけれども、態度とか、そこから滲み出るものが何か感じてもらえたらいいですね。

「仏教のめざすもの」をメーンテーマに

 まず、仏教アニメ(これがよくできています)「ほとけさまのプレゼント」20分弱。

 そのあと、「生死を超える教え」と題して、ぼくが講演。

 休憩をはさみ、悟朗先生が「浄土真宗の真髄」と題して。

 あと、4名の先生方が登壇して、フロアーとの質疑応答や交流を行ないます。当初は、対談でしたが、相談の結果、皆さんとの交流が華光らしいだろうということになりました。

 1時~5時まで。そのあと1時間は、その場で、自由に懇談や親睦の時間となります。

 ところで、今回の講演の模様は、プロのカメラマンにお願いして、DVDに編集作製してもらいます。不参加の方も、また当日の様子をご覧いただけることでしょう。

 そして、びっくりしたことに、文化講演会のチャンネルを持っている有線放送(契約者のみのラジオです)の方から声がかかって(まったくこちから売り込んでないのに、びっくりした)、2時間のプログラムとして放送してもらえる話があります。内容を聞いて、びっくりされるかもしれんがね。まあ、これはなるようになる話。

 ぼくも、髪も短くしてスッキリ。準備は、バッチリとはいえませんが、まあ余裕をもってユックリ休みましょう。

|

« 『ナヴァラサ』 | トップページ | 始まります »

今日の華光会館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ「東京公開講演会法座」:

« 『ナヴァラサ』 | トップページ | 始まります »