« 東京講演会の準備と、華光誌編集と。 | トップページ | 九州支部法座終わりました »

隣地の建設工事(3)

 4月下旬から取り壊しが始まった隣地の建設工事。シャベルカーで掘ったり、埋めたりを繰り返し、コンクリートを流し込んだりと、つい先日まで、基礎工事か続いていた。それが、8月20日をすぎて、鉄骨部分が組み立てられて、その形を現し出した。

Img_1080_2   もちろん、3ケ月間の基礎工事の間も作業は続いたのだが、塀に囲まれているので、見た目には何もないのと同じである。ところが、基礎が完成した上からは、おどろくほどの早さに思える。4、5日間のうちに、一気に形になって、迫ってきた。前の道路幅との関係で、高さに制約があるので、華光会館と同じぐらいの高さのようだ。これからまず外観が、どんどん完成に向かっていくのだろう。

[↑これは華光会館の屋上からの写真。手前の手すりは会館。そういえば、昨年のいまごろは、華光会館の改修工事が始まったところだ]

 変化がわかりずらいので、邪魔くさかったり、短縮したがるけれど、何事においても、基礎部分がしっかりしていることが大事なんだね。

 明日から、福岡の九州支部法座。

 日曜日、月曜日という形で支部法座がもたれる。ここはいつも、日、月と変則的だ。ご縁のまだ浅い方や新しい方がお参りくださっていればうれしいのだが、、。

(北側の道からは、華光会館が見えなくなります↓)Img_1088_2

Img_1089

|

« 東京講演会の準備と、華光誌編集と。 | トップページ | 九州支部法座終わりました »

今日の華光会館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隣地の建設工事(3):

« 東京講演会の準備と、華光誌編集と。 | トップページ | 九州支部法座終わりました »