« 山鉾巡行 | トップページ | 個体内コミニケーション »

広島真宗カウンセリング学習会

 「壮年の集い」が終わったけれど、真宗カウンセリングの研究会があったり、メールや電話にけっこう忙しくて、バタバタ。それでも、観たい映画はしっかり観に行けるようになった自分をに、妙な成長を感じる。少しずつ、自分を解放出来ているのかもしれない。

 さて、今日も午前中、自力整体でからだとこころをほぐした以外は、事務作業の1日。でも、昔と違って、映画にせよ、自力整体にせよ、からだと、ストレスのケアのための、時間を惜しまなくなった分、体調も崩さず、調子はいい。いろいろな捕らわれや悩みは、尽きないけれど、動けている自分がいる。

 郵便局が、ゆうちょ「銀行」になるのに伴って、これまで郵便振替の払い出し方法が、華光会の場合は変更になるので、郵便局2ケ所まわって手続きをしてきた。金曜日だったので、京都駅前の京都中央局はずいぶん混雑していた上に、窓口では慣れない手続きと見えて、時間をかかった。それでも、、一昔の役所的なイメージはなくて、銀行並に愛想がいい。こんなところに民営化の影響があるのだけれども、そのおかげで邪魔くさい手続きが増えたのも事実だ。

 8月の法座案内のために、まだ未定だった九州の法座(9月になりそう)や、輪読法座の日時の段取りで、いろいろ相談した。輪読法座は、8月22日(水)の夜7時と決まった。今度の誌上法話のM先生も出席いただける予定だ。あとは、講習会や永代経の法話テープのラベル作りに、子供大会の下準備など、事務作業が夜も続いた。またまたHPからご縁が出来そうな方からのメールもあって、こちらは直接、電話でお話する段取りをつけた。ハッキリする信心と、宿善についての質問だった。

 これからの予定もけっこう詰まっている。

 22日(日)は、終日、仏の子供大会関連で、仏青と、打ち合わせ会。

 23日(月)と24日(火)は、広島の真宗カウンセリング学習会。

 26日(木)は、輪読法座と、来週も過密スケジュール。

 そのなかでも、、広島の学習会は法座案内に不掲載なので、少し紹介したい。宿泊は各自だが、お近くの方は、案内要項をご覧の上、ご参加くださるとうれしい。

 広島カウンセリング学習会・参加要項 

 テーマは、「私の考える実践的真宗法座論」とした。

 広島別院で、本願寺派の組が後援する集いにもかかわらず、華光会の法座活動を聞かせてほしいという依頼なので、喜んで引き受けることにした。これも西光先生やM先生のご威徳のたまものである。特別講演と銘打っているが、単なる一方的な講演にするつもりはない。そこに集う皆さんのエネルギーや、その場の雰囲気を大切にしながら、真宗カウンセリングの精神が宿る法座のあり方、これからの浄土真宗の集いについて、共に創造していくきっかけになれば願っている。日頃、口にだしていないが、ぼくの中には、とてもボンヤリとしているが、これからの法座や集いの姿がおぼろげに浮かびつつある。伝統を踏まえながら、殻を破って新しい世紀に相応しい創造的な法座を目指していきたいのだ。もちろん、今回はそんなところまで踏み込むことはできないけれど、もし世間のお寺さん方に、華光の活動の一旦でも理解していただけ、共にご法のことで手を携えることがあれば大いにうれしいと願うだけである。

MAUN.さん、さくら貝さん>これからもよろしく。励ましは力になります。うれしいですね。

KUROさん>こちらこそ、ありがとう。これはコメントいうより、原稿ですね。最後の全体会での「法座の雰囲気」に対するコメントも忘れ難いものです。

|

« 山鉾巡行 | トップページ | 個体内コミニケーション »

今日の華光会館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島真宗カウンセリング学習会:

« 山鉾巡行 | トップページ | 個体内コミニケーション »