« 『ブッダの旅』 | トップページ | 憤り、歎き、ふり返り、ウダウダと »

隣地の建設工事

 昨秋、華光会館の外壁の改修工事が終わったばかりなのに、北側に隣接する土地の工事が始まった。長らく、大手家電メーカーの京滋事務所と、倉庫があったが、ここしばらく空き家状態。それが、4月下旬から取り壊しが始まって、連休明けから本格的に作業が進んでいる。さすがに、ぼくの書斎兼仕事場兼寝室の真横なのImg_0501 で、かなりの騒音と振動だが致し方ない。

 今夜は、更地になった後に始まる、建設工事の説明会が開かれた。跡地には、大阪に本社がある薬問屋の事務所兼倉庫が入るようだ。敷地面積が3100㎡、のべ建坪が、5200㎡の建物になる。工事も8ヶ月以上かかるようだ。会館との境界の傾いたブロック塀も、きれいになる。境界、安全面と騒音、衛生面。そして掘り起こしの際の問題、さらに法座の時などは、騒音などで多少の影響が出るのは仕方ない。土曜日の行事によっては予め工事の自粛をお願いしたいが、なかなか難しいようだ。

 華光会館の正面は、近鉄電車の高架だが、その高架下に、軌道保守の事務所が立ったのも、少し前のことである。夜中も顔見知れの作業員が常駐するようになって、少し安心もある。隣地は、どんな感じになるのやら。風景も変わるだろう。五山の送り火もだんだん見えずらくなって、いま3ケ所だけ。そのうち、東寺や京都タワーも見えなくなるのかもしれないー。

 完成は、来年1月末の予定。しばらくは、皆さんにもご不自由をおかけする。

|

« 『ブッダの旅』 | トップページ | 憤り、歎き、ふり返り、ウダウダと »

今日の華光会館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隣地の建設工事:

« 『ブッダの旅』 | トップページ | 憤り、歎き、ふり返り、ウダウダと »