「瑞香抄」より

   年に2度、1月と7月に同人会ニュースを発行しているが、先週、令和3年7月号を発行した。  巻頭は、古い華光誌から伊藤康善先生の誌上法話を掲載してきたが、それもとうとう一巡した。  ということで、今回から、40年前に「月報」という形で月刊のニュースレター形式を考えたのだが、肝心の華光誌が発行できず、2年持たずに取り止められた。そこに再掲載していた創刊2~5年のもっとも古い伊藤先生の随想(法話という一言集)を゛もう一度掲載することにした。  華光誌も創刊80年を迎えたが、月報発行から40年を過ぎ、当時を知る人もごく少数派となっている。  ところで、月報では、伊藤康善先生の法名にちなみ「瑞光抄」と名付けると悟朗先生が命名されたのだ。ところが、伊藤先生の一昨年、50回忌記念の聞法旅行で墓参したところ、墓石に刻まれていたのは「瑞光院」ではなく「瑞香院釋康善」だったことが判明したのだ。善知識の院...

» 続きを読む

|

『御伝鈔』下巻 第一段「師資遷謫」

 下巻の第一段「師資遷謫」と、」後に段名がつけられる。この「師資遷謫」(ししせんちゃく)とは、「師資」は師匠と弟子(親鸞様)のことで、師匠の法然聖人と、弟子の親鸞聖人のこである。「遷」は「左遷」と熟語されるように、「追いやる」「遠方に追放すること」だ。「謫」は呉音「ちゃく」と読み、「責める」こと。「謫居」と熟語すると「罪によって流され、そこにいること」である。師匠法然聖人と共に弟子親鸞聖人、師弟共に流罪に処されたという意味で、つまりは、承元の法難の顛末、専修「念仏停止」のことである。。  それを次ぎの三段(覚如上人の文と『化身土巻』の引用部分を分けなら、小さく五段となる)に分けて頂いた。 一、「浄土宗興行 ~ あだをむすぶ」 法難の興り、僧俗の昏迷(『化身土巻』の引用) 二、「これによりて ~ みなこれを略す」  法難の顛末((化身土巻』の引用)と、師弟の罪状 三、「皇帝 諱守成 ~ 在国...

» 続きを読む

|

『御伝鈔』上巻まとめ

『御伝鈔』も前回で上巻が終わり、今回から下巻にはいるので、簡単に上巻のまとめと、下巻の大要をお話した。 『御伝鈔』を大きく窺うと、  上巻は、親鸞聖人の自利の徳を嘆じる     覚如上人は、聖人の三十五歳までの行状を自利の徳と御覧になった。  下巻は、親鸞聖人の利他の徳を讃ずる     流罪以降の東国での伝道活動を化他の徳とみられている。        加えて、『御伝鈔』は親鸞聖人の伝記であって、親鸞聖人こそが法然聖人の真意を継承する者であり、その浄土真宗の正しい教義を顕す目的をもって書かれている。その場合、 上巻は、法の真実を顕し、 下巻は、機の真実を顕している。                       その観点からみると、上巻第一段「出家学道」と、第二段「吉水入室」は、聖人が聖道門を捨て浄土門に帰入し、第三段「六角夢想」に至って、観音菩薩(聖徳太子)と勢至菩薩(法然聖人)の引導によ...

» 続きを読む

|

映画『ライトハウス』

 京都シネマで『ライトハウス』 を観る。  最近、話題作連発のA24製作のサスペンス。孤島の灯台に派遣されたベテランと新人の二人の灯台守。年齢も、性格も、経歴も違う二人が、4週間の間、外部と完全に遮断された閉ざされた空間の中でも、二人きりの閉ざされた関係で起こる出来事を、左右をカットした極端に小さな画面と、重厚て不気味な音楽を重ね、美しいモノクロ映像で二人の男の闇を映し出していく。結局、真実は……。男優二人のぶつかり合いもあって、なかなかの力作だった。    ...

» 続きを読む

|

東寺に卵?

 散歩。今日は、東寺まで歩くコース。境内をぐるっと大回りしても、往復で35分のコースだ。  南大門からはいる、見慣れない光景が広がっていた。  「なんだ、これ?」  卵型の風船が境内を埋めつくしている。  なにかイベントがあるのだろうが、何かがあるのかは分からなかった。  今夜は、いよいよ東京オリンピックの開会式。哀れなぐらい、批判とケチがつきまくったセレモーニもないだろう。それでもいろいろツッコミながらなんとなく見るのだろう。  ...

» 続きを読む

|

祇園祭~後祭の山鉾

 京都シネマで『ライトハウス』を観終わて、四条烏丸の映画館をでると、祇園祭の「後祭」で一部の山鉾が建てられていた。戦後、17日の「先祭」と合同で行われていたのものを、本来の形(前祭・17日と、後祭・24日)に戻して、最近ではすっかり定着してきたが、やはりコロナの感染対策で、一部の山鉾だけが建てられて、巡行は中止となった。  それにしても暑い。19日に梅雨明けしたかと思うと、いきなり37度越えが続いて、連続の猛暑日。慣れたとはいえ、マスクは堪えるな。 <曳山の南観音山↓> <同じく曳山の北観音山↓> <大船鉾・龍頭に金箔が張られ黄金の輝き↓>  ...

» 続きを読む

|

7月の月例会「パーソナリティ変化の必要にして十分な条件」(2)

 昨年から、メーリングリストとZOOMの活用が功を奏し、ご縁が広がっている。今回も新会員と、お試しの方の参加があり、会館に6名、ZOOM参加と合せると20名も参加があった。  ロジャーズのもっとも有名な代表的な論文である「セラピーによるパーソナリティ変化の必要にして十分な条件」の2回目。 心理療法における建設的で、意味の深い、前向きなパーソナリティ変化-人格変化が起こるためには、ある「関係」が必要であって、それが満たされているならば、それだけで十分であるという。その関係とはどういことなのかを、経験に基づいた科学的な仮説として提示されたものである。これはけっして聞き方の技術や方法ではなく、人と向き合うこと時の「態度」、姿勢を示されたもので2人の人が心理的な接触をもっていることあることだ。 2人の人が心理的な接触をもっていること。  第1の人(クライエントと呼ぶことにする)は、不一致の状態に...

» 続きを読む

|

無我について(3)~南無阿弥陀仏は無我そのもの~

 それでは浄土真宗では、無我はどう理解されているのか。  実は、親鸞聖人はほとんど「無我」という言葉を使われていないが、これが仏法の基本であるこには違いはなく、表現は少なくても、その意味内容には触れておられる。たとえば、『浄土和讃・諸経讃』では、 「無上上は真解脱   真解脱は如来なり 真解脱にいたりてぞ  無愛・無疑とはあらはるる」 とあって、その「無愛無疑」に、「欲のこころなし、疑ふこころなしとなり」と左訓されている。  「無上上というのは、究極の悟りであり、これが真の解脱―「まことにさとりを開くなり」―である。真解脱こそが如来さま。如来になりえてこそ、無愛無疑となりうる」である。無我とは真解脱―仏になることであり、つまり仏果を悟らないかぎり、我々は無我にはなれないというである。それどころか、我々はどこまでいっても、大我の真反対の「我痴」であり、「我見」であり、「我慢」であり、「我愛」...

» 続きを読む

|

壮年の集い~無我について(2)

(2)仮我 以上の実我を否定する考え方で、無我へ導きいれるための仮の説明 心身が仮に和合して、因縁によって出来たものだ。自他を区別する便宜上、我と仮(かり)に名ずけたにすぎない。「如是我聞」の我。  五蘊(ごうん)仮和合※五蘊(物・心)が仮に和合-因縁によってできることをいう。我とは因縁生。 五蘊=色蘊・受蘊・想蘊・行蘊・識蘊  蘊(うん)とは、集まり。すべての存在を物質と精神に五分類。  色蘊=物質または肉体。あとの四つは精神作用。 受蘊=感受作用。外からの感触を受けいれる感覚、単純な感情。  想蘊=表象作用、受から進んで、それを心に思い浮かべてくる。 行蘊=潜在的なもので、意志的な形成力。衝動的な欲求といった心の働き。識蘊=認識作用で、意識そのもの。前の三つの心の動きをとりまとめる。 (1)物質・(2)感覚・(3)表象・(4)意志的形成力・(5)認識作用・物質と精神の集まりで、すべて生...

» 続きを読む

|

壮年の集い~無我について(1)

 「壮年の集い」か開催される。コロナのための定員を設けたか、定員一杯の参加がある。  初日は「無我について」のご法話をする。法話集『後生の一大事』を新版にするときに、増補版として「無我について」を加えることにした。そのときに、つくったメモをもとにご法話した。詳しくは、法話集『後生の一大事』をご熟読ください。  あわせて、華光誌の「聖教のこころ」で、 「総体、人にはおとるまじきと思ふ心あり。この心にて世間には物をしならふなり。仏法には無我にて候ふうへは、人にまけて信をとるべきなり。理をみて情を折るこそ、仏の御慈悲よと仰せられ候ふ。」(一六〇条) という蓮如上人御一代記聞書をいただいたからだ。他にも、蓮如上人は、 「仏法には無我と仰せられ候ふ。われと思ふことはいささかあるまじきことなり。われはわろしとおもふ人なし。これ聖人(親鸞)の御罰(ごばつ)なりと、御詞(おんことば)候ふ。他力の御す...

» 続きを読む

|

祇園祭~前祭の山鉾~

 昨年に続き、今年も新型コロナの感染拡大で、祇園祭の山鉾巡行の中止が早々に決定していた。 ただ昨年と少し違うのは、技術継承の意味もあって、一部の山鉾が建てられることになった。それでも、宵々山、宵山という形式は中止で、夜になっても駒形提灯も灯らず、屋台も出ずに、寂しい限りではある。当たり前と思っていことが、ここでも崩れきたことを感じさせられる。  「静かに見守ってください」というお願いはあったが、一部でも山鉾が建てられたおかげで、少しは祇園祭の風情を楽しむことができたのは、よかった。 さて、来年は、例年どおりの祇園祭になるだろうか。 長刀鉾↑ 放下鉾↑ 月鉾↑ 鶏鉾↑ 函谷鉾↑ 霰天神山↑ ...

» 続きを読む

|

スコール?

 ここ数日、大気が不安定な日が続く。近畿地方は、連日、激しい雷雨に見舞われている。雨は一時だけで、しかも局地的、それでも降れば激しい。  夕方、散歩に出かける。東寺まで歩いて、蓮を愛でた。   妄念のうちより申しいだしける念仏は、濁りに染まぬ蓮のごとくにて、決定往生疑いあるべからず  横川法語  帰路、もう家まで5、6分のところで雷が鳴りだす。急ぎ足で進むも、大粒の雨が降りだし、突然、雨足が強くなってきた。激しい雷雨。怖くなって軒下で雨宿りするが、横からも雨が入っきて、ずぶ濡れになる。しばらく待っていたが止みそうもない。道路が川のようだ。すでにずぶ濡れなので雨の中を強行突破することにした。傘も役立たない。結局、帰宅して30分ほどで雨は止んだが、まるで南国のスコールのようだった。これも気象変動の一貫なのだろう。  もうしばらくこの状態が続きそうで、梅雨明けは週明けにあるのだろうか。...

» 続きを読む

|

«凡夫丸出しの姿