比叡山へ(4)~黒谷青龍寺~

  風は冷たいが天気がいい。ハイウェーの展望台からも琵琶湖が一望出来たが、峰道からの景色もすばらしい。長く滋賀県に住んでいた長女も、この風景には興味津々であった。   まだ時間の余裕もあるので、念願の黒谷青龍寺に拝観することにした。20~30分、山道を歩かねばならないので、明朝には東京向う連れ合いは行かず、娘と二人で黒谷青龍寺を目指した。整備された道は平坦で、下り坂が続く。比叡山は標高848Mと高い山ではないが、都会の喧騒とはまったく異なった静寂さでここまで来ると誰も会う人はない。朝から歩き続けてかなり疲れていたが、娘は駆け足ですすむ余裕がある。15分ほど歩くと、道端に石仏群が現われてきた。青龍寺示す道しるべも何度か見かけた。  真盛上人のお墓がある。法然聖人といば、浄土宗と西山浄土宗の祖師であり、西山派は影響を受けた時宗、そして親鸞聖人の浄土真宗の元祖であるが、天台真盛宗は、...

» 続きを読む

|

比叡山へ(3)~浄土院~

 椿堂の真向かいにこんな石碑が建っていた。 「聖光院跡」~親鸞聖人住持の寺~。あくまでも伝承だが、親鸞聖人が住職をされていたお堂の跡だという。  しばらく進むは、「親鸞聖人修行の地」という石碑があり、弁慶が担いだことから「にない堂」と呼ばれる「常行堂」と「法華堂」がある。いま、堂内で修行中なのでで、静粛にするように掲示される。ここは観光地はではなく、出離大事の修行の場なのである。  西塔の中心である「釈迦堂」にお参りすると、すぐ脇に黒谷青龍寺の方角を示す案内の石碑がある。が、ここからだとまだかなり距離がある。  来た道を「椿堂」まで戻った。「浄土院」を目指すかどうかは迷った。2016年の聞法旅行ではここは行かなかったが、東塔から西塔への徒歩ルートの途にあるから逆戻りの道となるからだ。行きは下り坂、帰路は登り坂となる。  「浄土院」は、伝教大師の御廟で、比叡山でもっとも清浄な聖...

» 続きを読む

|

比叡山へ(2)~椿堂~

 車なら比叡山ドライブウェーを使えば(別料金になるが)、すぐに西塔につく。  駐車場からは、すぐのところに目的地の椿堂があった。     思っていたよりも、ずいぶん近く、また小さなお堂であった。もうすっかり忘れていた。  聖徳太子1400年御遠忌を記念して、この椿堂がご開扉されている。その伝承されるおいわれはこうだ。「その昔、比叡山に登られた聖徳太子が、山の一角に光を放つ霊地を見つけられ、そこにお堂を建立され、守り本尊である観世音菩薩を安置された。そしてそこ持っていた椿の枝を突き刺されたら、その枝がみるみると成長して大きな椿となり、いつしか椿堂と呼ばれるようになった」というのである。もちろん、その後、焼き討ちにあって再建されたものである。  本尊の千手觀音像が光り輝いていた。この中に、胎内仏として弥勒菩薩像も収められているのだが、現在、国宝殿で見ることができるが、もちろん初公開である...

» 続きを読む

|

比叡山へ(1)~修復工事中の根本中堂~

 今年の12月4日まで、聖徳太子1400年御遠忌を記念して、太子ゆかりの「椿堂」が初めて一般にご開扉されているので、ぜひ、訪れたかった。長女は比叡山に行ったことがないといのうで、彼女の創立記念の休講日に出向いた。  聞法旅行や日校の遠足など何度も訪れてきた比叡山だが、久々にプライベートでの参拝だ。行きは、白川から山中越で登る。クネクネとした細い山道だが、距離には案外近くて、1時間もかからずに到着。 紅葉にはまだまだ早いが、ほんの一部は赤くなっている。風は冷たく、さすがに一足、季節が早く、厚着をしてきて正解だった。  まずは東塔にある国宝殿へ。いま「比叡の霊宝」という特別展が開かれている。ここは初訪問だが、国宝の衣や書物、重文の絵画や祖師像に不動明王と、見覚えのある展示品が多かったのは、今春、京都国立博物館で「最澄と天台宗のすべて」を観たからだ。それでも十分、見応えはあった。  比叡山で修...

» 続きを読む

|

笹の墓標展示館 全国巡回展の法要

 朝から雨が降っている。着付教室に出かけていた連れ合いを京都駅前で拾って、そのまま二人で本願寺聞法会館に出向いた。  「北海道・笹の墓標展示館」の全国巡回展の京都会場(本願寺聞法会館)の初日に合せて、追悼法要が営まれる。ぼくも法中として法要に参列。導師が、昔からよく知る信楽ゼミの大先輩である。他に、浄土宗西山派の僧侶がお二人、浄土真宗は本願寺派と大谷派の僧侶が各一名。宗派は違うが共通の経典がある。『阿弥陀経』という話もでたが、呉音と漢音(かんのん)違いがあるので、『重誓偈』(浄土宗は『四誓偈』、大谷派『三誓偈』)が勤まる。表白から始まり粛々と進む。  法要の後、しばらく毛利悠先生と歓談。その後、連れ合いがお世話になってきた宗平協(宗教者平和協議会)の方に引き合わせてもらう。聖護院門跡の宮城泰年先生も、今週はここに助っ人にお出でなるのだが、残念ながら今日はお会い。  これまで体験すること...

» 続きを読む

|

『口伝鈔』第四条

 5月 第一条「安居院参向章」 6月 第二条「光号因縁章」   (「光明名号の因縁といふ事」) 7月 第三条「無碍光曜章」   (「無碍の光曜によりて無明の闇夜はるる事」) 8月 第四条「善悪二業章」の前半   (「善悪二業の事」)  今月は、9月の休みを挟んで、第四条「善悪二業章」の後半を読んだ。たいへんボリュームのある章で前・後半二回に分けて頂いた。善悪の二業については、真宗安心の味わいの上でもポイントになるところで、『歎異抄』の主要なテーマでもある。その点を、若き覚如上人は唯円房に懇ろに教示されたと伝わっている。歎異抄の第一章のテーマに、第十三章のエピソード(千人殺害すれば往生は治定)が少し違った表現で登場することで、改めて『歎異抄』を読み返すと明確になる点があり、その意味でもよかった。改めて宿善や宿業の問題にも触れることができたが、善悪と本願の関係がテーマであった、おかげで、後半だ...

» 続きを読む

|

聖典講座『口伝鈔』(1)

 『御伝鈔』が終わって4月から同じ覚如上人の『口伝鈔』を読んでいる。これがとても勉強になり、かつ面白い。華光に流れる法脈をヒシヒシと感じさせてもらっている。  『口伝鈔』は、その冒頭に「本願寺の鸞聖人、如信上人に対しましまして、をりをりの御物語の条々」とあるように、「本願寺のご開山である親鸞聖人が、孫である如信上人に対して機会のあるごとにお話された物語を(曾孫である私=覚如が承り)、そのいくつか列挙いたします」と始まる。いわば、もう一つの『歎異抄』なのである。   4月に総説を行ない、5月から第一条から第四条まで進んできた。  5月 第一条「安居院参向章」(この 第一条と第九条だけとには標題はついていない。第一条「安居院参向章」の安居院とは、法然聖人の高弟「聖覚法印」のことで、朝廷が専修念仏を聖覚法印に批判させようという動きがあったことを察した法然聖人が、その使者として親鸞聖人を聖覚法印の...

» 続きを読む

|

東京支部法座~出遇い~

 今年、最後の東京支部法座。12月もあるが、別のご講師の法座である。  改めていうまでもないが、仏法とは出会いである。親鸞様の「値遇」ではないが、たまたまの出遇いを、遠き宿縁を慶べと仰っている。出会いは、ほんとうに自分に出遇うことであり、またそこでしか阿弥陀様との出遇いもない。同時に、法友との出会いがまたそのすべてだといってもいい。  「会うは別れの始め」という言葉もあるが、出会いがあれば別れもある。がしかし、ほんとうに出会った関係には別れはないのだ。出会いは必ず別れはあるが、出会った関係には別れがないのである。だからこそ、もうすでに往生されて現実には出会うことがなかった尾上実さんにも、おみとさんにも、お出会いさせてもらう不思議があるのだ。  では、今、目の前にいる皆さんと、ほんとうに出会っているのか。聞いた、覚えた、分かったという世界ではない。お互いが、今、自分を「出」て「会」う世界。一...

» 続きを読む

|

尾上実法兄『最後の手紙』

 仏書に親しむ会は、尾上実さんの「最後の手紙」を読む。『悟痰録』から始まり、遺言となった27歳の時の『最後の手紙』を通して読ませてもらった。今年、一番、尊かったこときは、80年も前にご往生された尾上さんとの出会いである。そこから改めて「おみとさん」とも出会わせてもらった。もう今生では会うことはかなわないのに、なぜか、出会ったと想わされる不思議がある。ほんとうに懐かしい方だ。 「仏説がウソだと言われても出てくる念仏が承知しません。私はこの法と27年の生涯を取代えてもちょっとも惜しくないです。では、お浄土にてお待ち申します。南無阿弥陀仏」(最後の手紙より)  11月は、同じく『華光出仏』に収録されている伊藤先生の『宿善の実の熟する頃』を読んでいきたい。  11月3日(祝) 10時~12時「仏書に親しむ会」  同 13時30分~16時30分「華光誌輪読法座」  ダブルヘッダーです。輪読法座は...

» 続きを読む

|

仏青大会

 二次会のお誘いを受けたが、姫路からすぐに京都に戻る。連れ合いは、最後まで着崩れすることなくデビュー戦を無難にこなした。夜からは、華光会館での仏青大会に合流する。昼間は、親鸞聖人や法然聖人のご旧跡を回っていた。六角堂、青蓮寺、知恩院にお参りしてきたという。ちょっど『御伝鈔』で読んできたところなので、感慨も一入とのことであった。  結婚式で出会った若者たちと同じ世代の皆さんである。ある意味、宗教二世ならぬ三世、四世、人によっては二十数世の方もある。一方で、成人するまで真宗とはまったくご縁のなかった方もある。宿善の不思議を想うしかない。今回は、決して活発な法座とは言えなかったのは寂しかったが、どうか、自称、仏法を喜んでいるという人も、また今求道中という人も、聞法の焦点を定めて求め、伝えていってもらいたい。「聞いた」の想い出にしたるには、まだまだ若すぎる(でもそんな輩も多いが、、。)。大いに働か...

» 続きを読む

|

姫路での披露宴

 久方ぶりに夫婦で結婚式(披露宴)にお招き頂いた。しかも200名を超える大きな式である。コロナ禍で、披露宴が中止や延期となったニュースをよく聞いたが、今はコロナ対応をしながら大規模な式も行なわれるようになっていた。  新郎・新婦とも20代前半。新婦は大学卒業を待っての式なので、参列者の大半が20代の若者。新郎側はお寺関係の方が多く、地元のお寺さんや役員さんで顔見知り方ばかりで、懐かしい方との再開もあった。  連れ合いは、2年間通い続けている着物(着付)教室の成果を発揮して、着付けをして列席することになった。いわば公式戦初デビューだ。でも、それを決定するまでは紆余曲折。決まってからも特訓、特訓の日々で、結構大変だった。稽古も大切だが、実践、本番の席を経験しないと力は付かない。経験こそが自信につながることを、身をもって教えてくれた。  ぼくはぼくで、仲人のお隣の主賓席で、両家に向けてのあいさ...

» 続きを読む

|

あわただしい日々

 あっちこっちと飛び回っていた4日間が過ぎたが、華光誌発送の準備がある。月末に発行を控えているからだ。朝、ご示談の申し入れがある。自分が安心したいだけじゃないのかと思ったが、「それだけではない。今度は仏様から押し出されている」とのこと。午後一番で、納車の約束があったので、夕方から受けることにした。こちらにお出でになると思っていたら、ZOOMがいいという。まあ、この時点でこちらの意欲は少し萎えてきた。でも、ご示談の内容は有り難かった。詳細は述べないが、こうして自分の心に捕らわれて迷っていくのだなー。仰せや教えを、都合よく持ちかえ、解釈していく迷いの恐ろしい姿を、これでもか、これでもかというほど見せていただいた。ほんとうにお芝居をして、自力の執心の根強さを、私にご教示くださっているかのようだ。 9月は慌ただしく過ぎていた。高山法座の後も、新車の納入にご示談、そして、水曜日の「華光誌輪読法座」、...

» 続きを読む

|

«9月の高山支部法座