4ケ月ぶりの広島法座

    4ケ月ぶりに新幹線に乗った。3月8日の広島支部法座以来。華光会館以外での法座も3月20日の大阪支部法座以来だ。一時は、今年の出張法座は難しいのではなかいと思っていた時期もあっただけに、再開はうれしい。一方でまた感染者数が増加傾向で不安もあるのだか、気持ちとしては前向きである。  3月は閑散としていた京都駅や新幹線も、少し人出は戻っていた。が、これまでの週末の人出と比べようもない。  広島では、久しぶりにお会いする人、ZOOMでお会いして身近になった方、さらに、いつもお会いする京都や大阪の同人の方も車で参加されていたりと、さまざま。でも始まれば、すぐにこれまでの法座の雰囲気になるのが不思議。ただマスクと、ソーシャルデスタントで、座談会はちょっと雰囲気は違うのは、慣れていくかしない。。  巻頭言「心おさなく拙き凡夫へ」を材料に、『仏敵』のお味わいなどをお話した。  コロナ騷動で、自分自...

» 続きを読む

|

~日程変更(7月18日)~講座「仏教カウンセリングを求めて」(3)案内

~日程変更版(6月から7月18日へ)~ 講座「仏教カウンセリングを求めて」(3)~仏教カウンセリグから見た生・老・病・死~  一昨年、昨年と大好評だった、講座「仏教カウンセリングを求めて」を、今年も、奈倉道隆先生をご講師に企画しました。これまでは、日本生まれで、独自の仏教とカウンセリグ・心理療法の統合を提唱された先哲(藤田清氏、森田療法、吉本内観法)を基盤に、浄土門の実践的な仏教カウンセリングを、参加者との対話や実践を通して学んでまいりました。  今回は、まとめの意味を込めて、仏教カウンセリグのもつ実践性を、より具体的に深めてまいりたいと考えております。それで、「仏教カウンセリグから見た生・老・病・死」と題し、聞き手に西光義秀師を迎えて、老年科の医師であり、介護福祉士であり、また念仏者であられる奈倉先生との対談形式を予定しました。問題提起をもとに、参加者との対話やグループでの分かち合いなど...

» 続きを読む

|

おみと様の一言

 昼間の発送に続いて、夜は、「仏書を親しむ会」。『仏敵』もいよいよ最終章の第九章「深信の徹底」である。名所が随所にあるが、伊藤先生に深信の徹底された後、同行たちの仏法讃嘆の一言である。 「なあ! 泣くは我、泣かすは親ぞ! 親の手許には五劫永劫のご苦労がある。坊んち(伊藤先生のこと)、大切にいただきましょう。いくら喜んでも喜び尽くせるものではない。南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏」  静かなる道場の空気を震わせるすすり泣きの声は、一声一声の念仏と共に、鋭く私の魂の奥へ食い込んでくる。ああ! 祖聖親鸞の御同行は、この貧しき念仏道場にましませるか。久しく求めて得ざりし如来の家は、この狭く薄暗き小道場の中に建てられたるか。人間こそ光明よ。同行こそ我が善知識よ。  そうなのだ。間違いなくこの100年前の貧しき念仏道場での念仏讃嘆の声が、いまこの華光会館の道場に「南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏」と響き渡り、...

» 続きを読む

|

79-3号の華光誌発送

7月1日、令和2年も、早くも半分過ぎた。2月からのコロナ禍の中で、例年とは異なる半年だった。 79-3号の華光誌発送を発送。今年はあと1冊になった(実質、新年号は12月末だけれども)。 今号は、誌上法話は木村先生の、特集は水谷さんの追悼号。他にも先輩同人のご往生が相次いだ。 また5月から9月に延期された「永代経法要」の案内も同封。こららも初めての延期、そして分散開催となった。4日間を、前期(1泊2日)後期(1泊2日)の日程で、定員を絞り、宿泊や食事、懇親会を中止して行う。ご熟読の上、お申込みください。    ...

» 続きを読む

|

聖典講座『観無量寿経』韋提希はいつ救われたのか

    では、 韋提希夫人は、いつ無生法忍を得られたのか。いわれる「韋提獲忍」についてである。  主に三つの立場がある。またそこから派生して、韋提希夫人は菩薩かなのか、凡夫なのか。それは『観経』は誰に向けてのお経なのか。結局、自己自身をどう位置づけていくのかに関わる『観経』と向き合う時にいちばん大切な問題が横たわっている。これは、来月の最終回にも詳しくみたい問題ではある。ここまで読んできてやっと見えてきた『観経』の胆である。 一、「経末得忍説」(現211頁)浄影寺慧遠師なとの聖道祖師 『観経』の分科にも影響。正宗分を(1)韋提希が請い光台現国(善導師は序分)・(2)釈尊説示の三種浄業・十六観、(3)釈尊説示後の利益(善導師は得益分)と、釈尊による諸実践行の説示を通じて、韋提希夫人は得忍したと理解する。  また、釈尊の教説の聴聞によって無生法忍を獲得したのだから、韋提希は、その実は大菩薩で、...

» 続きを読む

|

聖典講座『観無量寿経』無生法忍について

      さて「無生忍」とは、「無生法忍」のことで、三法忍の一だ。(1)音響忍=諸仏・菩薩の説法を聞き、驚き畏れることなく信認して受け入れる。(2)柔順忍=素直に真理に隋順して、背かないこと。(3)無生法忍=無生法とは、不生不滅の真理のこと。無生法忍とは、その真理にかない形相を超えて不生不滅の真実をありのままにさとること。  しかし、不生不滅の真理をさとることは凡夫の身には甚だ困難、不可能。無生法忍を得るのは聖者のためになってしまう。しかし、浄土真宗では違うのだ。阿弥陀仏(南無阿弥陀仏)こそ不生不滅の真理そのものなのがら、そのおいわれを知させていただくこと。それは他力信心を得ることなのだから、その頂くお徳として無生法忍を得ると言われている。  それで善導様は、無生法忍を、三忍(喜忍、信忍、悟忍)として頂かれている。忍とは、認可決定の意味で、ものをはっきりと確かめて受け入れることである。そ...

» 続きを読む

|

聖典講座「観無量寿経」「得益分」(1)

前回で、 定善十三観と、散善三観(三福九品)が説かれた正宗分(本論)が終わり、その利益を得ることを示す「得益分」にはいる。当面は、韋提希夫人が阿弥陀仏や極楽を観見して無生法忍を得て、また五百名の侍女も菩提心を発すると説かれている。  ただ、ここを「得益分」と別開(独立)された善導様のお心は深い。 普通、経典(仏説)は、序論にあたる「序分」、本論にあたる「正宗分」、そして結論にあたる「流通分」に三分科される。従来は、『観経』も三分科されて理解されているが、善導様は、特に『観経』の特色を明かにするために、五分科して解説くださったのである。 一、序分 二、正宗分、三、得益分 四、流通分 五、耆闍分 善導様以前の聖道の祖師方は、この得益分を正宗分としてとらえ、韋提希夫人たちは、定善、散善の教説をすべて聞き終えた(聞経)ご利益によって、極楽の相や阿弥陀仏を見奉り、無生法忍を得たと理解されてき...

» 続きを読む

|

葬儀

 急な葬儀がはいる。だいたい葬儀は急なものだが、事前のご依頼もなく予定外である。一旦はお断りをしたが、いろいろな経緯があったが、奥様やご長男様からの強い願いもあって、引き受けることとなった。引き受けた以上、精一杯勤めさせてもらった。  長距離で移動も3ケ月ぶりでの府県をまたいだ。宿泊での法縁も3月9日以来。その時と同じ豊岡市の日高での葬儀。同じビジネスホテル、部屋まで同じだった。  もっとも、昨日今日のおつきあいではない。通夜の席で、参列者を振り返ってご法話を始めたとき、「ああ、ここに立つだけの深いご因縁のある方だったな」と思った。そのことには間違いはなく、お子さまだけでく、ご親戚も、大方がお顔見知りの、それぞれご因縁のあるお方。華光の同人方も、皆さんお参りくださっていた。  お互いの親世代が華光会館創建前からのつながりがある。今日、華光会での永代経法要や聞法旅行(始まりは御旧跡巡拝)があ...

» 続きを読む

|

『FREE SOLO』

  先日、NHK衛星放送『FREE SOLO』(フリーソロ)というドキュメンタリー映画が放送されるので、同人MLで紹介したら、京都の同人を中心に思わぬ反響があった。そう見えない奥様から「以前から、ロッククライミングがしたかったんです」といわれて驚いたりもした。  手に汗握るドキュメンタリーだ。単なるロッククライミングではない。道具はもちろん、命綱のロープすらも使わず、素手のみで、ロッククライミングする、世界初の歴史的な挑戦を撮られたもだ。別ルートでロープありで登山するカメラマンやドローンの映像は迫力があり、またとても美しい。人間のちっぽけさ、自然の雄大さ、同時に人の持つ可能性に驚かされた。  単純に映画としても興奮したが、驚いたのが、その場所と日付だった。  場所は、ヨセミテ国立公園のエル・キャビタン。  2017年6月4日が決行日だが、5~6月を中心にそれまでの準備期間も含めて撮影されて...

» 続きを読む

|

不思議な形態の法座

 東京支部法座は、土曜日の夜にZoom懇親会、日曜日は朝座・昼座の2座、Zoom支部法座を開催することになった。  土曜日の懇親会は、野郎飲み会である。年代も40~50代と同世代の方々が中心。東京支部法座自体もこの世代の男性が多いこと、また女性陣の中にはZoomにうまくつながらなかった人もあったと聞いた。明日は、男女ともに参加される。  日曜日は不思議な形態の法座となった。  密を避けるために法座を止めてZoom法座としたのに、華光会館でもお相伴にあずかって法話会としたら、朝、昼ともに20名以上(計25名)もお参りあって、プチ密状態。Zoom法座の方は20名だったので京都の方が多かった。車座になる座談会は人数減らすために、2グループで行った。  つまり、新聞記事と、次号の巻頭言を材料し掘り下げた。聞法もその最初のボタンをかけ違うと、いくら微調整してもダメということ。どこに焦点をあてて聞法す...

» 続きを読む

|

土曜日のzoom座談会

 休業要請中、法座も休んでいたので、その間、Zoomでの信仰座談会を、少人数(6~8名以内)、同じメンバーで、3グループで開いてきた。しかし、5月20日以降は、新しいスタイルだが、華光会館での法座か戻ってきた。以前のように週末の法座が続いている。ただしまだ支部法座はない。今週末も東京支部の予定だった。4月は中止となったが、6月は、土曜日の夜には、Zoom懇親会をおこない、日曜日は朝座・昼座の2座、Zoom支部法座を開催をすることになった。  ということで、夜には懇親会はあるが、土曜日に法座が入らなかったので、Zoom信仰座談会をもつことにした。最近は、Zoom参加者が増えてきたので、同じ顔ぶれではなく、一度きりの顔ぶれでおこなうことにした。なかなか法座にお参りできない方も参加される。初参加の妊婦の方やアメリカ同行の方とご法縁を結べるのも、Zoom法座ならでは利点である。Zoom信仰座談会は...

» 続きを読む

|

3度目の新月断食

 コロナ自粛から始まった新習慣、月一度の新月の日、断食である。  いつものように断食を始める前は、憂うつになる。「なんかもういいかなー」とポソッと連れ合いに言ったりもした。でも、始まったら、それほどのことなはい。断食はいいいことだらけだ。食費はかからず、料理の手間は入らず、洗い物もない。時間も浮けば、食後の疲れで眠くなったりもしない。そして、翌日の体重は、1㎏以上のマイナスになっている(ただしこれは数日以内にもとに戻る)。しかし、それでも始まる前はなんなく躊躇する。決して空腹に堪えられないということはない。正直、ぼくには1日くらいでは大して空腹感はおこらず、お腹がすいてイライラするとか、眠れないとかもない(むしろよく眠れる)。だがら、断食明けの翌朝、「この調子なら、もう一日くらい平気だよね」と会話している。  が、それでももう1日続けて断食はしない。なんとなく寂しいからである。  たとえば...

» 続きを読む

|

«真カ研6月の月例会